チューリッヒ中央駅08:37発のICでサルガンス(Sargans)駅へ。ここでバスに乗り換えてリヒテンシュタイン公国(Fürstentum Liechtenstein)へ。 ライン川で国境を越えて約40分ほどで首都ファドゥーツ(Vaduz)のVaduz Postに到着。国境は国旗が立ってるだけでうっかりすると見逃してしまう。まずはインフォメーションにてスタンプを押してもらう。ここで6カ国目なのに 日本からフランクフルトへ到着して以来の久々のスタンプ。しかも有料(笑)。料金は3スイスフランまたは2ユーロ。リヒテンシュタインと言えば切手。インフォメーションの横に切手売り場があり、どれを買おうかと選択に迷っているうちに面倒くさくなり大人買い。切手に160ユーロも使ってしまったので明日か ら当分は食事を削減せねば(涙)。インフォメーションを出てまずはリヒテンシュタイン国立博物館(Liechtensteinisches Landesmuseum)へ。次に切手博物館(Briefmarken Museum)。古いガイドブックではここの1階にインフォメーションがあると紹介されているが現在は別の建物になっている。次にリヒテンシュタイン美術館(Kunstmuseum Liechtenstein)でゆっくり鑑賞し、一息入れたあと少々傾斜がキツイ坂道をゆっくり上がって丘の上にあるファドゥーツ城(Schloss Vaduz)まで散歩。この城は公開されていないので外観を見るだけ。城に到着した頃から小雨が降り出して街へ降りた時には本降りになった。1時間近く木 陰で雨宿りしたあとバス停へ行きサルガンスに戻り、17:28発のICでチューリッヒへ戻った。

サルガンス駅

リヒテンシュタイン行きバス

スイスとの国境付近

ファドゥーツの案内所

リヒテンシュタイン国立博物館

切手博物館

リヒテンシュタイン美術館

ファドゥーツ城への散策路より

ファドゥーツ城