Archive for 4月, 2008

東北9日目・山形

早朝に目覚めたのでひと風呂浴びて、チェックアウトまで時間があったので銀鉱洞まで散歩。旅館街から15分ほどで辿り付けたが残念ながら中へは入れず、宿へ引き返し支払いを済ませて出発、山寺(宝珠山立石寺/ほうじゅさんりっしゃくじ)へ。
ここは松尾芭蕉が訪れて「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句を詠んだ場所で句碑も建てられている。立石寺の最寄り駅「山寺駅」の下側に山寺芭蕉記念館があるが、あいにく休館日だった。山寺・奥の院があるところまで石段が千十五段あるそうで、登ってから下山するまで約2時間ほどかかった。気温 は12~13度くらいだったと思うが日頃の運動不足のせいで結構汗をかいた。

以上で今回の東北旅行は終了。12時半頃大阪に向けて出発。今回の旅行で自宅~東北各県~自宅の走行距離は3177kmだった。

山寺(宝珠山立石寺)・如法堂

山寺(宝珠山立石寺)・納経堂

東北8日目・秋田~山形

宿の近くに「秋田ふるさと村」というのがあり、その一角にある秋田県立近代美術館へ行った。美術館を出た後、隣の工芸展示館をひととおり見てふるさと村を出た。
ふるさと村がある秋田県横手市から一気に山形県尾花沢市にある銀山温泉へ向かい、温泉街へ着く前に近くにある徳良湖(とくらこ)へ立ち寄った。この湖は人工湖で灌漑用水湖らしい(周囲3.6km)。山形の有名な花笠踊り はここで最初に踊られたそうで、発祥の地ということになっている。湖で満開の桜をしばらく眺めた後に温泉街へ。

名前のとおり元々温泉街の奥に延沢銀山があって、そこの工夫が温泉を発見したのが始まりとのこと。立ち並ぶ旅館の殆どは大正~昭和初期に建てられたそうで、特に指定重要文化財となっている「能登屋旅館」の木造バルコニー建築は「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」を連想させる(能登屋旅館もモデ ルになったひとつとも言われているが定かでは無いらしい)。残念ながら能登屋は人気があるようで予約が取れなかったが、別の旅館チェックインしてこの日 の予定終了。

秋田県立近代美術館

徳良湖

銀山温泉

東北7日目・秋田

前夜に秋田の小京都と呼ばれる仙北市角館町に到着。実は今回の東北旅行の最大の目的地はここだった。例年ここの桜はゴールデンウイークに開花するが自宅出発前に開花予想を見ると25日前後ぐらいがベストだろうと考えて他県を先に周った。ところが昨夜到着して町の西側を流れる桧木内川の桜を見ると殆ど散り終わっていた。明るくなってから見ると 武家屋敷町の桜も終わっていた。役場の人に聞いたところ23日を最後に強風や雨によって一気に散ったらしい。近くに居たレストランのシェフらしき人もこの 町に来て20年になるがこんなに早く終わったのは記憶が無いとのこと。町中に貼られている桜まつりのポスターが空しく見 えた。この後も多く訪れるであろう桜まつりツアー客もかなりがっかりするだろうな。勿論私もガッカリ・・・。

桜とのコラボは見れなかったが、ひと通り武家屋敷町を見て周った。桜が満開ならこの町で2日ほどゆっくり過ごすつもりだったが、実質半日で観光終了。仕方が無いのでこの町から近い田沢湖へ行った。田沢湖畔の桜は満開だったのでちょっと気分が救われた感じ。辰子の像があるあたりでしばらく時間を過ご し、田沢湖に着く手前にあった「かたくり群生の郷」に立ち寄ったあと再び角館を通り越して山形方面へ向かった。途中、秋田・横手市にある 「旧日新館」を見に行って(個人所有で居住しているので外観だけ)本日の予定終了。

角館町にて

田沢湖にて

旧日新館

東北6日目・青森

朝から弘前市内を観光。弘前城の周辺には古い洋風建築日本伝統建築がいくつか現存している。まずは弘前市立観光館隣の旧弘前市立図書館を手始めに徒歩で旧東奥義塾外人教師館、青森銀行記念館(旧第五十九銀行)、日本聖公会弘前昇天教会、一戸時計店、百石町展示館(旧青森銀行津軽支店)、日本キリスト教団前教会、弘前カトリック教会、石場家と周り弘前城の中を通り抜けて駐車してある市立観光館へ戻った。弘前城の桜は堀の外側のはかなり散り始めていて城内のは満開~散り始めという感じだった。車に乗り藤田記念庭園、最勝院へ行き、弘前市隣の平川市でねぷた展示館盛美園と周ってすぐ近くの東北自動車道に乗り秋田・角館へ移動しこの日の予定終了。

旧弘前市立図書館

青森銀行記念館(旧第五十九銀行)

弘前城

弘前カトリック教会

盛美園

東北5日目・青森

朝から雨だったので盛岡市内観光をパスして次の目的地青森へ行くことに。その前に盛岡から近い小岩井農場に立ち寄って「一本桜」を見た。その後高速道路で青森市内へ。
青森も雨。青森湾沿いにある観光物産館アスパムへ。展望室から青森市内を眺めながら青森には寺山修司記念館があったよなと思い調べたところ三沢市にあることが判明。高速道路で1時間以上かけてまた南下しなければならないので次の機会にと言うことであっさり断念。天気も良く無いので青森県立美術館へ向かう。到着してみると現在開催中の企画展が「寺山修司 劇場美術館:1935~2008」。ついさっき断念したばかりのものが見れるとはラッキーだった。おまけに平日で悪天候のせいか客は他に2人だけ。館内すべての作品をゆっくり観て周れた。これにて本日の予定終了して弘前の宿へ向かう。

小岩井農場の一本桜

アスパム展望室より

青森県立美術館・奈良美智「あおもり犬」