昨年に世界中で猛威を奮った新型インフルエンザは世界的大流行の終結宣言がWHOから出されたばかりだが、異なる種の細菌を行き来できるNDM-1という遺伝子を持った「スーパー細菌」の感染者の確認が増えているようだ。この細菌は抗生物質への耐性が著しく高く感染による致死率が高いとのこと。

AFPBB News
薬剤耐性示す細菌の遺伝子、南アジアから世界に拡散の恐れ

【8月11日 AFP】インドを中心とする南アジアで、形成外科手術や美容整形術を受けた人が薬剤耐性の高い細菌に感染する例が増えており、専門家は注意を呼びかけている。
 英カーディフ大学(Cardiff University)のティモシー・ウォルシュ(Timothy Walsh)氏は2009年、2種類の細菌、すなわち肺炎桿菌(クレブシエラ菌)と大腸菌の中に、異なる種の細菌を行き来できるNDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase-1)という遺伝子を初めて特定した。保菌者はインドの病院で手術を受けたスウェーデン人だった。
 NDM-1をもつ細菌は、多剤耐性菌による症状の救急治療の現場で「最後の手段」とされているカルバペネム系抗生物質にさえ耐性を示すため強く懸念されている。
 11日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載されたカーディフ大学とインド・マドラス大学(Madras University)による研究でNDM-1の感染例が報告された。
 インドで疑わしい症状を示した入院患者を調査したところ、同国南部のチェンナイ(Chennai)で44人(検査した患者の1.5%)、北部のハリヤナ(Haryana)で26人(同8%)の感染者が見つかった。さらにバングラデシュとパキスタンに加え、英国でも37人が感染していることが分かった。英国の感染者の一部は最近、インドあるいはパキスタンで美容整形手術を受けていた。
 論文で研究チームは「英国人以外にもインドで整形手術を受ける欧米人は多いため、NDM-1は世界中に広がる恐れがある。航空機による移動が増えた今では、遺伝子は簡単に国境を越える」と警鐘を鳴らしている。
 専門家は、インドで医療処置を受けた人は、自国で治療を受ける際に多剤耐性菌に感染していないか検査を受けるべきだと忠告している。

AFPBB News
薬剤耐性菌の感染で初の死亡確認、ベルギー人男性

【8月15日 AFP】パキスタンを旅行していたベルギー人男性が、南アジア起源の薬剤耐性菌に感染し、帰国後に死亡していたことが明らかになった。ブリュッセル(Brussels)でこの男性を治療していた医師が13日、同国のメディアに明らかにした。この細菌による死者が明らかになったのは初めて。
 これよると、男性は旅行中に交通事故で脚に大けがを負い、現地で入院して治療を受けた後、ベルギーに帰国していた。帰国時にはすでに感染していたという。コリスチンという強力な抗生物質を投与したが効果がなく、6月に死亡した。
 ベルギーでは、この男性とは別に故国のモンテネグロを旅行中に事故に遭い、モンテネグロで入院した後に感染していることが分かった男性も確認されている。この男性は帰国後にベルギーで治療を受け、7月に回復した。
 ルーヴェン大学(University of Leuven)の細菌学者、Youri Glupczynski氏はAFPに対し、「この細菌の発生の中心はインドとパキスタンだとみられるが、接触と旅行によって広い地域に広がっているようだ」と語った。
 この細菌は、NDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase-1)という酵素遺伝子を持ち、多剤耐性菌による症状の救急治療の現場で「最後の手段」とされているカルバペネム系抗生物質にさえ耐性を示すことから、世界的な感染拡大が懸念されている。

時事ドットコム
強力な多剤耐性菌が拡散=インド・パキスタンから-初の死者、監視訴え・国際チーム

 抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ多剤耐性菌がインドやパキスタンで広がり、両国に旅行して感染する例が増えていると、インド・マドラス大や英健康保護庁(HPA)などの国際研究チームが16日までに英医学誌ランセット電子版に発表した。
 AFP通信によると、パキスタンで交通事故に遭い、入院した際にこの耐性菌に感染したベルギー人男性が帰国後の6月に死亡。最初の死者と報じられた。インドなどで治療を受けた際に感染した人は英国やオーストラリアでも見つかった。
 この遺伝子は「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1(NDM-1)」と呼ばれる酵素を作る働きがあり、大腸菌や肺炎桿(かん)菌などさまざまな細菌に広がっている。研究チームは、NDM-1遺伝子を持つ細菌が世界各地に拡散する可能性が高く、各国当局が協力して監視する必要があると指摘している。
 研究チームによると、この遺伝子は細菌が染色体とは別に持つ小さな環状DNA「プラスミド」にあるため、細菌から細菌へ移りやすい。多剤耐性菌によく使われる「カルバペネム系抗生物質」が効かないことが、懸念を高める要因となっている。

現時点で最後の切り札である「カルバペネム系抗生物質」も効き目が無いという「スーパー細菌」。一刻も早い治療方法の発見や治療薬の開発が望まれる。

Ministry lacks data on Hospital Acquired Infections – India – The Times of India
Deadly, Antibiotic-Resistant NDM-1 Enzyme Found in Germany, Bild Reports – Bloomberg
Invasion of the superbugs: As we run out of weapons to fight them, what you can do to protect yourself | Mail Online
Wikipedia(en) : New Delhi metallo-beta-lactamase
WIkipedia : カルバペネム系抗生物質
Wikipedia : β-ラクタム系抗生物質
カルバペネム系抗生物質(経口・注射)適応症(PDF)

・Super Bug
YouTube Preview Image

・NDM-1 Superbug
YouTube Preview Image