Archive for 5月, 2010

サッカー 日本代表vsイングランド

日本代表vsイングランドのテレビ観戦。前半にコーナーキックから得点を決めるも、後半にオウンゴールを2点も献上して逆転負け(今日の得点全てが日本・苦笑)。見方を変えれば相手に直接得点を許さなかったことを評価するのかどうかは微妙だが、オウンゴールをした時はやはり相手にそのような状況を作られてしまったことがやはり課題かな。今日の試合で光っていたのはGK川島だろう。PKを止めたのはシーンがとても印象的だった。前半の終了間際や後半でも足が止まってしまうようなシーンも見られたので、このあたりも含めてW杯初戦までの2週間にどれだけ修正できるのか。あと、本田よ、手を出さないでジャンプしろよ・・・・。

ところで今日、なでしこジャパン(女子・日本代表)が、女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたアジア・カップ最終戦で中国との3位決定戦に勝ち来年ドイツで開催(6月26日~)される女子W杯の出場を決めた。女子の試合って地上波ではあまり放送されないけど(特に関西では)、東アジア選手権では連覇したりして好成績を残している。

iPadとiPed(APad?)

巷ではいよいよ明日からApple storeでiPadが店頭販売になるらしい(予約分のみ?)。価格は48,800円からと、これが高いのかどうなのか判らないけど、中国ではiPadソックリなiPed(取説にはAPadと書いてあるそうな)とかいうモノが約1万円ほどで販売されているらしい(動画付きニュースはこちら)。外箱もインターフェイスもiPadそっくり!。こんなソックリ製品がすぐに市場に登場することも凄いが、販売員の「中国では他の製品をまねても良い」などと完全に開き直っているのもある意味凄い。ところでこの”iPed(APad)は、先月に日本で販売開始されたスマートフォン・Xperiaなどと同じAndroid OSで動いてるらしい。・・・うーん、だったらiPed(APad)の方が欲しいなぁ(汗)。スペック(仕様)が通販サイトに載ってました。

iPed(APad)スペック

Youtubeで見つけた動画。正式名称は”iRobot aPad”? aPadサイトもあり。

W杯の壮行試合・日韓戦、その他

今回はテレビ観戦でしたが、完敗です。本番まで2週間ちょっとに迫ったこの時期に、この試合内容では誰も世界と戦えるなんて思わないでしょう。選手間の連携なんてものは微塵も無いし決定機も作り出せない、フィジカルでも相手が一枚上で見ているだけで前回大会以降、今までいったい何をやってきたんだと失望感でいっぱいになった。相手(韓国)は選手の調整試合、対する日本は本気で勝ちに行くと言ってこの結果だから話にならない。さらに最悪なのは試合後に岡田監督が日本サッカー協会に進退伺いをしたこと。「ベスト4を目指す」と大花火を打ち上げた張本人が大会直前にこれでは話にならないだろう。トップがこれでは選手たちにも動揺を与えるだけで何も得られない。ここまで悪化すると日本代表はもう「負のスパイラル」状態で、W杯に出場できること自体が奇跡なのかもしれない・・・。

ところで当方は南アフリカへ観戦に行くつもりでいたが、諸般の事情(というか、金欠・涙)で行けなくなった。観戦チケットは発売と同時に申し込んで確保済みだが、このチケット、何とキャンセル(払い戻し)ができない。FIFAサイトで転売するしか選択肢が無いのだが、チケットの販売状況を見ると殆どの試合でチケットが余っている状況。つまり転売できる可能性はゼロに等しい。チケットの現物が手元にあるなら記念品と割り切って諦めもつくが、現物は現地での引き換えとなり、手元にはチケット確認書しかない・・・涙。

FIFA W杯チケット確認書

FIFA W杯チケット確認書

サッカー日本代表メンバー決定

6月のサッカーワールドカップ・南アフリカ大会のメンバーが発表された。

GK
楢崎正剛(名古屋)川島永嗣(川崎)川口能活(磐田)

DF
中沢佑二(横浜M)田中マルクス闘莉王 (名古屋)駒野友一(磐田)岩政大樹(鹿島)
長友佑都(FC東京)内田篤人(鹿島)今野泰幸(FC東京)

MF
中村俊輔(横浜 M)稲本潤一、中村憲剛(ともに川崎)遠藤保仁(G大阪)長谷部誠(ウォルフスブルク)
本田圭佑(CSKAモスクワ)松井大輔(グルノーブル)阿部勇樹 (浦和)

FW
岡崎慎司(清水)玉田圭司(名古屋)森本貴幸(カターニア)大久保嘉人(神戸)矢野貴章(新潟)

個人的には大久保が選ばれたことがちょっとうれしい。ベスト4を目標に掲げる岡田JAPANだが、強豪国相手にどこまでやれるのかは未知数。まずは24日の親善試合・韓国戦でチームの連携をしっかりと確立させて大会直前の親善試合でさまざまな精度を上げていってほしい。ところで昨日の報道番組で合宿先であるスイスの小さな村の様子が映っていた。スキーリゾートで有名なザースフェーだが、周辺の山々にはまだ雪が残っていた。練習に使用するグランドは国際規格の天然芝に敷き換える作業が急ピッチで行われており、地元の小学校では歓迎の歌の練習と日本についての授業が行われて受け入れ準備が着々と進んでいるようだった。