ブラジルで開かれていたユネスコの第34回世界遺産委員会にて新たに登録された世界遺産は以下のとおり。マーシャル諸島共和国、タジキスタン共和国、キリバス共和国は初めて世界遺産保有国となった。危機遺産リストには新たに「バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(グルジア)」、「アツィナナナの雨林(マダガスカル共和国)」、「エヴァグレーズ国立公園(アメリカ合衆国)」、「カスビのブガンダ王国歴代国王の墓(ウガンダ共和国)」の4件が登録された。

1. Australian Convict Sites Australia
2. São Francisco Square in the town of São Cristovão Brazil
3. Historic Monuments of Dengfeng in “The Centre of Heaven and Earth” China
4. China Danxia China
5. Pitons, cirques and remparts of Reunion Island France
6. Episcopal City of Albi France
7. Jantar Mantar India
8. Sheikh Safi al-Din Khânegâh and Shrine Ensemble in Ardabil Iran
9. Tabriz Historic Bazaar Complex Iran
10. Phoenix Islands Protected Area Kiribati
11. Historic Villages of Korea: Hahoe and Yangdong Korea (Republic)
12. Bikini Atoll Marshall Islands
13. Camino Real de Tierra Adentro Mexico
14. Prehistoric caves of Yagul and Mitla in the Central Valley of Oaxaca Mexico
15. Seventeenth-Century Canal Ring Area of Amsterdam inside the Singelgracht Netherlands
16. Putorana Plateau Russia
17. Turaif Quarter in Al-Diriyyah Saudi Arabia
18. Central Highlands of Sri Lanka Sri Lanka
19. Proto-urban site of Sarazm Tajikistan
20. Papahânaumokuâkea USA
21. Central Sector of the Imperial Citadel of Thang Long-Hanoi Vietnam

危機遺産リスト追加
1.Bagrati Cathedral and Gelati Monastery Georgia
2.Rainforests of the Atsinanana Madagascar
3.Tombs of Buganda Kings at Kasubi Uganda
4.Everglades National Park United States of America

毎日jp
石見銀山:世界遺産、周辺86ヘクタールも追加登録

 世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」(島根県大田市)に関し、ブラジルで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の第34回世界遺産委員会は2日(日本時間3日)、周辺の86.77ヘクタールも世界遺産の範囲に追加して登録することを決めた。世界遺産の範囲の追加登録は日本で初めて。遺跡周辺の山林や、銀積み出し港が追加され、範囲は442.40ヘクタールから、約1.2倍の529.17ヘクタールに拡大する。
 石見銀山遺跡は07年7月に、国内で14番目、科学技術や産業活動の跡を残す「産業遺産」では初めて世界遺産登録された。その直前の5月、諮問機関のイコモス(国際記念物遺跡会議)は「文化的景観」の背景となる山林や港について「範囲に加えるべきだ」と指摘。国や地元は、この範囲を重要伝統的建造物群保存地区に選定するなど条件を整備し、今年1月に追加申請していた。【鈴木健太郎】

New in 2010 – World Heritage Site
速報!石見銀山遺跡の世界遺産登録範囲の拡大について 【8/3】