Archive for the ‘ マレーシア ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

日本経済新聞
成田空港自由化で日・マレーシア当局が合意

 国土交通省は25日、マレーシアの航空当局と、航空自由化(オープンスカイ)協定の対象に成田国際空港を加えることで合意したと発表した。成田の年間発着回数が現在の22万回から27万回に引き上げられる2013年夏から実施する。格安航空を含む航空会社の競争が激しさを増し、顧客の利便性の向上につながりそうだ。
 航空自由化協定は航空会社が路線や便数を自由に設定できる取り決めのこと。マレーシアとは協定をすでに結んでいるが、これまでは発着枠に余裕のない成田などを対象から外していた。

報道発表資料:日本・マレーシア航空当局間協議の結果について – 国土交通省

マイコミジャーナル
クチコミによる「世界の汚いホテルランキング2011」–トリップアドバイザー

 旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは26日、ユーザーのクチコミ評価を集計した「世界の汚いホテルランキング 2011」を発表した。
 同ランキングは、同サイトへのクチコミ投稿時に5段階で評価を行う「清潔感」の項目を、評価の低い順に集計したもの。アジア、ヨーロッパ、アメリカの計3エリアにおいて、宿泊者から「汚い」と評価されたワースト10までのホテルを公開している。
その結果、アジアエリアの1位に選ばれたのは、シンガポールの「ゴールドキスト ビーチリゾート」。宿泊者からは「あまりに部屋の状態がひどいのでレセプションに電話をしようとしましたが、電話も壊れていました」とのコメントも。以下 2位にマレーシア・ポートディクソンの「コーラス パラダイス リゾート」、3位に再びシンガポールの「アスピナルズ ホテル」が続いた。
 なお、日本のホテルもアジアのランキング対象となっているが、ランクインすることはなかった。日本のホテルは、過去5回のランキングも含めて一度もトップ10に選ばれたことがなく、衛生面でのレベルの高さを証明している。
 ヨーロッパエリアの1位は、トルコ・ボドルム半島の「クラブ アクア ガンベット」。口コミには「地球の底辺」「宇宙一汚いほら穴」といったタイトルのもとに、旅行者の悲痛な体験談がずらりと並んでいる。次いで2位がトルコ・イチメレルの「Altin Orfe Hotel」、3位がイギリス・ロンドンの「クロムウェル クラウン ホテル」の順になった。
 アメリカの1位は、テネシー州の「グランドリゾート ホテル&コンベンション センター」。同ホテルは、客室数400室を超える大型ホテルだが、宿泊者からは「バスタブには少なくとも1cm以上の、髪の毛まじりのホコリがつもっていました」との口コミも寄せられている。続いて2位にカリフォルニア州の「ジャック ロンドン イン」、3位にフロリダ州の「デザート イン リゾート ホテル アンド スイーツ」がランクインした。
 アジア、ヨーロッパ、アメリカのトップ10およびそれぞれの口コミは、Webサイトにて公表中。
 なお、同社は現在、3月に大学や専門学校を卒業予定の20歳上の4人までのグループに、今回発表された「世界の汚いホテルランキング」に選ばれたホテルに宿泊しながら世界を巡る10日間の卒業旅行をプレゼントする、「最も汚い世界一周卒業旅行キャンペーン」を実施している。

・アジア
1.ゴールドキスト ビーチリゾート(シンガポール)
2.コーラス パラダイス リゾート(マレーシア)
3.アスピナルズ ホテル(シンガポール)
4.ホテル ナマスカ(インド)
5.ラジャ レジデンシー(インド)
6.ホテル メトロ タワー(インド)
7.ヤヤ リゾート(タイ)
8.セントール エアポート(インド)
9.ハード クルアド ビーチリゾート&スパ(タイ)
10.マコタ ホテル マラッカ(マレーシア)

・ヨーロッパ
1.Club Aqua Gumbet(トルコ)
2.Altin Orfe Hotel(トルコ)
3.クロムウェル クラウン ホテル(イギリス)
4.カービゴー ホテル(イギリス)
5.パーク ホテル(イギリス)
6.ホテル ドゥ ランテーヌ(オランダ)
7.ホテル イ ブールバード(オランダ)
8.ブレア ヴィクトリア & チューダー イン ホテル(イギリス)
9.ホテル マノファ(オランダ)
10.Hotel The Globe(オランダ)

・インド
1.ホテル ナマスカ(ニューデリー)
2.ラジャ レジデンシー(チェンナイ)
3.ホテル メトロ タワー(ニューデリー)
4.セントール エアポート(ニューデリー)
5.Hotel Manama(ムンバイ)
6.Shanti Lodge(アグラ)
7.Hotel Unicontinental Mumbai(ムンバイ)
8.Autumn Trees Munnar(ムンナール)

・アメリカ合衆国
1.Grand Resort Hotel & Convention Center(テネシー州)
2.ジャック ロンドン イン(カリフォルニア州)
3.デザート イン リゾート ホテル アンド スイーツ(フロリダ州)
4.ホテル カーター(ニューヨーク州)
5.ポリネシアン ビーチ&ゴルフ リゾート(サウスカロライナ州)
6.Atlantic Beach Hotel(フロリダ州)
7.ロードウェイ イン(ニューヨーク州)
8.スーパー 8 モーテル – エステス パーク(コロラド州)
9.パームグローブ ホテル アンド スイーツ(バージニア州)
10.エコノ ロッジ ニューアーク インターナショナル エアポート(ニュージャージー州)

