Archive for the ‘ 13関東-神奈川 ’ Category

神奈川新聞社
直下地震を早期感知し被害軽減へ、三浦半島断層群に全国初の専用地震計設置/神奈川

 活断層が起こす直下地震を一秒でも早く捉え、強い揺れとなる震源周辺の被害軽減に役立てようとの研究が、三浦半島断層群(横須賀、三浦市など)で進んでいる。断層からの地震波を即座にキャッチする専用地震計を複数設置し、既に観測を始めている。地震の発生情報をどう発表するかは今後の課題だが、こうした試みは全国初という。
 三浦半島断層群は、国の地震調査研究推進本部が重点観測対象に位置付ける13断層の一つ。その中でも首都圏に位置し、近い将来に地震を起こす可能性が高いと分析されていることから、研究対象に選ばれた。
 2008年度から観測網の整備が始まり、断層に極めて近い4カ所(横須賀市佐原、長沢、荻野、三浦市初声町入江)に専用地震計を設置した。運用主体の防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が1年ほど前から観測を行っている。
 気象庁などとともに国内の地震観測を担う防災科研は、強い揺れを観測できる地震計を全国約1700カ所に張り巡らせているが、その間隔は平均約25キロと特定の活断層を警戒するには広い。これに対し三浦半島は、今回設置された4カ所を加えると約5キロ間隔と高密度になり、断層の動きを捉えやすくなった。
 さらに、専用地震計は地表と地中で地震を感知する仕組みで、人が感じない初期微動(P波)や続いて到達する激しい揺れ(S波)などを精度よく識別できる。
 キャッチした地震発生情報を一般に周知する方法は固まっていないが、震源周辺には間に合わないのが大きな課題となっている緊急地震速報への活用が一つのアイデア。「専用地震計を速報システムに接続すれば、速報をより早く提供できる」(文部科学省地震・防災研究課)と期待されている。また、同断層群の地震が起きた場合に周辺がどのような震度分布になるかをあらかじめ入力しておき、地震波の観測と同時に自動的に発信する手法も検討している。
 「将来的には、住民の危険回避やシステムの遮断などに活用したい。日々の観測を通じて、地下構造の解明にも役立てていきたい」と防災科研の中村洋光主任研究員。活断層マップを作成し、危険性を周知してきた横須賀市は「地震発生を瞬時に伝えられれば、人的被害の軽減につながるのではないか」と注目している。

 ◆三浦半島断層群 横須賀、三浦市や葉山町などに分布する複数の活断層。想定される地震の規模はマグニチュード(M)7前後。県の被害想定によると、冬の午後6時に発生した場合、県内で4350人が死亡、建物約25万棟が全壊する。県は2010年度からスタートさせた地震防災戦略で、耐震化の促進などを通じて死者を半減以上とする目標を掲げている。

地震調査研究推進本部
Wikipedia : 南関東直下地震

神奈川新聞社
慶大新校舎予定地で弥生の大集落跡発掘か/横浜

 慶応大学矢上キャンパス(横浜市港北区日吉)の新校舎建設予定地にある矢上台遺跡から、弥生~奈良時代に建てられた竪穴住居跡60軒が見つかったと、発掘に当たった同大矢上地区文化財調査室が3日、発表した。このうち弥生時代のものは30軒近くあり、副室長の安藤広道准教授(考古学)は「弥生の集落遺跡としては全国的にも非常に大規模で、全体で千軒以上が密集していたと推定できる」としている。
 発掘されたのは弥生後期から奈良時代(1~8世紀)にかけた竪穴住居群。新校舎建設予定地の南斜面で、広さは矢上台遺跡(約9万平方メートル)の一部に当たる約1500平方メートル。かねて遺跡の存在は予想されていたが、校舎建設の前に記録に残そうと、調査は2010年4月から行われていた。
 矢上台遺跡は多摩川と鶴見川に挟まれた高台にあり、東京湾にも近い場所にある。「卑弥呼が活躍した弥生終末期のこの地は、水運など交通の便が良く生活しやすい場所で、多くの人が集まりました」と安藤准教授。
 竪穴住居群は幾層にも重なっている。数百年の時代を経て建て替えられ、加えられた跡があり「(この発掘で)巨大集落ができる過程の一端が明らかになりつつあります。南関東地域では珍しい史料」。
 一方、ひときわ大きい住居跡も発掘された。安藤准教授は「広さは約100平方メートル。10平方メートルから20平方メートルが平均だった時代に、大きな家を造ることができる有力者が生まれ始めたこともうかがえます」と話す。
 このほか、青銅製の指輪や弥生式土器、土師(はじ)器(き)、須恵器などが出土した。5日午前10時から、同キャンパスで現地説明会が行われる(雨天中止)。問い合わせは、矢上キャンパス警備室電話045(566)1474。

巨大な集落遺跡の一端が明らかに 慶應義塾矢上キャンパスで弥生時代・古墳時代の密集する竪穴住居址群を発掘:[慶應義塾]

