Archive for the ‘ ハンガリー ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

まだまだ行きたい美術館や博物館があったが今日は月曜日なので殆どが休館日。なので昼頃まで宿でごろごろした後、まずは東駅へ行って翌日の列車の手配して地下鉄2号線でデアーク・フェレンツ・テール駅(Deák Ferenc tér)まで行き、近くにある聖イシュトヴァーン大聖堂(Szent István Bazilika)へ。イシュトヴァーンとはハンガリー初代国王の名前で、ここの祭壇に祀られているのはキリストではなくイシュトヴァーン像。別室の宝物館にはイシュトヴァーンの右手のミイラが安置されていた。ドーム付近まで上がることが出来て街を一望できる。ここを出て昨日にも行った王宮の丘へ徒歩で移動。丘にあるマーチャーシュ教会(Mátyás-templom)へ。本来なら美しい石の尖塔やモザイク屋根が見えるはずだったが、残念ながら改修工事の足場に覆われていてモザイク屋根の一部しか見えなかった。内部もごく一部が工事中だったがさほど影響無く見ることができた。教会を出てしばらく木陰のベンチでのんびりと過ごして宿に戻った。

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂

マーチャーシュ教会

マーチャーシュ教会

ナポリ中央駅前から朝7時頃の空港行きバスに乗りナポリ・カポディキーノ空港(Aeroporto di Napoli-Capodichino)へ。09:30発のWizzAir機でハンガリーの首都ブダペスト (Budapest)へ。11時半頃到着し、市内バス(200E)で地下鉄3号線の終着駅・ケーパーニャ・キシュペシュト(Kőbánya-Kispest)駅で下車(このバスの終点)、3号線のデアーク・フェレンツ・テール(Deák Ferenc tér)駅で2号線に乗り換えて東駅(Keleti pályaudvar)近くの宿にまずはチェックイン。しばらく休んだあと午後から行動開始。地下鉄2号線でアストリア(Astoria)駅で下車し近く の国立博物館(Magyar Nemzeti Múzeum)へ。博物館内の撮影は有料。次に徒歩で繁華街・ヴァーツイ通り(Váci utca)を抜けてドナウ川(Duna)の西側・ブダ地区と東側ペスト地区を最初に結んだセーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)をブダ側に渡りケーブルカーで王宮の丘(Várhegy)へ上がり、山上駅すぐ横のブダ王宮(Budavári Palota)へ。ここの内部には国立美術館(Magyar Nemzeti Galeria)とブダペスト歴史博物館(Budapesti Történeti Múzeum)がある。時間的に両方は無理だったので美術館の方へ。その後はしばらく王宮の丘を散歩して徒歩で丘を下り、近くで食事をしてドナウ川沿いの ベンチでまったりと過ごす。ちなみにドナウ河岸、ブダ城地区などは世界遺産に登録されている。21時になって鎖橋がライトアップされるのを見てから地下鉄駅まで歩き宿に戻った。

Wizz Air機

地下鉄車内

国立博物館

セーチェーニ鎖橋

ドナウ川

王宮の丘へのケーブルカー

国立美術館

セーチェーニ鎖橋の夜景