Escapee blog

旅行記、旅に関するニュースネタ、スポーツ、独り言など


アフガニスタン・バーミヤンの石仏、「1体は再建可能」と独研究者

CNN.co.jp
バーミヤンの石仏、「1体は再建可能」と独研究者

 アフガニスタンのイスラム強硬派勢力タリバーンが10年前に破壊した同国中部バーミヤン遺跡の石仏大小2体のうち、小さい方の像は再建が可能との見通しを、ドイツ・ミュンヘン工科大の専門家が示している。
 バーミヤン遺跡の長期的な保存事業については、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が2日から3日間、パリで会合を開催。同大のエルビン・エメルリンク教授がこの会合で、釈迦像再建についての見解を発表する。
 同教授は、残存する破片にほかの材料を加えて再建する方法を提案。そのためには現地に小規模な工場を建設するか、または最大で重さ2トンという1400個の破片をドイツまで運ぶ必要があるという。最終的な決定はアフガン政府が下すことになる。
 高さ55メートルと38メートルの2体の石仏は約1500年前、砂岩のがけに彫り込まれた。タリバーンは2001年3月、爆薬や戦車砲で石仏を破壊した。
 ユネスコは03年、バーミヤン遺跡を世界遺産に指定。同時にフランス、英国、イタリア、日本の協力で石くつや壁画の保存修復作業が開始され、まもなく完了する見通しだ。回収された石仏の破片5000個は数カ所の倉庫に保管されている。ミュンヘン工科大が破片を分析した研究によると、石仏はかつて青やピンクなどの鮮やかな色に塗られ、色あせるたびに塗り替えられていたという。

Will one of two destroyed Buddha statues be reconstructed? – CNN.com
Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley – UNESCO World Heritage Centre

・YouTube – Cultural Landscape and Archaeological Remains of …
YouTube Preview Image

No Comments

ロシア・ボリショイ劇場、今秋再開へ「修復は8~9割終わった」 報道陣に公開

産経ニュース
ボリショイ劇場、今秋再開へ「修復は8~9割終わった」 報道陣に公開

 ロシア・バレエとオペラの殿堂として知られ、2005年以来改修工事のため閉鎖が続くモスクワのボリショイ劇場本館の一部が1日、報道陣に公開された。ギリシャ神話の芸術の女神が舞う天井の絵画が修復を終えて鮮やかによみがえり、今年秋の再開に向け、照明の設置などが急ピッチで進行していた。
 工事を請け負う企業の広報担当者は「修復は8~9割終わった。秋の公演のリハーサルのため、夏までに完成させる」と話した。
 本館は1856年に完成したロシア最大級の劇場。過去に数回、本格的な改修が行われたが、今回の改修の前には天井にひびが入り、崩落しそうなほど老朽化していた。

Большой театр :: Главная страница

No Comments

大雪は地球温暖化に関連か=大気中の水蒸気が増加

時事ドットコム
大雪は地球温暖化に関連か=大気中の水蒸気が増加

 米ワシントンで1日開かれた気象学者らのパネルディスカッションでは、今冬の大雪や強い嵐が地球温暖化による大気中の水蒸気増加に関連している可能性があることが指摘された。こうした過度の水蒸気は北半球で春の訪れとともに、異常な洪水をもたらす公算が大きいという。降り積もった雪が解けるのと同時に、大量の雨が降ると予想されるためだ。
 科学者と市民から成る国際的なNPO「憂慮する科学者同盟」の気象学者トッド・サンフォード氏は、地球が暖まると海水の蒸発が進み、大気中の水蒸気が増えると同時に、大気が暖かいために通常よりも多くの水蒸気をとめておくことができると説明。大気中の水蒸気が飽和状態になると、強力な嵐が発生することがしばしばあると述べた。
 気象情報のウェザー・アンダーグラウンドのジェフ・マスターズ氏によれば、今冬は米国の中西部から北東部にかけて一連の強い嵐が襲い、一部地域では平年の5倍もの降雪があった。この雪を全部溶かせば降雪地域には深さ6インチ(15センチメートル)以上の水たまりができるという。
 同氏は「春が早く来てこの水が解き放たれれば、また、そこに大量の雨が降れば、ミシシッピ川上流域とノースダコタ州のレッド川流域で記録的な洪水が発生する恐れがある」と述べた。この予測は、中部米国の北部では春に普通程度から大規模な洪水が起こるかもしれないという、米気象庁(NWS)の1月時点の予想に一致する。

