Archive for the ‘ スイス ’ Category

レコードチャイナ
ホテル宿泊価格の国際ランキング、香港が7位に浮上―英HRG調査

 2011年4月11日、中国新聞網によると、英ホッグ・ロビンソン・グループ(HRG)が同日に発表した2010年度の調査データから、香港のホテル宿泊料相場が前年比12%上昇し、世界で最も宿泊料の高い都市トップ10入りしたことが分かった。
 ランキングでは、2009年調査で上位に入っていたアブダビ(UAE)やマナマ(バーレーン)、コペンハーゲン(デンマーク)、アテネ(ギリシャ)、ミラノ(イタリア)が上位10から落選、代わってチューリヒ(スイス)や香港、ストックホルム(スウェーデン)、ドーハ(カタール)、リヤド(サウジアラビア)がトップ10入りした。2010年は過半数の地域でホテル宿泊料が上昇したが、特にアフリカとアジア太平洋地域での価格上昇が目立ち、世界的金融危機以前の水準を取り戻しているという。
 世界で最もホテル宿泊料金が高かったのはモスクワで、今回で6年連続の首位。中国は万博開催の影響もあり、上海市が2%上昇し40位。北京市は、08年の五輪終了後、客室供給過多となった影響が現在も残っており、09年と比べて10%下降、60位と順位を下げた。

Corporate Travel Services – Business Travel Management | HRG

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

AFPBB News
クリーンな電気自動車、「80日間世界一周」に成功

 電気自動車による「エミッション・フリー(排気ゼロ)」の世界一周レース「ゼロ・レース(Zero Race)」に参加したオーストラリア、ドイツ、スイスの各チームが24日、188日間(うち陸路80日間)の旅を終えてスイス・ジュネーブ(Geneva)にゴールインした。
 オーストラリア製の2人乗り3輪電気自動車「TREV」、ドイツ製の電気スクーター「Vectrix」、そしてスイス製のハイテクオートバイ「Zerotracer」は、6か月前にスタートした国連(UN)欧州本部前のゴールラインにゆっくりと滑り込んだ。
 レースを主催したスイスの学校教師ルイ・パルメ(Louis Palmer)さんは、「17か国、2万9000キロを走行し、80日間で世界一周を達成した。信じられない!」と喜びを語った。パルメさん自身、3年前にソーラーパワーのタクシーを運転し、道中で有名人を乗せながら18か月間で世界一周を達成して話題となっている。
 国連が後援するこのレースは、欧州、ロシア、中国、カナダ、米国と東回りに移動し、前年12月にメキシコ・カンクン(Cancun)の国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(World Climate Conference、COP16)に立ち寄ったあと、モロッコ、スペインを経て、予定より1か月遅れでジュネーブに戻ってきた。
 国連環境計画(UN Environment Programme、UNEP)のシルビー・モタール(Sylvie Motard)氏は、「再生可能なクリーンエネルギーで走る車が、ガソリン車と同じくらい燃費効率が良いことが立証された。しかも排気ガスはゼロだ」とコメントした。
 ただし、車に大きな故障はなかったものの、クリーンエネルギーの確保に苦労したこともあったようだ。車は風力、太陽光、水力などのクリーンエネルギーで発電した電力のみを使うというルールになっているが、オーストラリアチームのあるメンバーは、クリーンエネルギーを得られない困難な状況下でコンセントで電気の供給を受けたことを打ち明けた。消防署の電源を借りたこともあったという。

