Archive for 12月, 2010

エストニア・ユーロ導入

産経ニュース
エストニアがユーロ導入

 バルト三国の一つ、エストニアが2011年1月1日午前零時から、旧ソ連諸国では初めて欧州単一通貨ユーロを導入。これでユーロ圏は17カ国に拡大する。
 「欧州の文化の都」に選ばれた首都タリンでは12月31日夜(日本時間1日未明)から花火がバルト海に打ち上げられ、さまざな祝賀行事が行われる。1日午前零時、アンシプ首相が現金自動払い戻し機からユーロを引き出す。
 為替レートは1ユーロ=15.6466クローンで固定しており、今後2週間で切り替えを進める。同国中央銀行は8500万ユーロ(約92億円)分の新硬貨と1200万ユーロ(約13億円)分の新紙幣を用意した。
 同国の人口は約134万人で岩手県とほぼ同じ。国内総生産(GDP)はユーロ圏全体の約0.2%にすぎない。1991年に旧ソ連から独立、その後、北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)への加盟を果たしている。

Wikipedia : エストニアのユーロ硬貨
Changeover to the euro in Estonia | Euroveeb

47News
豪の洪水被害は独仏の面積以上 原料炭輸出に影響も

 オーストラリア北東部で最近続いた集中豪雨により、クイーンズランド州を中心に発生した大規模な洪水の被害が拡大し、同州幹部は31日、「浸水などの被害はフランスとドイツを合わせた面積を上回る地域に広がり、約20万人に影響が出ている」と強調した。国の主要産業である砂糖や、製鉄に使う原料炭の輸出にも影響が出ている。
 同州を襲った洪水被害はここ50年間で最悪の規模とされ、ギラード首相は同日、州内の避難所などを視察して「浸水被害で困難な状況に直面している人々を心配している」と述べ、被災者への支援を約束した。

日本経済新聞
豪の製鉄用原料炭、洪水で価格2割上昇も

 オーストラリア北東部クイーンズランド州で2010年12月に起きた洪水の影響で、製鉄に使う原料用石炭(原料炭)の国際価格が今後2割上昇するとの見方が浮上している。同州は原料炭の世界の海上貿易量の半分以上を担うといわれる。特に日本は原料炭輸入量の4割以上を豪州に依存しており、影響が懸念される。
 豪マッコーリー銀行は洪水の影響で日々取引される原料炭のスポット価格が2011年4~6月期に1トン300ドル(約2万4400円)と現在の同246ドルから約22%上昇する可能性が高いとの見通しを示した。12月31日付の豪全国紙オーストラリアンが報じた。
 豪英資源大手BHPと日本の鉄鋼大手は12月に11年1~3月期の原料炭の長期契約価格を前の四半期に比べ8%高い同225ドルとすることで合意している。仮に4~6月期の長期契約価格がスポット価格並みの同300ドルになれば、1~3月期から33%上昇することになる。製鉄会社の採算がさらに悪化しかねない。
 同州では12月の記録的な大雨でフランスとドイツを合わせた面積を上回る地域が洪水に見舞われ、約20万人に影響が出た。BHPや英豪リオ・ティントは同州での炭鉱や輸送用の鉄道、船積み港の操業を停止。天災などで一時的に売り手への出荷義務が免除される契約上の「不可抗力」条項の発動を宣言した。

200,000 Australians affected by floods covering larger area than France and Germany – Telegraph
Floods bring Queensland coal sector to a halt

CNN.co.jp
1頭のブタを通して考える消費社会の本質――TEDから

 有用なアイデアをひろめることを目的とした非営利団体TEDで行われた講演から、オランダ人芸術家クリスティン・メンデルツマ氏の「PIG05049」と題されたプレゼンテーションを紹介する。

