上毛新聞
「C61」雄姿 廃車から38年ぶり

 7月スタートの群馬デスティネーションキャンペーン(DC)に向けて、JR東日本が復元作業を進めていた蒸気機関車(SL)「C61」の試運転が5日、さいたま市大宮区の鉄道博物館で行われた。廃車から38年ぶりに白煙を上げて走行する雄姿に、詰め掛けた鉄道ファンらが歓声を上げた。点検整備を重ね、7月からの営業運転を予定しており、週末や繁忙期に上越線の高崎-水上、信越線の高崎-横川間を運行する。5月上旬には水上駅と高崎駅でそれぞれ展示公開する。
 東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が、同日デビューしたことを記念した企画。C61にはかつての特急「はやぶさ」のヘッドマークが装着された。
 はやぶさの下り初列車が午前8時40分すぎにJR大宮駅を発車したのに合わせ、汽笛を鳴らしてC61もJRの試運転線を走行。博物館の車両展示線に入って、前進と後退の動きを繰り返した。博物館を訪れた鉄道ファンは間近で車両を見学できるとあって、長蛇の列をつくり、C61を写真に収めていた。
 運転士を務めた同社高崎運輸区の後閑治人さん(50)は「走りは調子よく、安定していた。C61はDCの目玉の一つであり、盛り上げに一役買ってくれるはず」と声を弾ませた。同社大宮支社は「復元は順調に進んでいる。本線での走行に耐えられるようチェックしたい」としている。
 復元は昨年1月に始まり、ボイラー改修などを実施してきた。車両は1949年から東北線や常磐線などで活躍。現役引退後の74年から伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地で展示されていた。

わくわく 体験 新発見 – 群馬デスティネーションキャンペーン公式サイト
えきねっと(JR東日本)|プレ群馬デスティネーションキャンペーン:自然スポット、鉄道・SL(旅どきnet)
Wikipedia : 国鉄C61形蒸気機関車
鉄道博物館

産経ニュース
アルパカ デビュー 米子の観光牧場、中四国地方で初

 鳥取県米子市の「大山トムソーヤ牧場」で、南米原産の家畜の一種、アルパカの飼育が始まり、5日に観光客らに初披露された。生後17カ月と15カ月のメス2頭で、体高は130センチほど。来園者に囲まれてもおとなしく、さっそく人気者になっていた。アルパカを飼育するのは、中四国地方の観光牧場では初めてという。

 「ヒツジラクダ」とも呼ばれ、フサフサの体毛と長い首が特徴。テレビのCMに登場したことで、「本物にさわってみたい」という人が増えているが、国内で飼育している施設はまだ少ないという。同園では31日まで、園内に設置した応募箱で2頭の名前を募集している。
 観光で訪れた広島県呉市の公務員、岩崎栄志さん(31)は「ラクダとヒツジのハーフのようでかわいい」と話していた。
 開園時間は午前10時~午後4時。入園料800円(小学生以下700円)。問い合わせは大山トムソーヤ牧場((電)0859・27・4707)。

移動動物園・ふれあい動物園の大山トムソーヤ牧場
Wikipedia : アルパカ

47News
日本製品、韓国より良いイメージ 海外主要都市で調査

 博報堂がまとめた2010年度の海外生活者調査によると、北京やニューヨークなど海外主要都市の消費者は日本製品が品質面などで韓国製品より良いイメージを抱いていることが分かった。
 日本を連想する代表例としても家電や自動車を挙げる消費者が多かった。日本企業は販売面で韓国企業より劣勢に立たされる場面も多いが、「ものづくり大国」のイメージは依然、堅持しているようだ。
 「高品質」のイメージがある国の製品を聞いたところ、調査した17都市すべてで日本製品が韓国を上回った。「かっこいい」製品についても韓国が日本より上位につけたのは3都市にとどまった。「活気や勢いを感じる」でも、日韓の比較では11都市の消費者が日本に軍配を上げた。
 日本から連想するモノやサービスに関する回答は大半の都市で家電や、パソコンなどデジタル製品、自家用車がトップ3を占め、アニメや漫画の回答も多かった。一方、韓国から連想するのはデジタル製品が最も多かったが、都市別に見ると回答のばらつきが大きかったという。
 調査は昨年5~8月に海外18都市の15~54歳の1万1512人を対象に実施。製品のイメージ比較はソウルを除く17都市のデータを分析した。

博報堂Global HABIT 2010:世界18都市における日・韓製品イメージ比較調査 | HAKUHODO Inc.,

産経ニュース
江戸時代の熊本城を仮想体験 新幹線開通へムード高まる

 九州新幹線鹿児島ルートの全線開通を1週間後に控え、熊本の歴史や文化を体験できる観光施設「桜の馬場 城彩苑」が5日、熊本城に近い熊本市二の丸にオープンした。市内では同日、無料レンタサイクルも開始、新幹線開通ムードは一段と高まっている。
 城彩苑は、バーチャルリアリティー(仮想現実)映像で江戸時代の熊本城を探索できる施設などが入った「湧々座」と、飲食店や土産店が並ぶ民営の「桜の小路」が入居。湧々座は熊本市が民間資金も活用しながら、20年間の運営費を含め約46億5千万円を投じた。
 湧々座の入場料は大人300円、小中学生100円。市は熊本城の6割程度の年間入場者数を目指している。

桜の馬場 城彩苑

信濃毎日新聞
蓄電できる太陽電池 信大教授らが開発

 信大理学部(松本市)の樋上(ひのうえ)照男教授(分析化学)らのグループは4日、太陽光で発電する「太陽電池」と、発電した電気を蓄えておく「蓄電池」の両方の性質を持つ「光電気化学蓄電池」の開発に成功したと発表した。炭素分子「フラーレン」が持つ、太陽光エネルギーを内部に閉じ込め長期間保存できる性質を利用した。同教授によると、フラーレンを応用した太陽電池の開発は珍しいという。
 「光電気化学蓄電池」は、フラーレンを溶かした油の槽と、酸化剤を溶かした水の槽の二つの部分で構成。油槽に太陽光を当てると、中のフラーレンが太陽光のエネルギーを蓄える。電気が必要な場合は、フラーレンが持つエネルギーを電子の流れを利用して水槽へ移し、電気を発生させる仕組み。
 フラーレンが蓄えたエネルギーは長期間保存でき、夜間や悪天候時にも電気として利用可能。現在の太陽光発電システムでは、パネルなど発電部分のみでは電気を蓄えられないため蓄電器を設置する必要があるが、樋上教授らの光電気化学蓄電池が実用化できれば蓄電器は必要なくなり、省スペースやコスト減につながるという。
 同教授は、信大客員教授でもある環境計測機器メーカー紀本電子工業(大阪市)の紀本岳志社長と、実用化に向けて共同で研究している。
 樋上教授は「太陽光を物質として保存できる画期的な技術。小型化し携帯電話に利用するなど、日常で使えるように研究を進めたい」と話している。

信州大学 理学部
樋上 照男 « 信州大学理学部化学科
Wikipedia : フラーレン