産経ニュース
地元小田原メダカ守れ 市が生息地を保護区指定

 存続が危機的な状況にある野生メダカを守ろうと、神奈川県小田原市は1日、メダカの生息地を保護区に指定した。メダカは国や県のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。同市は県内では唯一の生息地で、童謡「めだかの学校」の舞台にもなっている。市は保護区の指定で、乱獲や外来種放流などを防ぐとともに、保護意識の向上を期待している。
 保護区指定されたのは、酒匂(さかわ)川沿いにある市有地の水路約820メートルの区間。小田原固有の、背中に黒いすじの入った野生メダカが生息している。市民団体や行政が連携して田んぼの生態系に近い状態を再現した「ビオトープ」が設けられている。
 市は地域固有の遺伝子を持ったメダカを保護しようと、平成13年、「市の魚」に指定した。21年度には名称を「小田原メダカ」から「酒匂川水系のメダカ」と変更。掲示板を設置して保護を呼びかけたが、愛好家が無断で水路からメダカを持ち去る例があるほか、外来種の放流行為による遺伝子の交雑も懸念される。指定には、こうした心ない行為を抑止する狙いもある。
 保護区近くでの道路建設がきっかけとなり、市は県や住民、専門家らによる協議会を設置し環境保全に取り組んでいる。11年度から始めた市民の里親制度「メダカのお父さんお母さん制度」には、延べ1330世帯が参加したという。
 こうした取り組みにもかかわらず、市によると野生に生息している数の調査は難しく、客観的データはほとんどないという。市環境保護課は「近年の個体数はほぼ横ばい状態と認識している。保護区指定は減らさないことや、意識向上が目的」と話している。
 地元でメダカの観察会などを行う市民団体「酒匂川水系のメダカと生息地を守る会」の高橋由季代表(37)は「道路建設をきっかけに始めた保護活動。今後も行政と協力して続けていきたい」と話した。

ダツ目 メダカ科 絶滅危惧II類(VU) | 絶滅危惧種情報検索
酒匂川水系のメダカと生息地を守る会

神奈川新聞社
中世の“ヘソクリ”? 下馬周辺遺構床の穴から鎧や古銭が出土/鎌倉

 鎌倉市由比ガ浜の下馬周辺で、鎌倉~室町時代の建物跡などからなる遺跡の発掘作業が進んでいる。倉庫とみられる遺構の床には穴が掘られており、中から鎧(よろい)や古銭が出土。遺跡から保存状態の良い鎧が出土するのは県内初で、穴の中で“ヘソクリ”として保存していた可能性もあるという。5日には同遺跡の見学会が催される。
 調査はかながわ考古学財団が、鎌倉警察署の建設に伴い昨年6月から実施。約1900平方メートルから、13世紀後半~15世紀のものとみられる竪穴遺構36軒、250基以上の土坑などが発見された。これらの竪穴遺構は、倉庫だった可能性があるという。
 竪穴遺構の床に掘られた穴からは、古銭や鎧が出土。鎧は中堅クラスの部将などが、馬に乗らずに戦う際などに着用したとされる腹巻(はらまき)鎧とみられる。かなりの部分が残った状態で出土するのは県内では例がなく、全国的にも珍しいという。「祭祀(さいし)的な理由よりは、穴を掘って保存していた可能性が考えられるのでは」という。
 また、遺跡周辺では当時、商人らが店を構えていたといわれており、同財団は「当時の周辺の土地利用について検討する上で貴重」としている。
 見学会は同市由比ガ浜2の11の遺跡現地で、5日午前10時と午後1時半から。無料で、荒天の場合6日に順延。駐車場なし。問い合わせは同財団電話045(842)9888=前日まで、電話080(6568)4394=当日のみ。

財団法人 かながわ考古学財団
下馬周辺遺跡見学会のお知らせ(PDF)

AFPBB News
ペダルをこぐだけ、日本メーカーが開発した魔法の「自転車浄水器」

 神奈川県川崎市の中小企業が、自転車をこぐことで水を浄化できる浄水装置をバングラデシュで大量生産する準備を進めている。災害被災地やインフラが整っていない地方の村での活躍が期待される。
 日本ベーシック(Nippon Basic Co.)が開発した自転車搭載型緊急用浄水装置「シクロクリーン(Cycloclean)」の使い方は、簡単だ。川や池、プールなど水のあるところまで自転車をこいでいったら、ホースを垂らし、あとはペダルをこぐだけ。自転車のチェーンが荷台のボックスに収納されているポンプを駆動し、4つのフィルターで浄化しながら水をくみ上げる。1分間に6リットルの飲料水を作り出すことが可能だという。
 パンクしにくいタイヤを使っているので、どこでも安心して使える。
 勝浦雄一(Yuichi Katsuura)代表取締役によると、日本国内では2005年に1台55万円で発売、これまでに200台を販売した。主に地方自治体が納品先だが、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、ミャンマー、フィリピンからも発注があるという。
 特にバングラデシュでは需要が拡大していることから、同社は前年バングラデシュの自転車メーカーと提携し、販売価格を抑えることも視野に現地生産を開始した。今年4月にも年間100~200台の生産体制が整うという。
 バングラデシュでは経済発展に伴い、リキシャ(人力車)の運転手が大量に職を失うと予想されるなか、勝浦社長は、この自転車を使った水ビジネスが雇用の創出にもつながると自負している。

災害用浄水器 日本ベーシック株式会社
災害用浄水器シクロクリーン 日本ベーシック