Archive for the ‘ ヴァチカン市国 ’ Category

YOMIURI ONLINE
ミケランジェロの「隠し絵」神の姿に脳幹解剖図

ルネサンス期のイタリアの芸術家ミケランジェロがバチカン・システィーナ礼拝堂の天井に描いた神の絵に、脳の一部や目の神経系などの解剖図が、一見ではそれとはわからない「隠し絵」として描き込まれていることが、米ジョンズホプキンス大学の研究でわかった。
専門誌ニューロサージェリーに掲載された。
隠し絵がみつかったのは、闇と光を分ける神の絵。同大の脳外科医と医療イラストレーターが、画像をデジタル処理して輪郭などを細かく調べた。その結果、神のあごひげからのどにかけての凹凸が、中脳や延髄などが集まった「脳幹」という脳の中枢部を下から見上げた解剖図と重なった。この不自然な凹凸については、ミケランジェロの意図について専門家の間でも論議があった。
腹部にも不自然なひだが描かれており、これは、同時期に活躍したダ・ビンチが残した目と視神経の解剖図によく似ているという。
ミケランジェロやダ・ビンチは人体を描くために遺体の解剖を行い、医学や生物学の高度な知識を持っていた。

システィーナ礼拝堂 バチカン宮殿にある礼拝堂。15世紀に法王シクストゥス4世によって建てられた。16世紀にミケランジェロが描いた旧約聖書の9場面からなる天井画や、壁画「最後の審判」が有名。

記事中の画像を見ると脳幹解剖図に似ているけど、実際のところそういう意図があって描かれたのだろか。今後は他にも何か発見があるかもしれないが、礼拝堂の天井が高すぎて(しかも薄暗い)観光客としては双眼鏡でも持っていかない限り今回の発見部分を確認するのはちょっと難しいかも。

Wikipedia : システィーナ礼拝堂
Musei Vaticani : Cappella Sistina

システィーナ礼拝堂の天井画(矢印は今回の発見部分)

ヨーロッパ34日目 ヴァチカン市国

共和国広場まで行き、そこから地下鉄で世界遺産のヴァチカン市国(Status Civitatis Vaticanæ)へ。オッタヴィアーノ・サン・ピエトロ駅(Ottaviano S.Pietro)で下車しヴァチカン博物館(Musei Vaticani)入り口へ。8時40分頃に到着したがすでに長い行列が出来ていた。当方は日本から予約済みなので待ち時間無しで入場。端から端までゆっ くりと全て周り終えると3時間ほど経っていた。次にサン・ピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro in Vaticano)に向かうと何と長蛇の列が出来ていた。それ以前にサン・ピエトロ広場に囲いがあっ て入場制限していた。広場に入れず待っている観光客の数が半端じゃない。この様子ではいつ入れるのか判らないので大聖堂は諦めることに。ヴァチカンを出て テヴェレ川沿いにあるサンタンジェロ城(Castel Sant’ Angelo)へ。ここの屋上テラスからしばらく街を眺めた。城を出て天使像が並ぶサンタンジェロ橋のひとつ隣、最高裁判所前のウンベルト1世橋を渡り、 ナヴォーナ広場(Piazza Navona)に立ち寄ったあとトレヴィの泉(Fontana di Trevi)へ。泉を取り囲んで人が溢れていた。この近くに国立パスタ博物館(Museo Nazionale delle Paste Alimentari)というのがあるようなので探したが見つからない。途中、3度も近くに居た警官に聞いたが一人目と二人目は違う方向を指差すし、もう 一人は知らないと言う始末。警官すら知らない程度のところなんだなと思いつつ、暑いこともあってさっさと諦めて大統領官邸であるクイリナーレ宮 (Palazzo dei Quirinale)の前を通って坂を下り、ナツィオナーレ通りを共和国広場に向かって歩いて昨日に入れなかったサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会(Chiesa di Santa Maria della Vittoria)へ。さほど大きくない教会だが内部の装飾は素晴らしかった。時計を見ると17時半過ぎ。今日はこれで終わりだなと思い宿に戻った。結局ヴァチカンから歩 いて宿があるテルミニ駅近くまで帰って来たことになりちょっと疲れた。

ヴァチカン博物館

サン・ピエトロ大聖堂

サンタンジェロ城

ナヴォーナ広場

トレヴィの泉

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会