Archive for the ‘ ペルー ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

AFPBB News
マチュピチュ遺跡、入場制限の可能性を示唆 ユネスコ

 ユネスコ(UNESCO)のイリナ・ボコバ(Irina Bokova)事務局長は21日、ペルーの世界遺産「マチュピチュ(Machu Picchu)遺跡」について、遺跡保護のため、観光客の入場制限を行う必要があるとの見解を示した。
 ペルーを訪問してアラン・ガルシア(Alan Garcia)大統領と会談したボコバ氏は記者団に、「マチュピチュは観光地として成功を収め、(観光客の)関心が極めて高い。だが自らその成功の犠牲になっている。ユネスコもペルー国民も、マチュピチュを保護することに関心がある」と述べた。
 さらに、気候変動という「危険な」要因もマチュピチュをむしばんでいるとし、マチュピチュ遺跡の保護に向けた計画を策定する意向を示した。計画の発表時期については明らかにしなかった。
 マチュピチュ遺跡については、付近の森林が伐採されたことによる地滑りの危険性も指摘されている。

マチュピチュの魅力|ペルーにある世界遺産
Reserve su tour a Machu Picchu Machupicchu Agencia de Viajes y Turismo Paquetes a Peru de 1 a 15 dias Traslados Hotel Tren Guía Bus Avión Camino Inca Trail to Machu-picchu para realizar los tours: Camino Inka Machupicchu Cusco Perú Machu-picchu Cuzco Perú : Machu Picchu – Machupicchu Agencia de Viajes y Turismo Paquetes a Peru de 1 a 30 dias Traslados Hotel Tren Guía Bus Avión Camino Inca Trail to Machu-picchu para realizar los tours: Camino Inka a Machupicchu Cusco Perú Machu-picchu Cuzco Perú
Wikipedia : マチュ・ピチュ

CNN.co.jp
ブラジル少数部族の写真公開 違法伐採の阻止訴え

 先住民族を支援する国際NGO(非政府組織)サバイバル・インターナショナルはこのほど、外部との接触がないブラジルの少数部族の写真を公開した。この部族は、アマゾン熱帯雨林の違法伐採の影響でペルーから逃げ込んでくる部族との衝突に巻き込まれる恐れがあるという。
 公開された航空写真のうち1枚では、顔を赤く塗るなどした部族メンバー5人が小屋の前に立って空を見上げている。弓を持つ男やなたを手にした若者の姿が見える。近くにはバナナやパパイヤ、キャッサバなどの食料が置かれている。写真はブラジルの国立先住民基金が撮影し、同組織に提供したという。
 同組織のスティーブン・コリー氏は声明文で、ペルー政府が違法伐採を阻止する措置を急がなければ、部族メンバーはその手から将来を取り上げられてしまうと主張。「これは可能性の問題ではなく、過去5世紀の間果てしなく繰り返されてきた歴史的な事実だ」と述べた。同氏らによれば、複数のNGOが違法伐採の取り締まりを訴えているにもかかわらず、ペルー政府はほとんど対策を取っていない。

Group releases photos of uncontacted tribe to raise awareness – CNN.com
Survival International – The movement for tribal peoples
Astonishing new photos of uncontacted tribe

AFPBB News
新種のイカの化石をペルーで発見、長い殻が特徴

 ペルー北東部の高地ジャングルで、8500万年前の白亜紀に生息していた新種のイカの化石が見つかった。同国北部チクラーヨ(Chiclayo)の古生物博物館の館長が20日、AFPの取材に明らかにした。
 館長によると、化石は今月6日、マラニョン川(Maranon River)流域の海抜4100メートルの地点でペルーの古生物学者チームが発見した。絶滅した頭足類の一種で、長くまっすぐ伸びた殻が特徴。体長32センチ、断面の直径5センチで、下部に珍しい斜めの輪がある。

France24 – Pérou: découverte d’un calamar fossilisé de 85 millions d’années

時事ドットコム
ナスカで新たな地上絵発見=人間の頭部と動物か-山形大グループ

 山形大人文学部の坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)らのグループは18日までに、ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるナスカ台地で、新たに地上絵二つを発見したとペルー文化庁に報告し、発表した。人間の頭部と何らかの動物の形を表現した絵で、どちらも台地に広がる黒い石を取り除いて描かれているという。
 グループは2004年から衛星写真などを使った調査を始め、06年にも100ほどの地上絵を発見したと発表している。新たな地上絵二つは、台地北部から約10キロ南に当たるナスカ川の北岸付近で見つかった。
 頭部の絵は横約4.2メートル、縦約3.1メートルで、両目、口、右耳の形が確認された。同様の地上絵は、台地北部での報告はあったが、南部で見つかったのは初めてで、一部が直線の地上絵に上書きされており、紀元前200~紀元後600年ごろのナスカ期の中でも古い時代に描かれた可能性があるという。
 一方、動物とみられる絵は横約2.7メートル、縦約6.9メートル。幾何学模様などでないことから生物と推測されるが、種類などは特定できていない。

Descubren dos nuevos geoglifos en el desierto peruano de Nazca
Wikipedia : ナスカの地上絵
山形大学 人文学部
坂井 正人 | 山形大学研究者情報