Archive for 9月, 2008

中国地方の旅06日目 山口

台風の影響で朝から晩まで雨が降りっぱなし。そのせいか、どこへ行ってもガラガラだった。ただし靴もズボンもずぶ濡れになり最悪。気を取り直して宿から近い唐戸エリア、下関駅周辺を徒歩で散策したあと車で城下町長府エリアへ移動。ここでもしばらく散策してから防府市・防府天満宮へ立ち寄り毛利氏庭園・毛利博物館へ。相変わらず天気は最悪で、国指定名勝であるこの庭園は天気さえ良ければどれだけ美しく見えただろうと思うと残念な気分だった。また機会があれば訪れてみたい。庭園を出たのが17時頃で今日の観光はこれにて終了。

赤間神宮

長府毛利邸

毛利氏庭園

中国地方の旅05日目 山口

最初に松蔭神社へ向かい周辺の吉田松陰歴史館や伊藤博文旧邸、東光寺などを周ったあと旧明倫館へ。次に昨日に行った萩博物館まで戻って周辺の萩城下町に残る武家屋敷を見て周った。一息入れたあと、以前に新聞か何かで見たことがある鳥居がずらっと並んだ光景を見たくて一気に長門市へ向かう。「龍宮の潮吹き」の近くにある元ノ隅稲成神社だ。説明板によると島根県津和野の「太皷谷稲成神社」から分霊した神社で、「稲荷」と書く神社は4万社あるが、「稲成」と書くのは全国に2箇所のみとのこと。海側から山の斜面を鳥居のトンネルが続き、こぢんまりとしたお社にたどり着く。しばらく界隈の景色を楽しんだあと「日本の棚田百選」のひとつ、東後畑棚田にちょっと立ち寄り(もちろん収穫は終わってる)、日本海側沿いに西へ向かい角島大橋のたもとで車を止めて一休み。日没間近だったので角島へ渡るのは諦めて下関の宿へ向かい今日の予定はこれで終了。

松蔭神社

明倫館跡

重要文化財・菊屋家住宅

元ノ隅稲成神社

角島

中国地方の旅04日目 島根~山口

まずは島根県芸術文化センター「グラントワ」へ。島根県立石見美術館と島根県立いわみ芸術劇場の複合施設で、全体が赤い石州瓦に被われたとても美しい建物だ。しばらく建物内をぶらついたあと、SLやまぐち号をひと目見ようと山口県・JR長門峡(ちょうもんきょう)駅へ。駅近くでしばらく待っていると、黒煙を高々と上げながら力強く走り出したSLやまぐち号が石炭の香りをふりまきながらすぐ横を通り過ぎて行った。次に山口市内へ向かい、常栄寺雪舟庭へ。伝説では雪舟が築庭したと言われる枯山水石庭をしばらく楽しんだ後、日本三名塔の一つと呼ばれる国宝・瑠璃光寺五重塔へ。ここで一息入れて周辺をしばらく散策して山口県立博物館へ向い、山口ザビエル記念聖堂中原中也記念館と周って萩博物館へ。時間的にここで今日の予定終了。

グラントワ

SLやまぐち号

常栄寺雪舟庭

瑠璃光寺五重塔

中国地方の旅03日目 島根

朝にまず仁摩サンドミュージアムへ。様々な砂時計が展示されていた。次に世界遺産登録石見銀山へ。今日は一日の殆どをここで過ごした。その後に温泉津(ゆのつ)温泉・薬師湯でゆっくりと湯に漬かり本日の予定終了。

仁摩サンドミュージアム

仁摩サンドミュージアム

石見銀山

石見銀山

温泉津温泉・薬師湯

中国地方の旅02日目 島根

今日も天気予報は雨で松江から移動途中はけっこう降っていたが出雲大社周辺は曇りで午後には晴れ間も出た。まずは朝に日御碕(ひのみさき)灯台まで行き、日御碕神社に立ち寄ってから「日本の渚100選」にも選ばれている稲佐浜へ。あいにくの天気だったがしばらく過ごした後にいったん出雲大社を通り過ぎて旧大社駅へ。神社様式を取り入れた駅舎はなかなか趣がありホームにはD51が野外展示されていた。次に出雲大社前駅へ。こちらは西洋建築の駅舎で1996年に国の登録有形文化財建造物として登録されている。駅を出ていよいよ出雲大社でゆっくりと参拝。その後に島根県立古代出雲歴史博物館出雲文化伝承館と周って本日の予定終了。

日御碕灯台

日御碕神社

稲佐の浜

旧大社駅

出雲大社前駅

出雲大社

島根県立古代出雲歴史博物館

出雲文化伝承館