トリップアドバイザー 世界の汚いホテル 2011 Top 10

asahi,com
格安航空定期便、初めて羽田に マレーシアのエアアジア

 アジア最大の格安航空会社(LCC)、エアアジア(マレーシア)の定期便が9日夜、羽田空港に初めて到着した。10月に国際化した羽田でLCCの就航は初めて。今後、大手航空会社との競争が激化するとみられる。
 午後10時26分、クアラルンプール発の初便が羽田空港に到着し、役員らが乗客を出迎えた。同社は片道のキャンペーン価格を5千円(通常は1万4千~6万8千円)に設定するなどして大手に対抗。クアラルンプール―羽田を週3便運航する。家族5人で初めて日本観光に来たアン・チン・レンさん(53)は「安いチケットのおかげで素晴らしい家族旅行が実現した」。
 出発ロビーのチェックインカウンターには、折り返しでのクアラルンプール行き初便に乗る人たちの長蛇の列ができた。
 派遣社員の岡部慎也さん(23)=東京都豊島区=は5千円の航空券が手に入ったため、10日間の有給休暇を使って初めての海外旅行。「実家の愛媛に帰省するより安い。海外旅行は金がかかるというイメージが変わりました」。旅館従業員の深水弘道さん(41)=群馬県草津町=はクアラルンプールで暮らす家族に会いに行く。「待ちに待った就航です」と話した。

産経ニュース
【主張】格安航空参入 日本の空改革の刺激剤に

 日本の空に格安航空会社(LCC)の参入が相次いでいる。9日にはアジアの業界最大手、マレーシアのエアアジアXが国際化した羽田空港に乗り入れた。
 背景には、運賃や路線設定を自由化するオープンスカイ政策の世界的流れがある。航空各社は本格的な料金競争を求められる淘汰(とうた)の時代を迎えている。
 だが、国の保護に頼ってきた感が強い日本の航空業界は、これを逆風ととらえてはなるまい。新たなビジネスチャンスとして体質改善を急ぎ、国際競争を勝ち抜く工夫と努力が必要だ。
 LCCは正規運賃の半額以下の低料金が売り物だ。機材の統一で中短距離を効率的に飛ばし、食事をはじめ機内サービスの多くを有料にするなどコストカットで価格破壊を実現している。
 整備費用節減のため、機材の更新はむしろ大手航空より早いという。安全性でも安かろう悪かろうの代名詞とされた出現当時のイメージは払拭されつつある。
 航空機利用の大衆化で、アジア地域でもLCC利用客は急速に伸びている。日本にもエアアジアXを含め、主なLCCだけで6社がすでに乗り入れている。
 こうした海外勢に対抗し、国内大手の全日空もLCC設立に動き始めた。香港の投資会社と共同で来年度下期にも運航を始める。経営再建中の日本航空は「勉強中」としているが、高コスト体質改善の切り札ともなるはずだ。
 LCCを国際線、国内線とも今後の航空需要を支える大きな柱に育てるには、まだまだ国主導の護送船団方式が残る日本の空の規制緩和を急ぐべきだろう。
 世界的にも高いとされる着陸料など空港利用に関する公的負担の引き下げも一つだが、最大の問題は、オープンスカイの対象が、発着枠に余裕がある地方空港に事実上、制限されていることだ。
 国内線との接続網が整い、需要が大きい羽田のさらなる国際化と、それに見合った発着枠の一層の拡大に取り組む必要がある。
 その羽田は10月に新滑走路がオープンし、成田も含めれば首都圏の空港容量は75万回程度になるという。だが、旺盛なアジアからの航空需要はいずれさばき切れなくなる。LCCの参入ラッシュとオープンスカイ化の国際潮流は、日本の航空行政にも構造的な見直しを迫っている。

Wikipedia : 格安航空会社
Welcome to AirAsia.com… Now everyone can fly

・マレーシアの格安航空会社「エアアジアX」の羽田就航便が到着
YouTube Preview Image
・AirAsia X Airbus A330-300 -Tokyo International Airport (Haneda) –
YouTube Preview Image

産経ニュース
ブルトレ「銀河」、マレーシアへ JR西が無償譲渡

 JR西日本は5日、大阪-東京間を運行し、「ブルートレイン」の愛称で親しまれた寝台急行「銀河」の寝台車など車両8両を、マレーシア鉄道公社に無償で譲渡すると発表した。
 マレーシア側から要請を受け、JR西が現役を退いた車両の譲渡を決定。季節列車「リゾート&シュプール号」として活躍した客車も引き渡される。
 同社はこれまで寝台車など126両をタイへ譲渡してきたが、マレーシアへは初めてという。
 JR九州も近く、寝台特急「さくら」「みずほ」として運行していた寝台車6両をマレーシアへ譲渡予定。両社は「日本では運行できないが、新天地で末永く活躍してほしい」としている。

Wikipedia : ブルートレイン (日本)
Wikipadia : 銀河 (列車)
Keretapi Tanah Melayu Berhad Official Website
・寝台急行銀河(ブルートレイン) 東京駅 EF65 24系 Ginga
YouTube Preview Image