Archive for the ‘ 16中国-島根 ’ Category

島根・「浜山湧水」の水汲み場完成

産経ニュース
「浜山湧水」の水汲み場完成 島根・出雲

 ■蛇口はヤマタノオロチ

 環境省の「平成の名水100選」に選ばれた島根県出雲市の県立浜山自然公園(面積約92ヘクタール)一角にある「浜山湧水(ゆうすい)群」の水を自由にくめる活用施設が同市浜町の出雲伝承館入り口に完成、関係者ら約60人が出席して祝った。
 「浜山湧水群」の1日の湧出量は約100トン。鉄分がなく、pH(水素イオン指数)7・3~7・7の中性で、古くからしょうゆ、酒造りに活用され、今も砂子田地区の41世帯が簡易水道に利用している。
 同公園は約250年前、篤農家の井上恵助翁が砂丘地にクロマツの苗木約90万本を植林して防風・防砂林を築いた歴史がある。市が「便利な場所で名水をPRして浜山の歴史を学んでもらい、環境保全のシンボルにしよう」と、水源からの送水管(500メートル)や井戸、ヤマタノオロチの口に蛇口を備えた水くみ場、案内板などを約2800万円かけて整備した。
 完成式では長岡秀人市長らがテープカット。近くの園児代表3人らとボタンを押し、さっそく名水でのどを潤した。高松自治協会の板垣八郎監事らは「いい施設ができた。浜山の植林や清掃活動に一層、力を入れていく」と喜んでいた。

環境省選定 平成の名水百選
環境省選定 平成の名水百選/詳細ページ
出雲文化伝承館|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

産経ニュース
竹島へ本籍移す人、26人から69人に急増 島根知事「地道な努力、良いことだ」

 島根県の溝口善兵衛知事は3日の会見で、韓国が領有権を主張する竹島(島根県隠岐の島町)に本籍を移す日本人が増えていることについて、「問題の解決に向け地道な努力を続ける中で、それぞれの方がいろんなことをやるのは良いことだ」と理解を示した。
 隠岐の島町によると、同町に属する竹島に1月時点で69人が本籍を置いている。平成17年の政府答弁では26人だった。本籍移転は日本領有の主張を下支えするための行動とみられている。
 溝口知事は「大事なのは客観的な事実に基づいて両国で冷静に議論することだ」と強調。自身の本籍移転については「今は考えていないが、そういう考え方があることは頭に入れる」と述べた。

島根県 : Web竹島問題研究所 かえれ島と海

島根・美保神社、創建前から勾玉製作か

産経ニュース
美保神社、創建前から勾玉製作か 島根県教委と國學院大調査

 島根県教委と國學院大学(東京都)は28日、松江市美保関町の美保神社境内遺跡で、神社創建前の古墳時代中期(5世紀ごろ)に祭祀(さいし)用の勾玉(まがたま)作りが行われていたとみられると発表した。
 平成8年度の調査で遺跡からは土器約1万点と勾玉の原料となった碧玉(へきぎょく)497点が出土したが、使用方法が分からず、県教委と同大が共同で調査していた。
 これまでの調査から、同所で航海の安全を祈願する祭祀が行われていたらしい。建物遺構が確認されていないため、神社創建前から実施されていた可能性が高いという。
 勾玉は古代装身具の1つ。材料は、松江市玉湯町で採取された花仙山産碧玉で、出土した素材片を結合して母岩が復元できたことから、遺跡まで運び、製作したとみられる。
 同大の加藤里美講師(歴史学)は「地域を挙げての大がかりな祭祀が行われていた可能性がある。この地での神社の発生と、古代社会の祭祀や信仰を考える上で重要な発見」と指摘している。
 出土品は2~27日まで、出雲市の県立古代出雲歴史博物館で公開される。

美保神社
島根県立古代出雲歴史博物館

47News
巨匠、竹内栖鳳の幻の大作を確認 足立美術館が初公開へ

 近代日本画の巨匠、竹内栖鳳(1864~1942年)が描いたびょうぶで、これまで所在が分からなかった「雨霽(うせい)」が確認されたことが、24日までに分かった。制作した記録だけが残っていた“幻の大作”で、栖鳳の研究を進める上で貴重な作品といえそうだ。島根県安来市の足立美術館で3月1日から初公開される。
 びょうぶは、栖鳳の代表作の一つで東京国立近代美術館が所蔵する作品(07年)と同タイトル。六曲一双で、それぞれ縦171センチ、横366センチ。左隻は雨上がりに強風でうねる柳の幹をつかむトビの姿が、右隻にはセキレイが飛んでゆく姿が、それぞれ描かれている。瞬間的な情景を卓抜な筆致で描写している。
 足立美術館によると、同作品は一昨年末に東京の画廊から連絡を受けて購入。署名と落款、作風から真作と鑑定された。実業家渋沢栄一が友人の資産家宅(東京)の大広間を飾るために栖鳳に依頼したもので、栖鳳の年譜などと照合し、28年制作の「雨霽」と確認された。この資産家一族が所有し続け、展覧会などへの出品は一度もなかったという。
 同館の織奥かおり学芸員は「風に揺れる木々は栖鳳のお気に入りのモチーフだった。07年の『雨霽』から年代を経て、新たに描いてみようと思ったのではないか」と話している。

足立美術館:ADACHI MUSEUM OF ART
春季特別展 | 足立美術館:ADACHI MUSEUM OF ART

島根・「竹島の日」記念式に530人

中國新聞
「竹島の日」記念式に530人

 日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト=)をめぐって島根県が条例で定めた「竹島の日」の22日、記念式典が松江市の県民会館であり、約530人が参加した。
 6回目の今年は民主党国会議員が初めて出席。来賓あいさつで民主党の渡辺周国民運動委員長は「批判もある領土問題への(政府の)対応だが、毅然(きぜん)として日本国家として言うべき時は言う」と強調した。
 国会議員は民主党2人、自民党10人、国民新党1人の計13人。昨年の10人より3人増えて過去最多。溝口善兵衛知事は報道陣に「尖閣諸島や北方領土の問題で、国民の関心が高まっていることの反映だ」と述べた。
 式典後のパネル討論では、民主党と自民党の国会議員ら5人が「竹島教育」をテーマに議論を深めた。

島根県 : Web竹島問題研究所 かえれ島と海
Wikipedia : 竹島の日