UCS | Union of Concerned Scientists

No Comments

インドネシア・渋滞、1週間…トラック2000台連なる

AFPBB News
渋滞、1週間…トラック2000台連なる インドネシア

 インドネシアで1週間以上抜け出せない大規模な交通渋滞が発生しており、1日にはトラックの運転手たちが携帯電話などの所持品を売って食料を調達するほどになっている。
 ジャワ(Java)島西部のメラク(Merak)港とスマトラ(Sumatra)島南東部のバカウヘニ(Bakauheni)港を海をまたいでつなぐ路線で、通常は3時間足らずで通過できるが、2月21日以降、一週間にわたってトラックとフェリーの渋滞が続いている。渋滞の全長は11キロ。大型トラック2000台が巻き込まれている。
 空腹と疲労に見舞われたトラック運転手たちは家にも帰れず、政府が渋滞を緩和できないことに怒りを示している。「もう3日間、ここで身動きが取れない。我慢の限界だ。有り金も尽きたから食料を買うのに携帯電話を売ったよ」と、トラック運転手のスロノさん(35)はAFPに語った。「渋滞に巻き込まれるのも2月だけで3度目だ。原因が分からない」と言う。別の運転手、エンディンさん(45)は、車で寝てる間に財布を盗まれたと言う。
 首都ジャカルタ(Jakarta)を含むインドネシア全体の取引や業務にも障害が出ている。政府は交通渋滞を解消するために追加のフェリーを3隻を派遣したと発表。インドネシア運輸省報道官は「さらに4隻が向かっている。渋滞は徐々に緩和し始めており、われわれも状況を注視し続けている」と語った。
 同報道官によると、ことしの1~2月のトラックの交通量は、スマトラ島での建設プロジェクト増加の影響により、前年比で10~17%増と予想を上回った。また、同航路で運航するフェリー30隻のうち、8隻が修理中だったことも影響していると説明した。
 インドネシアは先進国と新興国が参加する20か国・地域(G20)の一員で、経済成長の速さは現在、世界でトップクラス。ことしの成長率は6%を上回る見込みだ。インドネシア政府は前年、2014年までに1400億ドル(約11兆5000億円)をインフラ整備に費やす計画を発表した。
 しかし一方で、非効率な官僚主義に振り回されている上、汚職体質からも抜け出せず、急速な経済成長に道路や港湾、空港の設備が追いつけないでいると投資家や専門家は指摘する。

2,000 lorries stuck in Indonesian traffic jam

No Comments

福岡・「JR博多シティ」が先行開業 延べ床18万平方メートル

産経ニュース
「JR博多シティ」が先行開業 延べ床18万平方メートル

 九州新幹線鹿児島ルート(博多-鹿児島中央)の全線開通に合わせ建設を進めていた博多駅の新駅ビル「JR博多シティ」。グランドオープンを翌日に控え、JR九州は2日、同社や百貨店「博多阪急」などのテナントのカード会員らを対象に、同ビルを先行開業させた。
 JR博多シティは、商業延べ床面積が約18万平方メートルで「九州・アジアの玄関口」と称される博多駅に直結する国内最大級の商業駅ビルだ。
 地上10階地下3階建て。JR九州が運営する複合商業施設「アミュプラザ博多」、博多阪急、地下1階に展開する飲食店街「博多1番街」から成る。アミュプラザには、東急ハンズなどを含め約230店が出店。このほか、11スクリーンを持つシネマコンプレックス「T・ジョイ博多」や、約2千平方メートルの広さを誇る屋上庭園も備えた。
 JR九州は、ビル全体の売り上げ目標を年間約700億円とし、1日約10万人の来客を見込む。

JR博多シティ アミュプラザ博多

No Comments
Rss Feeds