Archive for the ‘ 13関東-埼玉 ’ Category

「C61」雄姿 廃車から38年ぶり

上毛新聞
「C61」雄姿 廃車から38年ぶり

 7月スタートの群馬デスティネーションキャンペーン(DC)に向けて、JR東日本が復元作業を進めていた蒸気機関車(SL)「C61」の試運転が5日、さいたま市大宮区の鉄道博物館で行われた。廃車から38年ぶりに白煙を上げて走行する雄姿に、詰め掛けた鉄道ファンらが歓声を上げた。点検整備を重ね、7月からの営業運転を予定しており、週末や繁忙期に上越線の高崎-水上、信越線の高崎-横川間を運行する。5月上旬には水上駅と高崎駅でそれぞれ展示公開する。
 東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が、同日デビューしたことを記念した企画。C61にはかつての特急「はやぶさ」のヘッドマークが装着された。
 はやぶさの下り初列車が午前8時40分すぎにJR大宮駅を発車したのに合わせ、汽笛を鳴らしてC61もJRの試運転線を走行。博物館の車両展示線に入って、前進と後退の動きを繰り返した。博物館を訪れた鉄道ファンは間近で車両を見学できるとあって、長蛇の列をつくり、C61を写真に収めていた。
 運転士を務めた同社高崎運輸区の後閑治人さん(50)は「走りは調子よく、安定していた。C61はDCの目玉の一つであり、盛り上げに一役買ってくれるはず」と声を弾ませた。同社大宮支社は「復元は順調に進んでいる。本線での走行に耐えられるようチェックしたい」としている。
 復元は昨年1月に始まり、ボイラー改修などを実施してきた。車両は1949年から東北線や常磐線などで活躍。現役引退後の74年から伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地で展示されていた。

わくわく 体験 新発見 – 群馬デスティネーションキャンペーン公式サイト
えきねっと(JR東日本)|プレ群馬デスティネーションキャンペーン:自然スポット、鉄道・SL(旅どきnet)
Wikipedia : 国鉄C61形蒸気機関車
鉄道博物館

東武バスが運賃検索サービス

産経ニュース
東武バスが運賃検索サービス

 千葉県北西部の柏、流山、野田市で路線バスを運行する東武バスイースト(柏市)など、東武バスグループの4社は、28日から、パソコンと携帯電話サイトからの運賃検索サービスを開始する。
 パソコンからは「東武バスOn-Line」、携帯電話からは「東武バスモバイル」にアクセスし、両サイト内の「バス運賃検索システム」に、希望の乗車停留所名と降車停留所名を入力すると、停留所間の距離とバス運賃が表示される。
 これまで東武バスの運賃、距離を知るには、各バス会社に電話やメールで問い合わせるか、市販の検索ソフトを使うしかなかった。手軽に運賃を知りたいという要望が高かったことから、停留所でバスを待ちながらでも運賃が分かる携帯電話からの検索を導入したという。

東武バスOn-Line

ユネスコ無形遺産、審査順決定

時事ドットコム
ユネスコ無形遺産、審査順決定=岐阜の本美濃紙から要求-文化庁

 文化庁は28日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)による審査が先送りされている無形文化遺産の候補11件について、岐阜県の本美濃紙から順に審査を求めると発表した。
 同庁は「分野などを基に機械的に並べただけで、価値の順を示すものではない」としている。ユネスコは態勢が不十分で全候補を審査できないとして、優先順位を付けるよう求めていた。今年11月、同庁が求めた順に数件が審査され登録されるが、残りの審査は来年以降となる見通し。
 審査順は(1)本美濃紙(岐阜)(2)秩父祭の屋台行事と神楽(埼玉)(3)高山祭の屋台行事(岐阜)(4)男鹿のナマハゲ(秋田)(5)壬生の花田植(広島)(6)佐陀神能(島根)(7)那智の田楽(和歌山)(8)綾子踊(香川)(9)諸鈍芝居(鹿児島)(10)多良間の豊年祭(沖縄)(11)建造物修理・木工-となる。

