午前中に大谷記念美術館「民衆の鼓動 韓国美術のリアリズム1945-2005」を観に行った。作品の中にはソウルで観たものもあったが、現地で観るのとは違ってこちらは日本語の作品解説が付いているので理解しやすかった。申鶴澈(シ […]