朝8時過ぎの高速艇で西表島(いりおもてじま)へ。石垣島から40分程で大原港に到着。大原港(本来は仲間港というらしい)は島の南側にあり、北側には上原港がある。石垣島からは両港への便がある。この島の人口は2300人ほどだが周囲が130kmあり徒歩では到底無理なのでレンタカーを手配。まずは仲間港に戻り、仲間川観光遊覧船に乗船。この川は河口からずっと上流まで日本最大規模のマングローブ群落が続く。島の大部分が亜熱帯林で島の北側、浦内川も河口部からマングローブ帯になっているようだ(観光遊覧船があるも時間の都合で行けず)。どちらの川もカヌーなどを楽しめたり、美しい滝なども随所にあるようでアウトドア向きの島と言えそうだ。
仲間川遊覧船の次に、同じ港から出てる「うみえーる」と言う水中観光船で珊瑚礁を見たかったが、潮の関係で今日の予定は2便で、どちらも団体客の予約で満杯とのことで残念ながら乗れず。仕方ないのでレンタカーを走らせて島を一周することに。島の外周に沿って道路が通ってるが360度全部には無く、島の南部の南風見田の浜(はえみだのはま)から反時計回りに北西部の白浜港までのようだ。その道路沿いに観光ポイントがいくつかあり、各ポイントには標識があるので道に迷うことが無い。外周道路を端から端まで古見のサキシマスオウノ木群生西表野生生物保護センター由布島(ゆぶじま)星砂の浜などの観光ポイントに立ち寄りながら走り切り、再び来た道を走って大原港に戻り本日の予定終了。ちなみにこの道路には信号機が2箇所しか無かった(大原港前と北部の上原小学校前)。あと利用はしなかったが島には日本最南端の温泉・西表島温泉もある。

仲間川観光遊覧船

南風見田の浜(はえみだのはま)

イリオモテヤマネコに注意!

古見のサキシマスオウノ木群生

西表野生生物保護センター

由布島(ゆぶじま)へ渡る水牛車

由布島(ゆぶじま)にて

子午線モニュメント「123度45分6秒789」