Archive for 5月, 2007

国際博物館の日

今日は「国際博物館の日」。これで言う「博物館=ミュージアム」は美術館・科学館・動植物園・水族館等も含むとのこと。国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定した記念日で、毎年この日には世界共通のテーマが定められ様々な企画が実施されるそうで、今年のテーマは”Museums and Universal Heritage(博物館と人類共通の遺産)”。日本でも全国各地の博物館や美術館で入館料無料や記念品配布など18日のみならずこの日を前後して様々な企画があるようです。
夕方から用があったのでその前に美術館へ行くことにして肥後橋へ向かい大阪市立科学館に入った。課外授業の小学生の団体が占領していてとても賑やかだったが、様々な実験装置や体験装置がたくさんあってこれが意外と楽しい。思わず小学生に混じっていろいろ弄ってしばらく過ごす(笑)。その後隣にある国立国際美術館へ。
次に土佐堀川沿いをゆっくりと歩き、中央公会堂の隣にある大阪市立東洋陶磁美術館へ。ここでは「美の求道者・安宅英一の眼 – 安宅コレクション」という特別展を開催中だったが、展示物は殆どが韓国の博物館で幾度となく目にした朝鮮時代の陶磁器・青磁器(中国の物もあります)。美術館脇から続くバラ園も見頃だった。

大阪市立科学館

国立国際美術館

大阪市立東洋陶磁美術館

バラ園

京都 葵祭り、相国寺、二条城

葵祭りを見るために京都へ。どこで見ようかと移動中に考え、出発地点である京都御所で見ることに。京都駅から地下鉄で丸太町へ移動し8時半頃に京都御所内に到着した。すでに数人が観覧場所を確保していたが、さすがに平日とあって想像していたより人が少なかった。後で知ったが早朝は雨が降っていたらしいのでこれも影響したのだろう(雨天だと葵祭りは翌日に延期になる)。祭り行列のスタートまで2時間ほどあったが、近くに居た男性といろいろ話をしているうちに時間が潰せた。1時間ほどで行列は京都御所を全て出発。時間的にはほぼ予定通りだったと思う。
京都御所を出て以前から一度食べたいと思っていた金平糖を買うために緑寿庵清水へ向かう。この店は日本で唯一の金平糖専門店で皇室御用達でもある。到着した時には7・8人の客が並んでいた。店舗内は広いとは言えず、数人ずつの客を入れ替えながら販売してた。店内では和服姿の上品そうな女性店員さんが丁寧に応対してくれ、勧められるがままに「詰め合わせ」と「季節の限定品」2種、更に1年待ちと言う金平糖の予約までしてしまい、支払いは何と1万7千円オーバー。
次に同志社大学隣にある相国寺(しょうこくじ)へ向かう。ここの承天閣(じょうてんかく)美術館で日曜日(13日)から始まった「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」を観る。昨秋にも京都・国立近代美術館で若冲展を観たが、今回のはスケールが違うといった感じ。
相国寺から堀川通りまで出てバスで京都駅行きに乗る。これで帰るつもりだったが、天気も良くまだ15時半過ぎだったので急遽、世界遺産・二条城へ行くことに。入場できるのが16時までなので(閉場は17時)さすがに人が少なかった。観覧ルートに沿って最初に二の丸御殿へ入る。襖絵、欄干などどれを見ても素晴らしい。閉場時間が迫っているのでゆっくりと鑑賞できなかったが、また機会を作ってゆっくり観たいと思う。二条城を出てバスで京都駅へ向かい帰路に。

葵祭り

葵祭り

葵祭り

緑寿庵 清水

承天閣美術館

二条城・唐門

二条城・車寄

京都 下鴨神社・流鏑馬、白峯神宮

世界遺産・下鴨神社(賀茂御祖神社)流鏑馬神事(やぶさめ。「矢伏射馬」とも書くらしい)を見に行った。京都駅に着くと連休中とあって物凄い数の観光客だ。満員のバスに揺られて下鴨神社へ向かう。流鏑馬のメインは1時半過ぎくらいから始まる予定だったが500m程の直線コース沿いの最前列は到着時(10時半頃)には殆ど場所取りされていた。12時発売の有料席も発売待ちの列。この状態だと今日は写真を撮るのは厳しいかなと半ば諦めておとなしく見ることに。開始予定時間よりかなり遅く始まった。テレビ映像で観るのとは違ってナマで見るのは迫力があった。
最後まで居ると帰りが大変そうなので大勢の客が見入ってる間に下鴨神社を後にして、徒歩20分ほどのところにある白峯神宮へ。ここはスポーツ関係者が参詣する神社で有名だ。一応スポーツ全般となっているが、本来ここに祀られている精大明神は蹴鞠の守護神。球技の神様だけあってサッカー、バレーボール、野球など北から南まで日本全国の各競技有名チーム、有名校、日本代表チームなどが訪れているようだ。お守りもユニークで、ここのは「闘魂」と書かれている。球技に励んでいる身内にお守りを購入してバスで京都駅に向かい帰路についた。

下鴨神社・流鏑馬神事

下鴨神社・流鏑馬神事

白峯神宮