Archive for the ‘ フィリピン ’ Category

産経ニュース
比中部でM5・7 マニラでも揺れ、被害なし

 フィリピン中部の西ミンドロ州にあるルバング島で、21日午後6時37分(日本時間同7時37分)ごろ、マグニチュード(M)5・7の地震があった。フィリピン火山地震研究所によると、津波の心配はない。マニラ首都圏でも揺れがあったが、人的な被害は現時点で確認されていない。
 同研究所によると、震源地はルバング島北東部で、震源の深さは約74キロ。

Philippine Institute of Volcanology and Seismology

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

ロイター
フィリピン初のメード喫茶オープン、コスプレ人気拡大

 日本ではもはや定着しつつあるメード喫茶だが、フィリピンの首都マニラでも、同国初となるメードカフェが最近オープンして話題となっている。
 「メードールズ」というこのカフェでは、日本のメード喫茶同様、エプロンドレス姿でメードの格好をしたウエートレスが「ご主人様」である客にうやうやしく給仕する。時には、歌やダンスも披露する。
 コスプレや日本のアニメは知らないという客の1人も「ウエートレスはみんな礼儀正しく、かわいくて話しやすい」と語る。
 トラブルを避けるため、客はウエートレスに個人的な質問をしたりしてはいけないというルールもある。
 同店のオーナー、Reia Ayunanさんは「ここは、仕事や勉強で忙しい1日の終わりに癒やされたいと思う場所」だと語り、メードカフェのコンセプトは元来、情熱的でもてなしの精神あふれるフィリピン人にぴったりだという。
 近年、フィリピンではアニメのコスプレ人気が高まり、全国で1万人ほどの「コスプレーヤー」が大会などに参加している。同カフェは、こういった人たちを取り込みたいと考えている。

Customers pampered at Manila’s first maid cafe | Reuters
MeiDolls Cafe

・Otakultura @ JCrunch 2010: Maids of Meidolls Cafe
YouTube Preview Image

CNN.co.jp
レディー・ガガで「安全ダンス」 比航空会社

 フィリピンのセブ・パシフィック航空が、米人気歌手レディー・ガガのヒット曲「ジャスト・ダンス」に合わせてシートベルトや酸素マスクの使い方を案内する「機内安全ダンス」を取り入れて話題になっている。
客室乗務員が踊る安全ダンスのデモは、マニラ発ブトゥアン行きの国内便の機内で導入され、乗客から絶賛された。その映像が動画共有サイトのユーチューブで紹介され、瞬く間に評判になった。
セブ航空の宣伝担当者は「安全デモのダンスは私たちの楽しい文化と持ち前の才能を披露する演出の1つ。世界から賞賛の声が寄せられたため、さらに多くの便に導入を計画している」と話す。
ダンスの前にはまじめな安全デモも行っているといい、「安全をないがしろにはしておらず、最優先であることに変わりはない。ただ、楽しみ方も心得ているだけ」と担当者は話している。

Airline’s Lady Gaga ‘safety dance’ goes viral – CNN.com
Cebu Pacific Air – It’s time everyone flies
Lady Gaga : Official Site

・Cebu Pacific FAs dancing
YouTube Preview Image

asahi.com
アジア版レッドデータ構築へ 環境省、数千種ウェブ掲載

 環境省は、絶滅の恐れがある動植物の情報を集めた「レッドデータブック」のアジア版づくりに乗り出す。アジア14カ国の国際プロジェクトでウェブ上で公開する。各国の税関職員らに対して生物種の判別方法の研修も推進。情報収集と人材育成の両面を強化し、アジア地域の違法な動植物取引に歯止めをかけるのが狙いだ。名古屋市で今月開く生物多様性条約第10回締約国会議(国連地球生きもの会議)で計画を発表する。
 日本は、自国内の絶滅危惧(きぐ)種についてレッドデータブックの整備を進めてきた実績があり、そのノウハウを計画に生かす。
 アジアのウェブ版レッドデータブックには、数千種の動植物が掲載される見通しだ。国際自然保護連合(IUCN)がまとめた世界の絶滅危惧種リストでは知ることのできない、アジア各国の詳しい生物データを盛り込む。情報は英文でまとめ、各国が生物保護の政策づくりにすぐに役立てられるようにする。
 絶滅の恐れがある動植物の国ごとの詳細な分布や個体数、法規制や保護の状況について、踏み込んだ記述をする方針だ。まずトラやアジアゾウ、オランウータンなどを含む哺乳(ほにゅう)類と希少植物について、来春にもウェブ公開を始める。
 環境省は、ウェブ版に参加する各国の研究者や政府機関から幅広く情報を集めるのに加え、日本から各国へ調査員を派遣し、収録データの充実をはかる。
 今回の国際プロジェクトには日中韓のほか、タイ、フィリピン、ミャンマー(ビルマ)、マレーシア、インドネシアなどが参加。日本はウェブサイトづくりや研修など一連の事業に、年間約1億円を資金援助する方針だ。
 違法取引の監視にあたる税関職員が動植物の種類を判別する能力を高める必要があるとして、マレーシアやベトナムで税関職員らを対象にした研修会を開催。さらに、マレーシアやインドネシアでは、若手研究者向けに、サンゴや植物の分類手法についての研修会も開く。
 環境省は「アジア地域には、生物多様性が豊かな一方で、自国内の生物について情報の収集や研究が進んでいない国々が多い。一連の事業で情報の蓄積と人材の育成をすすめることで、アジアの生物多様性についての正確な評価につなげたい」としている。

Wikipedia : レッドデータブック
日本のレッドデータ検索システム
COP10支援実行委員会 公式ウェブサイト:トップページ
IUCN – Home
IUCN日本委員会