Archive for the ‘ 15近畿-和歌山 ’ Category

産経ニュース
絶景ダイトレ「山ガール」来たれ 踏破15時間の登山道を再整備

 大阪、奈良、和歌山の3府県境で、屯鶴峯(どんずるぼう)(奈良県香芝市)から槇尾山(大阪府和泉市)を貫く約45キロの登山道「ダイヤモンドトレール」(ダイトレ)の再整備に、河内長野市など大阪府内の5市町村が乗り出すことが9日、分かった。踏破に14~15時間かかるのに、トイレは8カ所のみ。見晴らしがきくビュースポットは11カ所という現状だが、奈良県側の自治体も巻き込み、女性登山客「山ガール」たちが安心して登れるように改造してファンの裾野を広げる狙いだ。
 ダイトレは、金剛生駒紀泉国定公園内を縦貫する登山道で、昭和45~49年度、大阪府などが整備した。“国のまほろば”の奈良盆地や、都市が連なる大阪平野、大阪湾を見渡せる大パノラマが特徴。「一目百万本」と称されるツツジの群落で有名な葛城山や、年間100万人もの日本一の登山客数を誇る金剛山など人気スポットが点在する。
 金剛山を通ることから、金剛石(ダイヤモンド)にちなんで命名された。一方、木材価格の低迷で、間伐されなくなった人工林がうっそうと茂り、かつてほど眺望はよくない。木が倒れて歩けなくなっている場所もあるという。
 千早赤阪村の松本昌親村長は、自治体ごとに管理をしていることが、登山道全体の荒廃につながったと分析。登山道が通る自治体が手を組み、一体で再生させる必要があると考えた。
 そこで「経済を動かすのは女性」と、再整備のキーワードを、専用のウエアで山を登る若い女性「山ガール」とし、女性が安心して登れるように、トイレや休憩所を兼ねたビュースポットの増設を提案している。
 河内長野、和泉、太子、河南、千早赤阪の府内5市町村は金剛山で5月ごろ、活性化について意見交換するサミットを企画。葛城市など奈良県側の首長や、山登り関連の団体も招き「山ガール」体験やアウトドア料理のレシピ紹介といったイベントも予定している。

ダイヤモンドトレール情報
ダイヤモンド・トレール-メイン
Wikipedia : ダイヤモンドトレール
Wikipedia : 金剛生駒紀泉国定公園

産経ニュース
たま駅長「同じ猫…ドラえもん頼むニャー」 一日駅長に就任

 和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の三毛猫、たま駅長に代わり、同じ“猫”型ロボットのドラえもんが3日、一日駅長に就任した。
 今春公開の新作映画に合わせた企画で、海外でも高い人気を誇る先輩格のドラえもんが、動物駅長として活躍する三毛猫たまを応援しようと駆けつけた。
 さっそく乗り込んだ「たま電車」は、ドラえもんの映画ポスターやフィギュアなどで模様替え。車内アナウンスもドラえもんの声で、4月8日まで運行する。

和歌山電鐵 貴志川線 猫のスーパー駅長「たま」とおもちゃ電車といちご電車

産経ニュース
あの和歌山ラーメン57店ずらり 観光協会が食べ歩きマップ

 和歌山市観光協会は市内ラーメン店を紹介した「和歌山 中華そばとラーメン 食べ歩きマップ」を作った。2年ぶりに内容を刷新し、新店舗も含む57店舗を紹介している。
 「中華そば」とも呼ばれる和歌山ラーメンは、スープの特徴から3つに分類されるといい、市内を走っていた路面電車の停車場にあった屋台が発祥といわれるのが「醤油(しょうゆ)系」。見た目よりあっさりし、いまの「和歌山中華そば」の主流とされる。
 コクがあってまろやかで醤油と絶妙に絡み合った奥深い味で知られるのが、「豚骨醤油系」。醤油系、豚骨醤油系ともストレートのやや細麺が特徴で、具材には主にチャーシュー、かまぼこ、メンマ、ねぎを使用している。このほか醤油系、豚骨醤油系と違ったスープが特徴のラーメン店が増えているという。
 前作マップでは44店舗を紹介していたが、その後閉店したり、営業時間を変更した店もあり、新店舗も含め、市内の地図に店舗番号を示し、住所、電話番号、定休日などの情報を記載した。
 マップは10万部を印刷し、市観光協会、JR和歌山駅、南海和歌山市駅の観光案内所などで配布する。

和歌山市観光協会 公式HP

紀伊民報
アオサギのふん害増 串本町紀伊大島の権現島

 和歌山県串本町の紀伊大島にアオサギが飛来し、ふんの被害が増えている。熊野速玉大社(新宮市)と深い関わりがある大島の権現島では、アオサギのふんで木が枯れるなどの被害があり、地元住民が警戒している。
 権現島は、熊野権現が新宮に降臨する前に休息を取った島と伝えられている。10月15、16日にある熊野速玉大社の例大祭(県指定無形民俗文化財)には、権現島のカヤの穂と魚を献じる習わしがある。
 祭りの前に権現島の鳥居の前で祈祷(きとう)した後、大島区民がカヤの穂と魚を速玉大社に届けている。カヤの穂は、「御船祭」の渡御でみこしを先導する神馬に乗る人形の後ろに飾られる。かつては権現島にあったカヤの穂を届けていたが、近年は権現島のカヤが少なくなってきたため、島の近くで自生しているカヤの穂を届けている。
 権現島には、ほこらと鳥居が建てられ、神域として区民らがあがめている。近くに住む同町大島の浜泰央さん(82)によると、大島でマダイなどの養殖が盛んになり、餌を求めてアオサギが飛来することが多くなったという。浜さんは「カヤの穂や魚を速玉大社に届けないと祭りが始まらず、区民はそれを誇りに思っている。権現島に鳥のふんが増えて木が枯れるのは罰当たりな事なので、何とか対策を考えたい」と話している。
 紀伊大島ではほかに、2月の水門(みなと)祭で神事が営まれる苗我島や、須江地区でもアオサギが多く、ふんの被害が出ている。

Wikipedia : 紀伊大島
世界遺産 熊野速玉大社 公式サイト
Wikipedia : アオサギ

産経ニュース
切断頭部は元に戻しません 熊野古道の牛馬童子

 平成20年に何者かに切断され、昨年見つかった熊野古道のシンボル「牛馬童子」の頭部を、和歌山県田辺市教委は23日、「元に戻さない」と発表した。
 牛馬童子像は高さ約50センチ。牛馬2頭にまたがった僧侶姿の童子像で、熊野詣での花山法皇の旅姿を模して明治24年ごろ作られたと伝わる。
 切断後、像は頭部の複製を胴体とつなげて修復したが、本物を戻せば本体が破損すると判断。市教委は「頭部は古道沿いの美術館などで展示したい」。

Wikipedia : 牛馬童子像