Zero Emissions race – Zero Emissions Race

47News
未発表「横浜写真」を一堂に 200枚、スイスで公開

 幕末から明治時代にかけて、当時の日本の様子を写した白黒写真に絵付師が彩色した「横浜写真」約200枚の展覧会がスイス南部ルガノで開かれている。大半が未発表写真で、主催者によると、これほど多数の同写真の展示は海外では初めてという。
 写真は、欧州在住の収集家が1970年代から日本や英国、ドイツなどで集め所蔵している約7500枚から選ばれた。イタリア系英国人フェリーチェ・ベアトや日下部金兵衛ら当時の著名写真家による写真も多数含まれている。
 栃木県日光市や長崎市、宮島、富士山など日本各地の風景のほか着物姿で田植えをする人、人力車やかごに乗る人など、当時の日本人の生活ぶりが描かれている。
 同写真は横浜市が制作の中心だったことから横浜写真と呼ばれる。主に当時の外国人の滞在者や旅行者へのお土産用に販売されたもので、絵付師が手書きで彩色したことから、同じ写真でも一枚一枚微妙に色合いが異なるという。
 展覧会を企画したルガノ市文化美術館のパオロ・カンピオーネ館長は「お土産目的だったことなどから安っぽいとみなされることもあるが、19世紀の日本の様子を知る上で貴重な芸術作品だ」と話した。展覧会は27日まで。

lugano.ch – Museo delle Culture
INEFFABILE PERFEZIONE – La fotografia del Giappone 1860 – 1910
Ineffabile perfezione
Wikipedia : フェリーチェ・ベアト
Wikipedia : 日下部金兵衛

swissinfo.ch
氷河特急事故最終報告 早過ぎた加速が原因

 2010年7月23日、マッターホルン・ゴッタルド鉄道 ( MGB ) が運行する人気の観光列車「氷河特急 ( Glacier Express ) 」が事故を起こし、日本人女性1人が死亡、42人が負傷した。調査を行っていた鉄道船舶事故調査委員会 ( UUS ) が1月20日、最終報告を発表した。
事故の原因は、事故現場直前のカーブを曲がる際、列車の速度が速すぎたためであることが確認された。

脱線ではなく、遠心力で横倒しに

 列車は脱線したのではなく、遠心力が強過ぎたために横倒しになった。地理的条件、天候、線路の状態、運行ダイヤ、運転士に対する指示、車両の状態は事故とは一切無関係であることが確認された。
 この最終報告を受けてマッターホルン・ゴッタルド鉄道は同日、プレスリリースを発表し、
「わが社の社員が列車を早く加速したためにこのような痛ましい事故を招くことになった。深い遺憾の意を表す」
 と記した。
 「調査ではテスト運行も行った。その結果、ダイヤ通りの運行は可能であり、どの時点においても運転士が速度を上げて運転するよう指示を受けたことはなかったことが明らかになった。マッターホルン・ゴッタルド鉄道が所有する鉄道網における列車の遅延は、スイス全体の鉄道網での遅延の平均と同レベルだ。
 事故を起こした列車は、規定速度の時速35キロを上回る時速56キロで走行していた。テスト結果によると、事故現場では時速約52キロまでは車両が横転することはないと考えられる」

独自の調査

 マッターホルン・ゴッタルド鉄道は連邦政府の鉄道船舶事故調査委員会の調査とは別に、事故直後から独自に原因を究明する調査を開始した。種々のワークグループが設置され、最善化への可能性を査定して、それを継続的な改善プロセスの中で実現化していくという。 鉄道船舶事故調査委員会は同社に対し、特別な対策は要求していない。
 プレスリリースによると、マッターホルン・ゴッタルド鉄道は事故を起こした運転士に対して事故直後からサポート体制を取ってきた。
「企業内での別のポジションを数回にわたって約束し、本人もこの申し出を受け入れている。現在係争中の裁判の判決結果を問わず、元運転士は今後もわが社で運転業務以外の分野で勤務してもらう意向だ」

Accident du Glacier Express: le conducteur roulait trop vite – swissinfo
Matterhorn Gotthard Bahn – Home20.01.2011 Untersuchungsbericht zum Glacier Express-Unglück(PDF)
Glacier Express – Der Glacier Express – Ein Zug zum Verlieben – Mit dem langsamsten Schnellzug von Zermatt nach St. Moritz.