日本経済新聞
金剛山観光、北朝鮮による独占権取り消しに韓国反発

 韓国と北朝鮮の間で2年半にわたり中断している南北共同事業、金剛山観光の扱いを巡り、双方の応酬が激しくなってきた。事態膠着にじれる北朝鮮が先に、韓国側事業主体である現代グループの独占権を取り消すと表明。韓国側は即時撤回を求め、強く反発している。
 まず動いたのは北朝鮮側。対韓国窓口の朝鮮アジア太平洋平和委員会が8日、現代グループとの観光契約のうち「独占権に関する条項の効力を取り消す」との談話を発表した。
 金剛山観光事業は2008年の韓国人観光客射殺事件後に中断し、韓国側は事件の真相究明を要求。今後の扱いについて、同委の談話は「北(朝鮮)側地域を通じた観光は我が方が担当し、海外事業者に委任できる」と独自に事業を進める意向も示した。
 ただ、北朝鮮にとって事業は外貨獲得手段の一つで、円満な形で早期再開に持ち込みたいのが本音。韓国側は「独占権取り消し」談話の裏に、韓国の歩み寄りを誘う“揺さぶり”の意図を読み取る。韓国統一省報道官は11日の記者会見で「一方的な主張で受け入れられない」「南北合意、国際規範に合わない不法で不当な措置」などと北朝鮮を強く非難した。

Wikipedia : 金剛山 (朝鮮)
Wikipedia : 金剛山観光地区

:::: 가슴에 남는 여행-금강산관광 ::::

IT media
都営地下鉄の駅構内にソフトバンクWi-Fiスポットを設置――5月1日から

 ソフトバンクモバイルは5月1日より、都営地下鉄の駅構内で公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」の提供を開始すると発表した。
 浅草線押上駅、三田線白金高輪駅、白金台駅、目黒駅、新宿線新宿駅を除く、都営地下鉄各駅のホームなどで、無線LANを利用した高速通信が行えるようになる。現在都営地下鉄では駅構内の公衆無線LANサービスとして、「FLET’S SPOT」「Mzone」「moperaU(Uスタンダードプラン+U 公衆無線LANコース)」「HOT SPOT」「UQ Wi-Fi」を提供している。
 ソフトバンクWi-Fiスポットの利用には490円の月額使用料が必要だが、ソフトバンクモバイルでは、iPhone/iPad、スマートフォンのユーザーが5月31日までに加入すれば、使用料がずっと無料になるキャペーンを実施している。

都営地下鉄 | 東京都交通局
都営地下鉄全線の駅構内で「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

日本経済新聞
上海ディズニー着工、15年にも開業 総投資額3770億円

 米ウォルト・ディズニーは8日、中国・上海市で「上海ディズニーリゾート」の建設に着工した。現地企業との合弁で、総投資額は約290億元(約3770億円)。2015年にも開業する。現地で会見したロバート・アイガー最高経営責任者は「ディズニーの世界に中国の特色を交えた魅力的なリゾート地にする」と抱負を述べた。
 アジアのディズニーランドとしては、東京、香港に続き、3カ所目。広さは約3.9平方キロメートルで、「東京ディズニーリゾート」の約2倍だ。テーマパークを中心にホテルやレストランなどを併設し、主に上海周辺からの来場を見込む。
 昨年、上海万博が閉幕した上海では、新たな景気浮揚策としてディズニーリゾートへの期待が高い。上海市の政府関係者は「現代的なサービスを提供する拠点に育成する」と説明。周辺地区の道路や鉄道整備を急ぐ考えを示した。

Breaking Ground on Shanghai Disney Resort « Disney Parks Blog

AFPBB News
たばこパッケージ規制厳格化、オーストラリアで来年からも

 すべてのたばこのパッケージのロゴをなくし、喫煙が健康に及ぼす害について画像で警告を入れるという、たばこパッケージに関する世界で最も厳格な規制法案を7日、オーストラリア政府が提出した。
 同法案によると、たばこのパッケージはすべてオリーブグリーン色の無地とし、ロゴは一切入れず、たばこ会社は商品名と社名のみを、決まった色、書体、サイズの文字で決まった場所に入れなければならない。またパッケージ表の4分の3の面積と裏の全面には、病気になった歯茎や失明した目、入院する子どもなど、健康に対するたばこの害を訴える警告画像を印刷する。
 たばこ会社のマーケティング戦略では通常、消費者に魅力的に見えるよう、パッケージに高級感や格好の良さを追求するが、ニコラ・ロクソン(Nicola Roxon)保健・高齢化問題相はオリーブグリーンという色の選択について、調査の結果、喫煙者に最も人気がなかったためと説明した。同相はさらに「新しいパッケージは、喫煙者に最もアピールしにくいようにデザインした。また健康に喫煙が及ぼす恐ろしい影響について明確に表した」と述べた。
 オーストラリア国民の喫煙率低下を狙いとしたこの法案は、議会を通過すれば2012年から施行されるが、同国のたばこメーカー、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・オーストラリア(British American Tobacco Australia)はこの法案について、国際的な商標法や知的財産法に違反するものだと非難した。

Department of Health & Ageing -World’s Toughest Anti-Smoking Laws Released
British American Tobacco Australia

AFPBB News
IOC ソチ五輪から女子ジャンプなど6種目を新採用

 国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)は6日、ロンドン(London)で理事会を開き、2014年ソチ冬季五輪から採用する新種目として女子のスキージャンプなど6種目を発表した。
 新種目はスキーのジャンプ女子に加えて、スキーのハーフパイプ男女、フィギュアスケート団体、リュージュ団体、バイアスロン混合リレーとなっている。これにより、ソチ五輪では参加選手150人の増加が見込まれる。
 IOCのジャック・ロゲ会長(Jacques Rogge)は、新種目が選手と観客の両方から歓迎されるだろうとし、「どれも面白い種目。既存の種目を完璧に補完するものであり、五輪に参加する女子選手の人数も増える」と語った。
 ここ数年、女子スキージャンプの選手たちは、五輪での同種目採用のために活発なロビー活動を行っていた。同種目はノルディックスキー世界選手権(Nordic World Ski Championships)ではすでに採用され、2011-12シーズンからは国際スキー連盟(International Skiing Federation、FIS)主催のW杯でも開催される。
 2010年バンクーバー冬季五輪では不採用となり論議を呼んだ女子ジャンプに関して、ロゲ会長は当時、性差別ではなく技術的な面から決定を下したと述べていた。
 2009年のノルディックスキー世界選手権(Nordic World Ski Championships 2009)で女王に輝いた米国のリンゼイ・バン(Lindsey Van)は、正式な種目採用は「正しい方向への大きな一歩。女子のスキージャンプは、この10年間で大きな成長を遂げています。それでも、五輪は私たちの種目が次の一歩を踏み出すための本当に必要としていたものです」と語っている。

Sochi 2014 Winter Olympics | 2014 Olympic Videos, Photos, News
New events for the 2014 Olympic Winter Games in Sochi(PDF)
Сочи 2014