文化庁
本美濃紙 | 文化庁
秩父祭の屋台行事と神楽 文化遺産オンライン
高山祭の屋台行事 文化遺産オンライン
男鹿のなまはげ | 美の国あきた
広島県の文化財 – 壬生の花田植
御座替神事・佐陀神能 佐太神社公式ホームページ
那智の田楽 文化遺産オンライン
綾子踊 文化遺産オンライン
諸鈍芝居 文化遺産オンライン
多良間の豊年祭 文化遺産オンライン

東北新幹線が全線開業

日本経済新聞
東北新幹線が全線開業 新青森駅から1番列車出発

 東北新幹線が4日、全線開業した。新たに北の始発・終着駅となった新青森駅(青森市)からは午前6時31分、初の列車「はやて12号」が東京駅に向けて出発した。東京駅から新青森駅まで行く始発の「はやて11号」は、10時過ぎに新青森駅に到着する予定だ。
 東京―新青森駅間は674.9キロメートルあり、最短3時間20分で結ぶ。八戸駅で在来線特急に乗り換えていた時より約40分早く着ける。
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は新型車両E5系「はやぶさ」の投入と増速運転で、2013年春には3時間5分まで短縮する計画だ。15年度には北海道新幹線に接続し、新函館駅(仮称)まで延伸される。

YOMIURI ONLONE
東北新幹線が全線開業、初日からダイヤに乱れ

 東北新幹線は4日、八戸駅(青森県八戸市)から新青森駅(青森市)までの81・8キロが開通し、東京―新青森駅間(713・7キロ)の全線が開業した。
 これにより、本州最北の青森県から九州まで新幹線の主要路線がつながった。東京―新青森駅間の所要時間は最短で3時間20分と、東京から青森まで在来線を乗り継ぐのに比べて約40分短縮される。一方、福島県内での強風のために一時運転を見合わせるなど、開業初日からダイヤに乱れが生じた。
 東北新幹線の盛岡駅以北については、国が1972年に基本計画を決定した。旧国鉄時代の1982年に大宮―盛岡駅間が開業した後、2002年12月の盛岡―八戸間の部分開通を経て、整備新幹線としては初めての全線開業にこぎつけた。建設費は国と地元自治体が負担した。同じ整備新幹線としては、来年3月12日に九州新幹線鹿児島ルートが全線開業する。2015年度には、北海道新幹線のうち、建設が進んでいる新青森―新函館間が開業する予定だ。
 東京、新青森の両駅では一番列車を送り出すセレモニーが行われ、下りの「はやて11号」が午前6時28分に、上りの「はやて12号」が同6時31分にそれぞれ定刻通りに出発した。東京―新青森を結ぶ「はやて」は1日に15往復する。特急料金を含めた運賃は1万6370円(普通車指定席、通常期)。

YOMIURI ONLINE
東北新幹線、2012年度末には時速320キロ

 4日に全線が開業した東北新幹線は、これまで延伸などの節目にあわせて高速化されてきた。
 来年3月には新型車両「E5系」=愛称はやぶさ=が投入される。当初の最高速度は時速300キロだが、2012年度末には320キロに引き上げられ、1982年の東北新幹線開業時と比べて約1・5倍のスピードとなる。
 JR東日本によると、大宮―盛岡間で開業した際の東北新幹線の最高速度は210キロ。85年の上野―大宮駅間の開業に伴い240キロに引き上げられ、現在使われている車両「E2系」が導入された97年に、現行の275キロに達した。はやぶさの最高速度が320キロに引き上げられると、東京―新青森間を最短約3時間5分で結ぶ。以前は、八戸駅で特急に乗り換え、東京―青森間は約4時間。新幹線開業前の70年代は上野―青森駅間を約12時間かけて特急が結んでいた。

