Archive for the ‘ カタール ’ Category

レコードチャイナ
ホテル宿泊価格の国際ランキング、香港が7位に浮上―英HRG調査

 2011年4月11日、中国新聞網によると、英ホッグ・ロビンソン・グループ(HRG)が同日に発表した2010年度の調査データから、香港のホテル宿泊料相場が前年比12%上昇し、世界で最も宿泊料の高い都市トップ10入りしたことが分かった。
 ランキングでは、2009年調査で上位に入っていたアブダビ(UAE)やマナマ(バーレーン)、コペンハーゲン(デンマーク)、アテネ(ギリシャ)、ミラノ(イタリア)が上位10から落選、代わってチューリヒ(スイス)や香港、ストックホルム(スウェーデン)、ドーハ(カタール)、リヤド(サウジアラビア)がトップ10入りした。2010年は過半数の地域でホテル宿泊料が上昇したが、特にアフリカとアジア太平洋地域での価格上昇が目立ち、世界的金融危機以前の水準を取り戻しているという。
 世界で最もホテル宿泊料金が高かったのはモスクワで、今回で6年連続の首位。中国は万博開催の影響もあり、上海市が2%上昇し40位。北京市は、08年の五輪終了後、客室供給過多となった影響が現在も残っており、09年と比べて10%下降、60位と順位を下げた。

Corporate Travel Services – Business Travel Management | HRG

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

47News
本田氏のイスラム書道が落札 ドーハ、420万円で

 イスラム書道の国際的書家として知られる本田孝一・大東文化大教授(64)が制作した書道作品が16日夜、カタールの首都ドーハで競売にかけられ、主催した競売大手サザビーズによると、5万ドル(約420万円)で落札された。サザビーズの競売で日本人のイスラム書道作品が落札されたのは異例。
 サザビーズや本田氏によると、落札されたのは緑色の背景にイスラム教の聖典コーランの句を円形に書いた「緑の宇宙」という作品で2009年に制作。競売では、現代イスラム書道を中心に24カ国から約150点が出品された。イスラム書道中心の競売が実施されるのも珍しいという。

Wikipedia : 本田孝一
アラビア書道の世界 | 日本アラビア書道協会編

CNN.co.jp
カタールで現代美術館オープンへ、中東のタブーに挑戦

 カタールの首都ドーハに「マトハフ・アラブ現代美術館」が今月オープンする。裸体を描いた作品や急進的な作品など、中東でこれまでタブー視されてきた芸術作品も展示する。
 現代美術館は1800年代後半から20世紀半ばまでの芸術作品6000点を収蔵する。作品は同国の芸術パトロン、アルサーニ氏が20年以上かけて収集した。建物はフランスの建築家ジャンフランソワ・ボダン氏が学校だった施設を美術館に改築した。
 展示作品には裸体を描いた作品や政治的意味合いを含んだ作品も含まれるが、検閲の対象にはしないという。同美術館の役割は文化的許容範囲を広げて中東の芸術の発展に寄与することにあると主任学芸員は話し、物議を醸す作品を展示して批判の的になることも厭わない姿勢。
 開設展では現代芸術家約100人の絵画と彫刻を展示し、来場者に広くアラブの現代アートに親しんでもらいたい考えだ。
 ドーハでは2年前にイスラム美術館がオープン。アラブ首長国連邦の首都アブダビでは米ニューヨークのグッゲンハイム美術館やフランスのルーブル美術館の分館が建設されるなど、中東では芸術熱が高まっている。

Nudity courts controversy in Qatar’s new museum – CNN.com
Qatar to Open a Pathbreaking Museum of Modern Arab Art – ARTINFO.com
mathaf.org.qa
Jean-Francois Bodin

・Mathaf hosts talk in Beirut ‘Lost’ Canons of Modern Arab Art part 1
YouTube Preview Image
・Mathaf hosts talk in Beirut ‘Lost’ Canons of Modern Arab Art part 2
YouTube Preview Image

時事ドットコム
早過ぎた挑戦、壁破れず=日本、悲願は次代に-W杯サッカー

 2018年大会がロシアに決まり、その余韻を残した中で迎えた22年大会の発表。国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が封筒から引き出した紙に書かれていたのはアジアのカタール。日本の挑戦は届かず、歓喜に沸く中東国の脇で落胆にくれた。
 FIFAがW杯の大陸間持ち回り制を撤廃し、アジア開催のチャンスも生まれた中での立候補。大義名分を持たず、02年からの開催間隔も短く、日本にとっては当初から逆風の中の挑戦だった。
 前日の招致演説では独自性をアピールし、「次世代のW杯」を呼び掛けた。日本サッカー協会の小倉純二会長が「われわれの言いたいことは伝えられた」と胸を張れる好内容だった。しかし、甘くはなかった。「日本も韓国も02年にやったばかり。そこの壁を破れなかった」と小倉会長。
 02年大会は日本がいち早く招致に名乗りをあげながら、FIFA内部の政争に巻き込まれる形で、後を追った韓国との共催を受け入れるに至った。それでも大きな意義はあったが、単独開催こそが真の夢だった。
 現在のFIFAの規定では、日本が次に再挑戦できるのは早くても34年大会。03年に当時の川淵三郎日本協会会長(現名誉会長)は「50年までに日本でもう一度W杯を」と目標を掲げた。今回の戦いは決して無駄にならないはずだ。

時事ドットコム
低評価も、大きかった「中東初」=カタール-22年W杯サッカー

 大会期間中の夏の暑さが厳しいカタールは、太陽光発電によるスタジアムの冷却装置という世界初のアイデアで勝負した。既に稼働しているスタジアムがあるにもかかわらず、FIFA視察団には懸念され、報告書では評価が低かった。そうだとすれば、やはり「中東初」という開催の意義が大きく、開催決定を後押ししたといえる。
 もう一つの柱は「コンパクト」なW杯。国土面積は秋田県より狭く、すべてのスタジアムが地下鉄で行ける距離にある。4年に1度のW杯では開催都市間の移動が観客にとって楽しみの一つでもあるという側面はあるにしろ、ほぼ1カ所に滞在できることは選手にとっては利点だろう。
 カタールは評価報告書で他国に比べ極端に多くの開催リスクを指摘されていながら、理事の投票で選ばれた。アジア予選を勝ち抜いてW杯に出場したこともなく、12年後の開催までに乗り越えなくてはならないことが多い。

時事ドットコム
ロシア、旧共産圏初の意義大きく=18年W杯サッカー

 ロシアは旧共産圏で初のW杯開催という意義が大きかった。世界最大の国土に600万人超とされるサッカー人口を持つ大国は、2014年にはソチ冬季五輪も開催する。大規模な国際スポーツ大会を契機として、新たなマーケットを開拓できるという魅力がある。
 開催候補都市は国土の西側が大半とはいえ、国内に時差があるほど広大だ。高速鉄道がわずか6候補都市しかつないでいないため、長距離移動を航空機に頼らざるを得ない。そのリスクが懸念されている。また、13のスタジアムを新設し、38億ドル(約3190億円)もの巨額を政府が投じる。いずれも大会を成功させるために大国の威信を懸けて取り組むだろう。
 ソ連崩壊後はW杯本大会での1次リーグ突破は一度もなく、最近2大会は欧州予選で敗退。名将ヒディンク監督に率いられた08年欧州選手権でベスト4入りし、一躍脚光を浴びる存在になった。

FIFA.com – Russia and Qatar awarded 2018 and 2022 FIFA World Cups