朝8時ごろの列車でモナコ公国(Principauté de Monaco)へ。早朝にもかかわらず出発したニース駅ではすでに大勢の人がモナコ行きに乗り込んだ。欧州の駅には改札は無いが、今日に限っては駅員がモ ナコ行きの客を誘導していた。30分足らずでモナコ・モンテカルロ駅(Monaco Monte-Carlu)に到着。この駅は高台の地下にあり、地上に出ると街の雰囲気はモナコ・グランプリ(Monaco Grand Prix)一色 になっていた。

今日の目的はモナコグランプリ観戦だが、スタートが14時なのでゆっくり散歩をしながらまずはモナコ大聖堂(Cathédrale de Monaco)へ。ここはレーニエ3世(Rainier III de Monaco)がハリウッド女優・グ レース・ケリー(Grace Patricia Kelly)と結婚式を挙げた場所で、現在は歴代の国王たちとともに聖堂の祭壇横に眠っている。

聖堂を出て海岸の東の端の方を目指して歩き出したが、モナコ・グランプリは市街地をコースにしているため、あちらこちらで通行規制があり思うよう に進めない。仕方が無いので再び駅に戻って中を通りやっとのことで海岸にたどり着いた。ここに来たのは日本庭園(日本の業者が施工)があり、そこでレース が始まるまでゆっくり過ごすつもりだった。ところが今日は休園の張り紙があり残念ながら入ることが出来なかった。

海岸のベンチで時間を潰したあと、13時半ごろに観戦スタンドに入った。席はカジノを正面に見る位置。14時にレースが始まり物凄い爆音とスピードでレーシングカーが通り過ぎて行った。日本人ドライバー・中嶋一貴は予選で10番グ リッドを得て入賞が期待された。レース開始1時間近く経過して中嶋が頑張って戦っている時に、こっちが頑張れなくなった。吐き気と目眩がして、どうやら熱 中症にかかったようだ。ぎっしり詰まった状態のスタンドで倒れたらまずいと思い、席を立ってスタンド外の木陰で横になった。1時間近く経ってレースが終了 し、大勢の人がスタンドから出てきたので、時間をずらして立ち上がるとまだ目眩がして歩くことも少々きつかったが、何とか駅にたどり着き列車に乗りニース の宿まで戻った。階段で部屋に上がろうとして右足が痙攣を起こしたが、それでも何とか部屋にたどり着き水をかぶって横になった。明日は動けるかなぁとかな り心配になった・・・。

モンテカルロ駅

モナコ大聖堂

モナコの街並み

モナコ・グランプリ