Archive for the ‘ ネパール ’ Category

AFPBB News
ネパール、政府職員15人がエベレスト登頂に挑戦

 ネパールで、普段は事務作業に従事している政府職員たちが、デスクを離れて世界最高峰エベレスト(Mount Everest、標高8848メートル)登頂に挑戦する。登頂計画の主催者が22日、発表した。政府内でエベレストの現状に対する理解を深めるための試みだという。
 登山ハイシーズンの5月にエベレスト登頂に挑むのは観光省、教育省、外務省などの職員15人で、年齢は27歳から54歳まで。登頂関連費3000万ルピー(約3500万円)は、ネパール政府が負担する。
 観光省の報道官で登頂メンバーの1人、ラックスマン・バッタライ(Laxman Bhattarai)氏は、「政府職員がデスクでの職務を離れてこのような難しい任務にあたるのは初めてのことだ」と報道陣らに語り、参加職員たちは、気候変動や大規模な観光業がエベレストの環境にもたらした影響を理解するだろうと期待を語った。

■現場を知って政策策定にいかす

 バッタライ氏によると、山岳業務に従事する政府職員たちは、実際には全く登山経験がなく、このことが山岳関連政策の策定などの妨げとなっていると説明した。
 登頂メンバー15人は、75日間の登頂ミッションに向けて4月初めに首都カトマンズ(Kathmandu)を出発する。
 1953年にエドモンド・ヒラリー(Edmund Hillary)卿とシェルパのテンジン・ノルゲイ(Tenzing Norgay)氏が初めてエベレスト登頂に成功して以来、これまで3000人前後がエベレスト山頂を征服している。

Civil servants to scale Mt Everest this spring | MYREPUBLICA.com – News in Nepal: Fast, Full & Factual

CNN.co.jp
エベレストで3Gネットワークの利用が可能に

 世界最高峰エベレスト(8848メートル)のふもとに10月28日、世界最高地の第3世代携帯電話(3G)基地局が誕生した。
ネパールの携帯電話・インターネット事業者Ncellのアイガース最高技術責任者(CTO)によると、同社は標高5200メートルにある村の近くに3G基地局を設置した。
アイガース氏は、3Gサービスの速度は3.6メガバイト/秒程度だが、需要があれば最大7.2メガバイト/秒まで上げられるとしている。また同時にサービスを利用できるのは最大50人だが、これも需要があれば増大可能だという。
この日稼働を開始した基地局は計9カ所。最も低いものでも空港のある標高2870メートルの地点に位置する。このうち4カ所は太陽光を動力源とし、バックアップ用のバッテリーで最大3日間稼働することができるという。
サービスの対象は主に、ヒマラヤ地域を訪れる年間約3万人の観光客だ。エベレストの登頂を目指す登山家は毎年数百人にのぼると言われる。
Ncellでは、エベレスト山頂でサービスを利用できるかどうかはまだ試していないが、アイガース氏は理論的に可能だと述べている。
Ncellを傘下に置くスウェーデン拠点の携帯事業者Teliasoneraは、欧州の鉱山に海抜マイナス1400メートルという世界で最も低地にある3G基地局も有しているという。

Mount Everest gets 3G mobile network – CNN.com
Ncell
TeliaSonera