Archive for the ‘ ルーマニア ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

Pouch
予言が的中しなかったら逮捕!? 「魔女」を名乗るにも許可が必要に

 今年1月1日から新しい労働法が施行されたルーマニア。この法律の下では「魔女」や「占星術師」、「占い師」などにも自営業者と同様の16%の所得税が課されることになったため、現役の魔女たちは激怒。でも別の言い方をすれば、魔女や占い師は職業として認められるようになったということなのです。
 この背景には、財政難に苦しむルーマニア政府の脱税対策の一環という現実があります。ところで我々日本人の感覚からすると、魔女って今の時代にもいるの!? と思ってしまいそうですが、ルーマニアには魔術の文化がかなり古くから根付いており、魔女を名乗る人たちも少なくないのだと言います。
 そんな怒れるルーマニアの魔女たちに追い討ちをかけるような出来事が発生した、と8日付けの英「テレグラフ」電子版が伝えています。
 魔女と名乗るためには役所に「魔女」として登録後、営業許可を得てはじめて正式に魔女として認められるほか、予言が的中しなかった場合には罰金が科されて、場合によっては逮捕されてしまう可能性もあるのだとか。
 この法律が可決されれば、魔女はクライアントに対して領収書を渡さなくてはいけなくなるほか、学校や教会近くでの営業は禁止になる可能性があるとのこと。これでは魔女の失業率が高くなってしまいそうではありませんか!
 先月の労働法が施行されたときには、魔術の儀式で使われてきた幻覚作用を引き起こす成分をもつマンドレークという植物をドナウ川に投げ込み、政府を呪ったといいます。このほかにも、猫の排泄物や犬の死骸を使って呪いをかけたのだとか。
 せっかくメディアにも取り上げられるこの機会にこそ、もっと賢い方法で魔術を使うべきでは……と思ってしまうのは私だけ? これからはお金を稼ぐにも、何かを呪うにも、もっと斬新なアイディアが必要になってくるはずですよ、魔女のみなさん! はたして、法律が可決されたときにどんな「呪い」を披露してくれるのか、期待したいところです。

Witches to get permit – Telegraph

AFPBB
「買う前に考えて」、ゴミのアート展で消費主義に警鐘 ルーマニア

 消費主義が環境に与える影響に警鐘を鳴らそうと、ルーマニアの首都ブカレスト(Bucharest)にある巨大ショッピングモールで、全てゴミでできたアートの展覧会が開かれている。
 主催するのは、持続可能な発展を提唱する地元の運動グループ。代表のイリー・ブリー(Ilie Brie)氏は、「ショッピングモール内で目にするものは小さなものから大きなものまで、あるいは手の届きにくいものから手軽なものまで、何もかも最後はゴミになるということを、訪れる人々に比喩的に伝えているんだ」と説明する。
 「私たちの態度や買いたいという願望の1つ1つがゴミを生んでおり、それを処理する方法を誰かが見つけなくてはならないのだ、ということを思い出してほしい」
 展示は、廃棄されたTVセットやコンピューター、電球やビニール袋などを素材に、ゴミ収集からリサイクルまでの過程を表現している。ビールの空き缶や瓶の栓などからできた彫刻や家具も並ぶ。また、ピクニック客などが置いていったゴミがあふれる森や浜辺を再現した展示もある。
 ルーマニアでは環境保護は後手に回っている。9月には環境省と複数のNGOが「全国そうじの日」を設け、ボランティアが各地の野原や森、河川などを清掃した結果、大きなゴミ袋55万個分ものゴミが収集された。

‘Rubbish’ exhibition highlights waste: News24: Sci-Tech: News