Astro Arts
隕石からチタンと硫黄からなる新しい鉱物を発見

 1969年に南極で発見された小惑星起源と思われる隕石から非常に小さい新種の鉱物が発見され、ワソナイトと名づけられた。この発見はナノテクノロジーの応用例であると共に、初期太陽系の様子を探る上で重要なものである。

 今回発見された新しい鉱物は、1969年に南極で発見されたYamato691(注1)と名づけられている隕石から見つかった。1969年といえば、太陽系最古の年代を持つと言われたアエンデ隕石(注2)や初めてアミノ酸が発見されたマーチソン隕石(注3)が発見され、アポロ11号、12号が初めて月試料を地球に持ち帰った記念すべき年でもある。
 NASAの中村・メッセンジャー・圭子研究員率いる研究チームは、このYamato691の隕石薄片の中で棒状カンラン石コンドリュールと呼ばれるコンドリュール(注4)の中から新しい鉱物を発見したが、これが含まれているのは1つの棒状カンラン石コンドリュールだけであった。
 走査型電子顕微鏡でこの新しい鉱物が含まれる領域を見つけ、ガリウムイオンのビームで切り抜き、さらに薄くした後に透過型電子顕微鏡で測定を行ったところ、この新しい鉱物はチタンと硫黄だけからなり、その結晶構造も非常に独特のものであることがわかった。
 新鉱物は、隕石や衝突の研究で多大な功績を残しているカリフォルニア大学ロサンゼルス校のジョン・T・ワソン教授の名前から「ワソナイト」と名づけられた。
 新しい鉱物の発見はその鉱物が誕生したときの温度や圧力、酸化還元状態など様々な環境情報を引き出す大きなヒントとなり、このYamato691の母天体が太陽系形成以後どのような歴史を経てきたのかを知る上で大きな発見となる可能性がある。

注1:「Yamato691」 南極の大和山脈(Yamato Mountains)で見つかった普通隕石。後ろの数字は発見年数と何番目に発見されたものかということを示す。

注2:「アエンデ隕石」 メキシコに落下した隕石で、熱や水による変成をほとんど受けておらず、これに含まれるCAIと呼ばれる物質が太陽系最古の年代を持つとされてきた。しかし2011年4月7日現在では、太陽系最古の年代を持つ隕石はアフリカの砂漠で発見されたNWA2364と言われている。

注3:「マーチソン隕石」 オーストラリアに落下した隕石。この発見以後、隕石からアミノ酸などの有機物はしばしば見つかっている。

注4:「コンドリュール」 隕石中に見られる数mmから数cmの球状の物質。一度加熱を受け急冷されてできたと考えられているが、詳しいことはわかっていない。棒状カンラン石コンドリュールはコンドリュールの中でも棒状のカンラン石が見つかっているものである。

NASA – Scientists Find New Type Of Mineral In Historic Meteorite

日本経済新聞
東京・中央区、日本橋に船着き場 観光・イベント用

 東京都中央区は日本橋川にかかる日本橋のたもとに、観光やイベント用に使える船着き場を開設した。区は面積の約18%が河川や運河など水域であることを生かした街の活性化につなげる狙い。災害時には救援物資を運ぶ船などが利用できる防災用としても活用する。
 船着き場は南北にかかる日本橋の南岸の東側に設けた。全長約20メートルで、日本橋の脇からスロープで下りられる。昨年10月着工し、総事業費は約1億700万円。運営は日本橋地域の企業や住民らが参加する「名橋『日本橋』保存会」(中村胤夫会長)に委託する。
 船着き場は観光船会社などに有料で利用してもらう。船を使ったイベントなどに貸し出すほか、定期便も今夏就航する予定。日本橋川から隅田川に出て浅草方面まで周遊する定期便が検討されている。来春には東京スカイツリー(東京・墨田)が開業予定で、隅田川から眺めようという観光客の利用も見込んでいる。

名橋「日本橋」保存会 公式ホームページ

日本経済新聞
「カレーで街おこし」 富良野など6市町村の団体が“同盟”

 富良野オムカレーなどご当地カレーで街おこしを進める6市町村の団体が富良野・美瑛カレー街道ネットワーク(西森和弘代表)を設立した。地元食材の魅力をカレーで打ち出し、連携して地産地消や地域活性化に取り組む。5月27日に美瑛町で設立フォーラムを開く。
 集まったのは富良野、美瑛、上富良野、南富良野、中富良野、占冠の各団体。イベントへの相互参加や共同販促などを通じて一帯を「カレー街道」として売り込む。
 西森代表は「北海道はこれから観光シーズン本番。震災で先行き不透明だが、やることの準備だけは進めておこう」とあいさつ。ご当地グルメの普及を後押しするプロデューサー、ヒロ中田氏も「有言実行を」とのコメントを寄せた。

2011年04月07日の記事 | FURANO CURRY NET

日本経済新聞
ロシア、宇宙船ガガーリン号打ち上げ 50周年を記念

 旧ソ連の宇宙飛行士ガガーリンが人類初の宇宙飛行に成功してから12日で50年になるのを記念し、ロシアはガガーリン号と名付けたソユーズ宇宙船を5日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地にある50年前と同じ発射台から打ち上げた。米ロのメディアが報じた。
 米ロの宇宙飛行士計3人が搭乗。そのうちの1人で米航空宇宙局(NASA)のギャラン宇宙飛行士は「50年前は一つの国が(宇宙開発の)競争のために1人の男を宇宙に送った。今はわれわれ3人が国際協力を体現している」と述べた。
 ソユーズ宇宙船にはガガーリンの写真が飾られ、初飛行直前に発した「行きましょう」という意味のロシア語が機体に書き込まれた。
 宇宙船は9分後に予定の軌道に乗った。7日には米ロなどの飛行士が待つ国際宇宙ステーションとドッキングする予定。
 ガガーリンは1961年、宇宙船ボストーク1号で人類初の宇宙飛行に成功。1時間48分で地球を1周しソ連に帰還。飛行時の印象を「地球は青かった」と語った。

Wikipedia : ユーリイ・ガガーリン
Wikipedia : ソユーズ
Baikonur Cosmodrome (NIIP-5/GIK-5)

日本経済新聞
モナリザの「素顔」に迫る モデル女性の遺骨調査

 イタリアの研究チームは5日、ルネサンス期の芸術家レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」について、モデルとされる女性の遺骨の発掘調査を27日に開始すると発表した。遺骨を特定できれば復顔作業も行い、謎に包まれた「素顔」に迫る予定だ。
 ANSA通信などによると、研究チームはモナリザのモデルとされるリザ・デル・ジョコンドの遺骨がイタリア中部フィレンツェの修道院跡の地下に埋葬されていると結論付けた。
 遺骨が見つかれば、フィレンツェの別の教会に埋葬されている2人の息子の遺骨とのDNA鑑定で身元を最終確認。本物のモデルかどうか判断するために生前の顔の再現を試み、絵画と比較するという。
 チームを率いるシルバノ・ビンチェティ氏は「われわれはついにモナリザのモデルの素性について結論を得られるかもしれない」と話している。
 モナリザのモデルについては、フィレンツェの裕福な商人フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻だったリザとする説が有力。しかし、別人や「実は男」などの異説も多く、長らく美術界の謎となってきた。

Gioconda: in cerca resti ‘modella’ di Leonardo – Cultura e Tendenze – ANSA.it
WIkipedia : モナ・リザ
Wikipedia : リザ・デル・ジョコンド