前日の天気予報では下り坂とのことだったが、朝になってみると曇ってはいたものの、その後に時折晴れ間が見えるなど結局雨は降らなかった。そもそも今日の行動予定は全く決めておらず、とりあえず白保の宿を出てバスで離島桟橋方面へ向かい、そこに置かれている観光パンフレットを見てまだ行ったことがない「石垣やいま村」へ行くことにしてレンタカーで向かう。
ここで約2時間ほど過ごした後に、特にすることが思い浮かばなかったので(笑)昼食を取りに行くことに。何を食べようかと悩んだ末に郷土料理を食べれる「舟蔵の里」へ。エンゲル係数が一気に上がったが(昨日の宿泊料金より高かった・汗)、それなりに美味かった。
食事を終えて外に出ると部分的に青空が見えていたので高台から街を眺めて見ようと以前にも行ったバンナ森林公園の展望台に向かった。ここはガイドブックでも紹介されていて観光バスや観光タクシーが客を連れて来る。森林公園の入り口まで来て、以前にタクシー運転手が「前勢岳からの眺めが一番良い」と話していたのを急に思い出してそちらへ行くことに。そこへは森林公園入り口の向かい側にある天文台へ続く細い道を上がって行けばよい。しかし途中で左側に入らなければならないが、その付近には展望台があるとの標識などは全く無かった。たぶんこのあたりだろうと道を上がって行くと辿りつくことができた。
木造のシンプルな展望台だが、森林公園のそれよりはるかに眺めが良かった。観光客の姿はひとりも無く、地元の人がひとり昼寝をしていただけ(笑)。ガイドブックでも紹介されていなかったと思うので穴場中の穴場かもしれない。何よりも観光バスで上がるには道が狭いので観光客がドッと押し寄せて来ることも無いだろう。そこからは竹富島、黒島、新城島(パナリ島)、西表島が見えた。気温が低く晴天ならもっとハッキリと見えただろうし、島々を取り囲む海も美しい色に見えるはずだ。
展望台で1時間以上のんびりと過ごしたあと石垣島天文台まで行った。小さい天文台だが国立天文台である。ちなみに石垣島や周辺の島で星を見るとまたたかない。これは北回帰線の北側、北緯24度に位置するおかげでジェット気流の影響が少なく気流が安定しているかららしい。天文台の中を見学して(小さいのですぐに終わる・笑)本日の予定終了。

石垣やいま村

石垣やいま村

石垣やいま村

石垣やいま村

舟蔵の里

前勢岳展望台

前勢岳展望台

石垣島天文台

石垣島天文台