asahi.com
「かもしか」ラストラン 新幹線開業で消えゆく特急

 東北新幹線は4日、新青森駅まで延伸し、全線が開業する。待望の新幹線は、青森市内と東京都を乗り換えなしの3時間30分前後でつなぐ。開業を前に3日の街はお祝いムードに包まれるとともに、この日がラストランとなる列車を惜しむ鉄道ファンらの姿も目立った。
 午後3時45分。国鉄時代から走ってきた485系の車体の秋田行き特急「かもしか」が、鉄道ファンらに見送られながら青森駅を出発した。
 青森から秋田に向かう特急が「かもしか」の名で走るのはこの日が最後。時刻表から名は消え、4日からは秋田方面の奥羽線特急はすべて「つがる」の名に統一される。
 埼玉県桶川市の会社員亀田就さん(39)は有給休暇をとって青森へ来た。「青森が好きで、『かもしか』も何度も乗った。古くて味のあるこの車両に乗れなくなることが残念」と、白地に赤と青のラインを施した車体に乗って寂しげ。青森発の最後のかもしかに乗って、「弘前駅までの30分を楽しみます」と話した。
 新幹線開業で県内の鉄道事情は様変わりする。
 八戸―青森間の東北線は第三セクター「青い森鉄道」となり、同線をこれまで走っていた特急「つがる」や「スーパー白鳥」「白鳥」はすべて青森または新青森駅の発着に変わる。
 また、奥羽線では「かもしか」がなくなるほか、新潟行きの「いなほ」も県内で見られなくなる。4日以降、新潟へ向かうには秋田駅で乗り換える必要がある。
 八戸駅での特急列車と新幹線の乗り継ぎも、この日が最後の風景になった。
 2002年の八戸開業以来、青森方面からの乗客は八戸駅まで在来線で向かって新幹線に乗り換える必要があった。在来線が遅れると、目的の「はやて」に乗り継ぐことができず、八戸駅で次の新幹線を待たねばならないこともあった。
 スーパー白鳥30号に乗って午後6時40分に八戸駅に到着した東京都渋谷区の主婦中島敏子さん(68)は午後6時57分のはやて30号で自宅のある東京に向かった。
 十和田市の実家には90歳と86歳の両親が2人だけで暮らしており、20年ほど前から東京と十和田市を行き来しているという。最近は介護のためにほとんどを実家で過ごし、月2回ほど東京へ帰る生活。スーパー白鳥は乗り慣れた列車だった。
 4日以降は自宅に近い七戸十和田駅から新幹線に乗るという。中島さんは「便利になります」と笑顔で話した。
 青森の玄関口も、八戸に向かう特急の始発駅だった青森駅から、東京行きのはやてが直接乗り入れる新青森駅に移る。
 新青森駅の飲食店など19店舗が入る「あおもり旬味館」で郷土料理店のマネジャーを務める花田栄介さん(29)は「玄関口である新青森駅で観光客をもてなしたい」と、3日は最後の準備に追われていた。
 一方、青森駅のホームにある立ち食いそば屋で働く相馬三枝子さん(52)は「毎日、当たり前のように見ていた列車が見られなくなるし、出発直前までそばをかき込むお客さんの姿を見られなくなることが一番寂しい」と複雑な表情を見せた。

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
東北新幹線・北海道新幹線 – 青森県庁ホームページ
JR東日本:駅情報検索(東北新幹線の駅)
JR東日本:駅の時刻表
えきから時刻表 路線沿線(駅名)

・2010.12.4 東京駅発新青森行き1番列車「はやて11号」
YouTube Preview Image
・【JR東】東北新幹線全線開業!! はやて・こまち33号新青森行き発車!
YouTube Preview Image
・新幹線E2系『はやて』新青森駅到着・出発シーン 〜おまけ有り〜
YouTube Preview Image
・特急つがる、野辺地駅へ
YouTube Preview Image

毎日jp
御料車企画展:鉄道博物館で開幕 4000人が訪れる

 皇室専用列車の調度品や織物などを集めた特別企画展「御料車~知られざる美術品~」(毎日新聞社特別協賛)が9日、さいたま市の鉄道博物館で開幕、幅広い世代の約4000人が訪れた。車内での天皇の居室「御座所」を原寸大で再現したコーナーや、華やかな刺しゅうを施された椅子やついたてなど約130点が、来年1月16日まで3期に分けて展示される。
 夫婦で訪れた同市の勝屋敦さん(56)は「斬新な図柄が多く、日本工芸の技術の高さを感じた」と感心しきり。子どもたちと鑑賞していた埼玉県川越市の山下智也さん(36)は「本当にきれい。手の込んだ調度品ばかりで驚いた」と話した。

鉄道博物館 – THE RAILWAY MUSEUM –Wikipedia : 御料車
Wikipedia : 皇室用客車

・皇族乗車の御料車公開 さいたま
YouTube Preview Image