Archive for the ‘ インド ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

世界に広がる食料価格高騰の懸念

CNN.co.jp
世界に広がる食料価格高騰の懸念

 世界最大の小麦生産国である中国では、穀物生産の中心地である北東部の山東省が過去60年で最悪の干ばつに見舞われ、小麦収穫量の減少が懸念されている。
 ロシアも昨年夏に干ばつの影響で小麦の収穫が4割近く減り、小麦の輸出を禁止した。新品種の生産で小麦の輸出再開を目論むが、干ばつによる土壌の傷みがひどく、今年は小麦畑の1割近くが使えない状況だ。
 世界銀行が今週発表した予測では、食料価格の上昇の影響で昨年6月以降約4400万人の人々が貧困に陥り、常に空腹状態の人の数も10億人近くに増加した。
 ロシアの干ばつなどの気候的要因やそれに続く輸出禁止、さらにバイオ燃料への需要増やブラジル、インド、中国といった新興国における食料需要の増加により、世界の食料価格は過去1年間に29%上昇した。特に、砂糖と小麦は20%、料理用の油脂や食用油は22%上昇したという。
 インドでは玉ねぎのキロ当たりの価格が9月から12月にかけて2倍近くに上昇し、玉ねぎの輸出禁止措置が取られた。しかし農民の反対や玉ねぎ価格の急落もあり、禁輸は今週解除された。中国の食料価格は1月に10.3%上昇し、経済の過熱が懸念されている。
 一方、米国では1月の消費者物価の上昇率は1.6%だったが、新興国の需要増で原材料費が高騰しているため、衣料、電化製品、食料の価格は今後上がると見られている。

Food crisis fears rise with commodities – CNN.com

・Impact of China.drought on world

「空飛ぶ車」?インド発明家が開発

AFPBB News
「空飛ぶ車」?インド発明家が開発

 渋滞でごった返し排気ガスが充満するインドの交通事情に、究極の解決方法が見つかった――かもしれない。空中に垂直上昇し、渋滞の上空を飛ぶことのできる車だ。
 その車「フライング・マルチ(flying Maruti)」は、で開催された航空ショー「エアロインディア2011(Aero India 2011)」で、世界最新鋭の戦闘機たちの間に展示されていた。マルチ・スズキ・インディア(Maruti Suzuki India)の往年の名車「マルチ800」をベースにしたもので、車体ルーフの四隅にそれぞれ1枚ずつ回転する翼板と、4つのタイヤ部分にフードが付いている。
 開発者は、インド南部バンガロール(Bangalore)在住のヴィシュワナート(A.K. Vishwanath)氏(52)。車の構造については企業秘密の姿勢を厳格に貫いているが、AFPの取材に「車に関係する250万種類の形状と物体を研究し、複雑な理論を通じて、垂直上昇能力を車に与えることができた」と語った。
 発電機で装置のスイッチを入れ、その後は車のエンジンが「エネルギーの流れ」を供給して、垂直発進と推進力を得るという。開発に費やした期間は16年で、その間に40件の特許を取得した。ヴィシュワナート氏は多くのことが参考になったと述べ、一例としてミツバチの飛行能力を挙げている。
 しかし、「フライング・マルチ」はまだ一度も飛行試験をしていない。このため、この車の飛行能力に懐疑的な人も多い。

Hyped Flying Maruti 800
Wikipedia : マルチ・800
Aero India 2011
Maruti Suzuki company manufactures the best selling cars in India

マイコミジャーナル
クチコミによる「世界の汚いホテルランキング2011」–トリップアドバイザー

 旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは26日、ユーザーのクチコミ評価を集計した「世界の汚いホテルランキング 2011」を発表した。
 同ランキングは、同サイトへのクチコミ投稿時に5段階で評価を行う「清潔感」の項目を、評価の低い順に集計したもの。アジア、ヨーロッパ、アメリカの計3エリアにおいて、宿泊者から「汚い」と評価されたワースト10までのホテルを公開している。
その結果、アジアエリアの1位に選ばれたのは、シンガポールの「ゴールドキスト ビーチリゾート」。宿泊者からは「あまりに部屋の状態がひどいのでレセプションに電話をしようとしましたが、電話も壊れていました」とのコメントも。以下 2位にマレーシア・ポートディクソンの「コーラス パラダイス リゾート」、3位に再びシンガポールの「アスピナルズ ホテル」が続いた。
 なお、日本のホテルもアジアのランキング対象となっているが、ランクインすることはなかった。日本のホテルは、過去5回のランキングも含めて一度もトップ10に選ばれたことがなく、衛生面でのレベルの高さを証明している。
 ヨーロッパエリアの1位は、トルコ・ボドルム半島の「クラブ アクア ガンベット」。口コミには「地球の底辺」「宇宙一汚いほら穴」といったタイトルのもとに、旅行者の悲痛な体験談がずらりと並んでいる。次いで2位がトルコ・イチメレルの「Altin Orfe Hotel」、3位がイギリス・ロンドンの「クロムウェル クラウン ホテル」の順になった。
 アメリカの1位は、テネシー州の「グランドリゾート ホテル&コンベンション センター」。同ホテルは、客室数400室を超える大型ホテルだが、宿泊者からは「バスタブには少なくとも1cm以上の、髪の毛まじりのホコリがつもっていました」との口コミも寄せられている。続いて2位にカリフォルニア州の「ジャック ロンドン イン」、3位にフロリダ州の「デザート イン リゾート ホテル アンド スイーツ」がランクインした。
 アジア、ヨーロッパ、アメリカのトップ10およびそれぞれの口コミは、Webサイトにて公表中。
 なお、同社は現在、3月に大学や専門学校を卒業予定の20歳上の4人までのグループに、今回発表された「世界の汚いホテルランキング」に選ばれたホテルに宿泊しながら世界を巡る10日間の卒業旅行をプレゼントする、「最も汚い世界一周卒業旅行キャンペーン」を実施している。

