Archive for the ‘ 14中部-新潟 ’ Category

新潟・横越バイパスが暫定供用開始

産経ニュース
横越バイパスが暫定供用開始 新潟

 新潟市が建設している新潟大外環状線「横越バイパス」(江南区)のうち、大阿賀橋~新潟港横越線(通称・赤道)間の約1・6キロが23日午後1時から、暫定的に供用を開始した。
 横越バイパスは平成16年度に事業着手。大阿賀橋から国道49号横雲バイパスにつなげる全長約3・2キロ。新潟東港と同市西蒲区を結ぶ新潟大外環状線(新潟中央環状道路)の一部となり、地域間ネットワークの強化が期待されている。今回は4車線、両側歩道の計画に対し、2車線、片側歩道で暫定開通した。
 残る新潟港横越線~国道49号横雲バイパス間は用地買収のための測量を行っており、平成20年代後半の完成を目指す。

新潟市 – 東部地域土木事務所 – 道路開通情報(主要地方道新潟大外環状線 横越バイパス)

産経ニュース
唐三彩のおもちゃ破片出土 国内初、新潟・山口遺跡

 新潟県埋蔵文化財調査事業団は9日、同県阿賀野市の山口遺跡から、弦楽器とつぼを模した中国・唐時代の陶器「唐三彩」のおもちゃの破片2個が出土したと発表した。同事業団によると、これまで18府県の71遺跡で陶枕や杯など生活用品の出土例はあるが、おもちゃの出土は国内初という。
 弦楽器のおもちゃの破片は9世紀前半(平安時代前期)の穴から見つかり、縦2.5センチ、横3.5センチ。弦を張ったようにみせた刻み模様が7カ所あり、全長は15センチ程度と推定される。もう一つは遺跡内の別の場所から出土。縦0.9センチ、横1.3センチで、つぼの口縁部か装飾部分のものという。
 京都橘大の巽淳一郎教授は「唐三彩のおもちゃは晩唐の中国で一般に流通していたが、貿易の商品として日本にもたらされたとは考えづらく、遣唐使が土産として持ち帰った可能性などが考えられる」と指摘している。

財団法人 新潟県埋蔵文化財調査事業団
Wikipedia : 唐三彩

源泉かけ流し徹底の9温泉が協会設立へ

産経ニュース
源泉かけ流し徹底の9温泉が協会設立へ 十津川温泉など

 加温や加水などをせず「源泉かけ流し」を徹底している全国9カ所の温泉地が集まり、新組織「日本源泉かけ流し協会」を4月、立ち上げる。7日に都内で準備委員会を開いて正式決定し、泉質にこだわり、温泉本来の魅力をアピールしていくとしている。
 参加するのは全施設が源泉かけ流しで、温泉教授として知られる札幌国際大の松田忠徳教授が提唱する「源泉かけ流し宣言」を行う温泉地。湯量減などで源泉を循環ろ過させる施設が多くなっている中で、希少な温泉地の集まりといえそうだ。
 平成16年に全国初の「宣言」を行った奈良県の十津川温泉をはじめ、川湯・摩周(北海道)▽ぬかびら(同)▽高湯(福島)▽奥塩原(栃木)▽関(新潟)▽ 野沢(長野)▽宝泉寺(大分)▽長湯(同)-というラインアップで、温泉ファンに人気の温泉地が並ぶ。産経新聞の取材に対して、松田教授は「今後、条件に合致する他の温泉地にも呼びかけ20カ所くらいの規模にしたい」と話した。
 毎年、メンバーの温泉地に集まり、サミットを行う計画で、6月には大分・長湯温泉で開催する。ホームページも立ち上げ、魅力を訴えていくほか、メンバーの勉強会も行う。将来的には旅行商品の開発など相互誘客のシステム作りに発展させたいという。
 同種の団体では、全国約200軒でつくる「日本秘湯を守る会」が知られており、協会に参加する温泉地の施設で、同会に加盟している旅館も多い。
 松田教授は「秘湯の会はいい秘湯宿によるネットワークだが、協会は地域再生のキーワードの一つとして、本物、健康志向の温泉を生かすネットワークにしていきたい」としている。
 また、松田教授は「アジアからの訪日観光客の最大の目的は温泉。しかし、タイに200カ所、台湾に100カ所以上、中国には無数の温泉があるとされている。彼らと競争になる前に、接客や料理を含めた日本固有の温泉文化を磨き直し、他の追随を許さないレベルに高める必要がある」とも話している。

【十津川村観光協会】 ホームページへようこそ
弟子屈なび_川湯温泉
摩周温泉
ぬかびら源泉郷旅館組合
福島県・高湯温泉
小さな温泉宿場 奥塩原新湯温泉/栃木県那須塩原市塩原温泉郷/
北信州野沢温泉 観光協会オフィシャルウェブサイト
大分県九重町・宝泉寺温泉郷【宝泉寺温泉・壁湯温泉・川底温泉】
長湯温泉.com
Wikipedia : 掛け流し

産経ニュース
佐渡の佐和田・真野温泉、アンケートで満足度最高 新潟

 「満足度」が最高の温泉地は佐渡市の佐和田・真野地域-。観光・温泉地に関するこんな評価が、県の宿泊観光客への大規模アンケートで分かった。県全体の温泉地に対して「満足」と回答した割合は8割を超えており、県は「宿泊観光客の声を活かしながら、市町村や温泉地と連携し、満足してもらえる観光地作りに取り組んで行く」としている。
 調査は平成21年10月から約1年間、季節ごとに計4回実施。県内の観光・温泉地を訪れた県内外の約2万1千人から回答を得た。
 2番目に満足度が高かったのは十日町市の松之山温泉。阿賀野市の五頭温泉郷、長岡市の蓬平温泉、田上町の湯田上温泉と続いた。一方、満足度が高い半面、観光客のリピーター率は5割を下回っており、課題が浮き彫りになった。

佐渡観光協会(Sado Tourism Association)
まつのやま.COM – 松之山・浦田地域ポータルサイト
新潟県 五頭温泉郷旅館協同組合 公式ページ ごずおんせんごう 出湯温泉 今板温泉 村杉温泉
蓬平温泉.jp 新潟県長岡市蓬平(よもぎひら)温泉 – 公式サイト
ゆごや会-湯田上温泉 若女将の観光案内

産経ニュース
新潟の日本酒を売り込み ロンドンでセミナー

 酒どころ新潟の日本酒を英国など欧州に売り込もうと、新潟県酒造組合が2日、ロンドンのワイン専門家育成機関で日本酒の製法や特徴を紹介するセミナーを開いた。
 セミナーには英国のワイン評論家やソムリエ、輸入業者ら約40人が参加。同組合の斎藤吉平会長は「新潟の酒はフルーティーな香りですっきりとしていて飲み飽きず、どの国の食べ物にも合う」とPRした。
 同県内の四つの蔵元も参加し、計8銘柄を提供。試飲した出席者は「日本酒の風味はどう表現したらいいのか」「どれぐらいの温度で飲むのが一番おいしいのか」などと質問していた。
 セミナーは日本の中小企業庁による海外展開支援事業の一環で、同組合は今後、欧州での販路開拓を目指す。

新潟淡麗倶楽部(新潟県酒造組合):新潟の日本酒に関するポータルサイト
中小企業庁:平成22年度中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)の2次公募に係る採択結果について