(CNN) 1頭のブタが、歯磨き粉から人工心臓まで185種類に及ぶさまざまな製品となって私達の日常生活を取り巻いている――。オランダ人アーティストのクリスティン・メンデルツマ氏は、ブタの体がどのような製品の原料になるかについて詳細な調査を実施。この調査結果をまとめた書籍「ピッグ05049」が刊行されると大きな反響を呼んだことから、メンデルツマ氏は英国オックスフォードで開かれたTED主催のフォーラムに招かれ講演を行った。
 メンデルツマ氏は、ブタの体の各部位を素材とした原料が最終的にどのような製品に使われているかを探るプロジェクトを企画。そこで「05049」という識別符号のついた1頭のブタに注目し、3年にわたる追跡調査を行った。
 調査の結果、その使用用途は実に185種類に及ぶことが判明。それをカタログ化したものが、同氏の著書「PIG05049」だ。化粧品やシャンプーなどの日用品、パン、ビールなどの食品のほか、陶器や塗料、さらには人工心臓弁といった医療品など、05049を原料とする製品は多岐にわたる。
 「PIG05049」はアート作品として現在ニューヨーク近代美術館に収蔵されている。同美術館のポール・ギャロウェイ氏は、「消費者が日常生活で使っている製品の本質から、物理的、心理的にどれほど切り離されているかを明らかにしたもの」と評している。

From one pig — bacon and 184 other things – CNN.com
TED: Ideas worth spreading
main : Christien Meindertsma
PIG 05049 : Christien Meindertsma
MoMA | The Museum of Modern Art

・Products made from a single pig

・PIG 05049

香川・上海チャーター便3月就航 高松空港

産経ニュース
上海チャーター便3月就航 高松空港

 高松空港の活性化のため香川県が進めている中国・上海の格安航空会社「春秋航空」の誘致交渉をめぐり、県は30日、浜田恵造知事と同社の王正華会長が来年3月27日から定期チャーター便を週4往復就航させることで合意したと発表した。
 合意書によると、県は運航開始当初のリスク分担など必要な支援を行う。運航の曜日や時間帯、料金設定などは今後決めるとしている。当面は定期チャーター便を運航するが、将来的に定期路線開設に向けた速やかな準備を進める方向で合意したという。

高松空港ホームページ
春秋航空官方网站‖飞机票查询_航班查询_特价机票_打折机票预订_国际机票预订_电子机票_春秋旅游

日本経済新聞
北京市、地下鉄5路線を開通 渋滞緩和の切り札に

 北京市で30日、新たに5路線、約110キロの地下鉄が開通した。総投資額は約600億元(約7400億円)。北京市は自動車の急増で深刻な渋滞が頻発し、来年はナンバープレートの発給枚数を3分の1以下に抑える方針。地下鉄を渋滞緩和の切り札と位置付けており、今回の開通で336キロとなった総延長を2020年末には700~1千キロに延ばす構想だ。
 新たに開通したのは15号線、房山線、大興線、昌平線、亦庄線の5路線。主に郊外から中心部を結ぶ路線で、北京市の地下鉄は14路線に増えた。開業した地下鉄の駅と住宅地を結ぶバスも20路線走らせ、市民の利便性を高める。
 北京市は15年末に地下鉄の総延長を561キロまで延ばす構想を描いている。北京市交通委員会の李暁松副主任は「北京の渋滞を解決するには地下の利用を進めるしかない。建設計画の前倒しを検討している」と明らかにした。

北京周四开通五条新地铁线路 | 时事要闻 | reuters.com.cn
北京五条地铁线路今开通 轨道交通路网初步成型-新闻频道-和讯网
Wikipedia(zh) : 北京地铁15号线
Wikipedia(zh) : 北京地铁房山线
Wikipedia(zh) : 北京地铁大兴线
Wikipedia(zh) : 北京地铁昌平线
Wikipedia(zh) : 北京地铁亦庄线
Wikipedia : 北京地下鉄
北京地铁

・北京5条地铁新线今开通 进城只需1小时