・アジア
1.ゴールドキスト ビーチリゾート(シンガポール)
2.コーラス パラダイス リゾート(マレーシア)
3.アスピナルズ ホテル(シンガポール)
4.ホテル ナマスカ(インド)
5.ラジャ レジデンシー(インド)
6.ホテル メトロ タワー(インド)
7.ヤヤ リゾート(タイ)
8.セントール エアポート(インド)
9.ハード クルアド ビーチリゾート&スパ(タイ)
10.マコタ ホテル マラッカ(マレーシア)

・ヨーロッパ
1.Club Aqua Gumbet(トルコ)
2.Altin Orfe Hotel(トルコ)
3.クロムウェル クラウン ホテル(イギリス)
4.カービゴー ホテル(イギリス)
5.パーク ホテル(イギリス)
6.ホテル ドゥ ランテーヌ(オランダ)
7.ホテル イ ブールバード(オランダ)
8.ブレア ヴィクトリア & チューダー イン ホテル(イギリス)
9.ホテル マノファ(オランダ)
10.Hotel The Globe(オランダ)

・インド
1.ホテル ナマスカ(ニューデリー)
2.ラジャ レジデンシー(チェンナイ)
3.ホテル メトロ タワー(ニューデリー)
4.セントール エアポート(ニューデリー)
5.Hotel Manama(ムンバイ)
6.Shanti Lodge(アグラ)
7.Hotel Unicontinental Mumbai(ムンバイ)
8.Autumn Trees Munnar(ムンナール)

・アメリカ合衆国
1.Grand Resort Hotel & Convention Center(テネシー州)
2.ジャック ロンドン イン(カリフォルニア州)
3.デザート イン リゾート ホテル アンド スイーツ(フロリダ州)
4.ホテル カーター(ニューヨーク州)
5.ポリネシアン ビーチ&ゴルフ リゾート(サウスカロライナ州)
6.Atlantic Beach Hotel(フロリダ州)
7.ロードウェイ イン(ニューヨーク州)
8.スーパー 8 モーテル – エステス パーク(コロラド州)
9.パームグローブ ホテル アンド スイーツ(バージニア州)
10.エコノ ロッジ ニューアーク インターナショナル エアポート(ニュージャージー州)

トリップアドバイザー 世界の汚いホテル 2011 Top 10

インド・賄賂専門苦情サイトが登場

CNN.co.jp
「賄賂の不満はこちらへ」 インドに賄賂専門苦情サイトが登場

 インドの人々にとって、賄賂やリベートはもはや日常生活の一部となっている。賄賂を渡さないと公立病院で治療を受けられなかったり、市役所で建築計画が承認されなかったりなどの話もあるほどだ。
 そんなインドで、市民が報復を恐れることなく賄賂にまつわるストレスを発散できるサイトを非営利団体が立ち上げた。
 サイトの運営を支援するラグフナンダン・トニパランビル氏によると、同サイトには賄賂に対する嫌悪、怒り、恐怖を訴える市民の声が多数寄せられているという。
 同サイトは個人の非難が目的ではない。サイトに記録されるのは、賄賂を受け取ったり、要求したりした政府機関や企業の名前だけで、個人名は伏せられている。要は組織改革に利用可能な情報を集めるのが目的であり、すでに一部の情報を政府に提出したという。
 また同サイトには特定のケースで「賄賂を支払わずに済んだ」ことを他のユーザーに伝えるボタンが存在する。書き込まれた内容を読むと、大半の人々が特定の場合に賄賂を支払う必要がなかったと知って驚いているのが分かる。インドで賄賂がいかに日常化してしまっているかを物語っているとトニパランビル氏は指摘する。
 インドでは昨年、クリケットのインディアン・プレミアリーグ(IPL)の税金詐欺容疑やコモンウェルスゲームズのリベート問題などのスキャンダルが相次いで発覚し、インドの連立与党は面目の維持に躍起になっている。
 アナリストらも、インドは経済成長を遂げる一方でガバナンスにも注意を払わないと世界のリーダーになるチャンスを失いかねないと警告している。

I PAID A BRIBE

Paid a bribe? Click here to complain – CNN.com
I PAID A BRIBE

・Paid a bribe? Click here for relief