Archive for 7月, 2007

韓国4日目 済州島

昨夜は雷雨で今日も天気は期待できそうにもなかったので、チェックアウト直前の11時過ぎまでホテルでウダウダ過ごす。昼に他メンバーと合流しEマート(E마트)へ。その後、新済州市(신제주시 )にある新羅免税店(신라면세점)近くで遅い昼食を食べて、ついでに免税店に立ち寄る。免税店を出て東門市場(동문재래시장)とその界隈を散策して本日の予定終了。レンタカーの返却もあったので17時前頃に空港へ到着。空港でしばらく時間を潰したあと18:50発の便で帰国。今回は大ハズレの旅行だったが、こんな時もあるさと次の旅を考えたいと思う・・・。

韓国3日目 済州島

今日も朝から強い雨。もうこうなると何もする気が起こらない。昼前にホテルを出て他のメンバーと合流して映画鑑賞。2時間以上の長い作品で半分くらいは寝てしまった。映画の後に表善(ピョソン・표선 )や南原(ナムォン・남원)方面に行き、そして夕方に済州市(제주시) へ戻ったが、途中視界が50mあるか無いかの深い霧で、運転自体が非常に疲れた。そんなわけで朝から非常にテンションが下がりっぱなしの一日に。現在外は雷雨で最悪。明日帰国します。

韓国2日目 済州島

朝から雨。昼前に空港へ向かい、日本から来た知人3人と合流。そのまま当方のレンタカーで島の南部・中文(チュンムン)観光団地に向かう。途中大雨で霧が出たりして視界がやや悪かったが無事到着。まずは昼食を取り、観光団地に移動してテディベアミュージアム(테디베어 박물관)へ。次に済州市方面へ戻る途中、神秘の道路(신비의도로、도깨비도로)へ立ち寄る。ここは道路が上りに見えるが、自動車をニュートラルにするとその「上り」方向に動いて行くという錯覚を体験できる。「神秘の道路」は知る限り済州島には2箇所あり、最初に行ったところでは私だけ錯覚せずに他のメンバーからおまえの目がおかしいと激しいツッコミを受ける(涙)。次にもうひとつの場所へ移動。ここでは(こっちは昨年も行った)みんなと同じように錯覚した。
この「神秘の道路」のすぐ先にある済州ラブランド(제주러브랜드)に立ち寄る。ここは済州の有名な(?)観光ポイントで私は昨年も行った。場内には「性」に関するオブジェがあちこちにあり、それぞれがかなりリアルに創られていて、本来ならタブー視されがちな「性」が笑いのネタになるような感じ。前回に行った時は日没後だったのでよく見えなかったオブジェもあったが、今回はすべてをハッキリと見ることができた。このあと済州市内にて夕食、店を出て龍淵(용연)のライトアップを少し見に行き、メンバーたちとチムジルバンへ行き本日の予定終了。火曜日に帰国するまでに一日くらいは晴れて欲しいものだ・・・。

済州・テディベアミュージアム

済州・テディベアミュージアム

済州・テディベアミュージアム

済州・ラブランド

済州・ラブランド

済州・ラブランド

済州・ラブランド

韓国1日目 済州島

約1年ぶりの韓国旅行で今回は済州島へ。済州島は昨年2月以来の2度目で、前回に殆どの観光ポイントは周ったので目新しさは無いが、ソウルのような大都会とは違った楽しみ方があると思う。関西空港発9時30分のKALに乗り11時過ぎに到着。まずは済州空港で予約しておいたレンタカーの手続きを済ませる。梅雨時期とあって時折小雨模様になったりして天気は今ひとつ。取りあえず目的地を決めずに島の外周を走行することに。適当に持ってきた空港案内所にあった観光パンフレットのを見ると「済州海女博物館(제주 해녀박물관)」なるものがありそちらへ行くことに。どうやらここは昨年5月にオープンしたようだ。済州島ならではの海女漁を中心とした民俗博物館と言った感じの展示内容。当方が行ったのは14時頃で、天気が良くないせいか、週末なのに私以外は一組のカップルのみ。帰りぎわに観光バスが一台来た程度でゆっくり鑑賞できた。博物館を出た時に少し雨脚が強くなったので今日はこれでホテルへ向かうことに。ホテル近くのEマート(E마트)(大型スーパー)で少しだけ食べるものを買いチェックイン。寝不足だったせいで部屋に入って横になってたらそのまま21時ごろまで寝てしまい、自動的に本日の観光終了(笑)。

済州海女博物館

済州海女博物館

済州海女博物館

済州海女博物館

済州海女博物館