何かと話題が多いHTML5。現在はまだ対応していないブラウザがあったりして完全普及にはもう少し時間がかかりそうですが、HTML5+css+JavaScriptで書かれたパックマンを楽しむ事ができる。パックマンと言えば最近、Googleのロゴマークに遊べるパックマンが登場して話題にもなりましたね。

GIZMODO
HTML5で書かれたパックマン

すごいスムーズ! もはや完成形といってもいいのではないでしょうか?
このパックマン、実はHTML5で書かれているんです。HTML5といえばほぼ確実に次世代Webの標準言語になり、今までプラグインで実現していたことが、html5+css+JavaScriptだけで実現でき、結果としてよりブラウザは早くシンプルになるなどと言われていますが、果たしてその実力のほどはいかほどのものなのでしょうか…その実力はネタ元サイトで実際にパックマンで遊んでみて、ご確認ください。

HTML5 Pacman -このサイトで遊べます。
HTML5 Pacmanのソースコードがあるサイト
HTML5, CSS3  ブラウザ別対応表
Google’s recent Pac-Man port

HTML5+css+JavaScript パックマン