時事ドットコム
北極圏のオゾン層破壊、最大に=フロンガスなど残留-WMO

 世界気象機関(WMO)は5日、北極圏上空のオゾン層濃度が昨年秋から3月下旬までに約40%減り、破壊規模が過去最大になったと発表した。フロンガスなどオゾン層を破壊する物質が大気にとどまっていることに加え、上空の気温が極めて低くなったことが主因。
 WMOは、人工衛星や気球などを使って大気中のオゾン層を測定。これまで最もオゾン濃度の低下が深刻だった約30%を上回る規模の減少を確認した。破壊されたオゾン層が移動すれば北極に近い高緯度地域で人体に有害な紫外線が強くなる可能性があると予測、注意を呼び掛けている。

WMO Homepage
Ozone loss in Arctic spring 2011 | WMO

日本経済新聞
日本が南米選手権を辞退 Jリーグ日程変更で代表編成困難

 サッカーの日本代表が、7月にアルゼンチンで開催される南米選手権の出場を辞退することが4日、決まった。南米サッカー連盟の広報担当者が明らかにした。アスンシオンにある南米連盟でレオス会長と日本サッカー協会の小倉純二会長が会談して決定した。
 日本は南米連盟からの招待を受け、1999年以来となる南米選手権出場が決まっていた。しかし、東日本大震災の影響でJリーグが7月に代替日程を組み込むことを決めたため、代表の編成が難しくなった。日本協会は欧州組中心で出場することなども検討したが、最終的に断念した。
 日本は1次リーグでコロンビア、ボリビア、アルゼンチンと対戦予定だった。

CA2011.com – The Official Website of the Copa América 2011
Wikipedia : コパ・アメリカ2011

日本経済新聞
大阪で桜が開花 平年より1日遅く

 大阪管区気象台は31日、大阪で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。大阪城西の丸庭園(大阪市中央区)で開花を確認。平年より1日遅く、昨年と比べると10日遅い。
 気象台によると、31日の大阪市の最低気温は7.7度で平年並み。「昨年は暖かかったため開花が早かったが、今年は平年並みに戻った」としている。

大阪管区気象台ホームページ

ITmedia
化学同人、「放射線の性質と生体への影響」をPDFで無償公開

 化学専門書や自然科学関連書などを出版する「化学同人」は、同社発行の書籍から、震災および原発事故に関連した部分を当面の間PDFファイルで全文無料配布を行っている。

放射線の性質と生体への影響を詳細に解説

「放射線の性質と人体に及ぼす作用について知りたい」――日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で、放射性物質や放射線について正しい知識を欲している方は少なくない。そんな中、化学専門書、自然科学関連書などを出版する「化学同人」は、同社発行の書籍から、震災および原発事故に関連した部分をPDFファイルで全文無料配布している。

 PDFで無料公開されたのは、同社が発行している「ベーシック薬学教科書」シリーズの12巻「環境」の第8章「放射線の性質と生体への影響」。放射線の性質や分類、外部被ばく、あるいは内部被ばくによる放射線の生体影響などが詳しくまとめられている。

 原発や放射線などに関連して無料公開されたPDFファイルはこのほかに、放射線と人体への影響などを解説した「Newton」の過去記事を公開したニュートンプレス、講談社ブルーバックス「原発や放射線」から一部を公開した講談社、原子力関連の一部論文をPDFで無料公開した岩波書店などがある。

放射能の性質と生体への影響 | 化学同人(PDF)
放射線とは? 「Newton」が解説記事を無料公開
原発や放射線を解説した講談社ブルーバックス、無料公開

日本経済新聞
「赤プリ」きょう閉館 6月末まで被災者受け入れ

 「赤プリ」の愛称で親しまれたグランドプリンスホテル赤坂(東京・千代田)が31日午後、閉館する。最終日の宿泊者らからは閉館を惜しむ声が聞かれた。4月9日から6月末までは東京都と同ホテルの運営会社であるプリンスホテルが共同で、東日本大震災の被災者を受け入れる予定。
 1955年に「赤坂プリンスホテル」の名称で開業。建築家の丹下健三氏が設計した地上40階建ての新館は83年にオープン。バブル期には若者のデートスポットとして人気を博したが、リーマン・ショック以降の景気低迷や、周辺ホテルとの競争激化で、最近は客室単価の下落が続いていた。
 出勤途中に訪れた川崎市在住の中村功さん(60)は「30代のころ、40階のバーでよくお酒を飲んだ。青春の思い出の場所」。最終日に家族4人で宿泊した千葉県成田市在住の中学生、鈴木美樹さん(15)は「よく夏にプールで遊んだ。父の発案で最後に宿泊でき、思い出深い一日になった」と話した。
 閉館後、新館では6月末まで福島第1原子力発電所の事故で避難生活をしている福島県の被災者らを受け入れる。最大で約1600人の受け入れが可能で、従業員の鈴木悠介さん(27)は「閉館後も社会に貢献できることを誇りに思う」と話した。その後は歴史的価値が高い旧館は残し、新館などは取り壊し、複合ビルを建設、高級ホテルが開業する予定だ。

TOP|グランドプリンスホテル赤坂
Wikipedia : 丹下健三
丹下都市建築設計