Archive for the ‘ 13関東-群馬 ’ Category

「C61」雄姿 廃車から38年ぶり

上毛新聞
「C61」雄姿 廃車から38年ぶり

 7月スタートの群馬デスティネーションキャンペーン(DC)に向けて、JR東日本が復元作業を進めていた蒸気機関車(SL)「C61」の試運転が5日、さいたま市大宮区の鉄道博物館で行われた。廃車から38年ぶりに白煙を上げて走行する雄姿に、詰め掛けた鉄道ファンらが歓声を上げた。点検整備を重ね、7月からの営業運転を予定しており、週末や繁忙期に上越線の高崎-水上、信越線の高崎-横川間を運行する。5月上旬には水上駅と高崎駅でそれぞれ展示公開する。
 東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が、同日デビューしたことを記念した企画。C61にはかつての特急「はやぶさ」のヘッドマークが装着された。
 はやぶさの下り初列車が午前8時40分すぎにJR大宮駅を発車したのに合わせ、汽笛を鳴らしてC61もJRの試運転線を走行。博物館の車両展示線に入って、前進と後退の動きを繰り返した。博物館を訪れた鉄道ファンは間近で車両を見学できるとあって、長蛇の列をつくり、C61を写真に収めていた。
 運転士を務めた同社高崎運輸区の後閑治人さん(50)は「走りは調子よく、安定していた。C61はDCの目玉の一つであり、盛り上げに一役買ってくれるはず」と声を弾ませた。同社大宮支社は「復元は順調に進んでいる。本線での走行に耐えられるようチェックしたい」としている。
 復元は昨年1月に始まり、ボイラー改修などを実施してきた。車両は1949年から東北線や常磐線などで活躍。現役引退後の74年から伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地で展示されていた。

わくわく 体験 新発見 – 群馬デスティネーションキャンペーン公式サイト
えきねっと(JR東日本)|プレ群馬デスティネーションキャンペーン:自然スポット、鉄道・SL(旅どきnet)
Wikipedia : 国鉄C61形蒸気機関車
鉄道博物館

産経ニュース
臨時鉄道「999号」ではやぶさカプセル見学 群馬・上信電鉄

 上信電鉄は、小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセルの実物が19日から22日まで富岡市立美術博物館(富岡市黒川)で一般公開されるのに合わせ、高崎-上州富岡駅間で1日2往復の臨時列車を運行する。上州富岡駅から会場までは市による無料シャトルバスが運行される。
 臨時列車はラッピング車両「銀河鉄道999号」を使用。高崎駅発午前10時13分(上州富岡駅着午前10時48分)と同午後0時55分(同午後1時29分)でいずれも各駅停車となる。
 はやぶさの帰還カプセルは同市内のIHIエアロスペース富岡事業所で開発、製造された。19日には県立自然史博物館学習室でIHI技術者による子供向け講演会(要予約)が行われる。講演会は入場無料。申し込み、問い合わせは富岡市市長公室(電)0274・62・1511内線1208。

はやぶさ帰還カプセル(実物)展示について | お知らせ | 市長公室企画政策係|富岡市役所
富岡市立美術博物館|市有施設情報|暮らしのガイド|富岡市役所
上信電鉄ホームページ
はやぶさ帰還カプセル展示記念臨時列車を運行します(3/19~3/22)(PDF)

群馬・昆虫のおもちゃ、上毛電鉄を飾る

産経ニュース
昆虫のおもちゃ、上毛電鉄を飾る 群馬

 上毛電鉄(前橋市)と県立ぐんま昆虫の森(桐生市)は3月6日から、電車内を春の昆虫のおもちゃで飾るデコトレイン「ぐんま昆虫の森号」を運行させる。4月12日まで。
 デコトレインでは、車内を新緑や菜の花の飾り物で装飾。チョウやミツバチ、テントウムシといった昆虫のおもちゃをちりばめる。また、子供たちが描いた虫の絵や、昆虫の森が過去に主催したフォトコンテストの入賞作品も展示されるほか、車両には特製ヘッドマークも装着される。
 期間中に上毛電鉄の有人駅で販売している「遊得券」を昆虫の森で提示すると、先着200人にオリジナル缶バッジがもらえる。
 装飾されるのは1編成(2両)で1日6~7往復運行される。出発式は西桐生駅ホームで6日午前9時45分から開催され、デコトレインは同日午前10時16分に初出発する。

上毛電気鉄道
ぐんま昆虫の森

群馬・美術館・博物館ルートマップ作成

産経ニュース
美術館・博物館ルートマップ作成 群馬

 3月19日の北関東自動車道の全線開通を控え、県は美術館や周辺の観光スポットなどを紹介した冊子「群馬の美術館・博物館ルートマップ」を作成した。約3万5千部を発行し、北関東自動車道などの主要サービスエリア(SA)で今月末から無料配布する。
 マップでは近代美術館、館林美術館、歴史博物館、自然史博物館、土屋文明記念文学館の5館と周辺の観光スポットを結びつけて紹介。「アートシーン満喫コース」や「古代への旅コース」などテーマ別の観光ルートを設定している。
 また、提示すると、5館の入館料が2割引(3月1日~5月8日)となるステッカー付きマップも3月1日から配布する。

群馬県 – 【2月21日】群馬の美術館・博物館ルートマップ(文化振興課)
北関東自動車道が全線開通!太田桐生インターチェンジ~佐野田沼インターチェンジ間が平成23年3月19日に開通します | NEXCO東日本

群馬・門扉を設置 江戸期の姿へ着々

産経ニュース
門扉を設置 江戸期の姿へ着々 群馬

 甘楽町小幡の「楽山園」を江戸期の姿に復元する整備事業で、中門(なかもん)に門扉が取り付けられた。中門(高さ約7メートル、門柱間約4・5メートル)は藩主らが通った「正門」。楽山園は、織田信長の次男、信雄(のぶかつ)の領地だった小幡藩藩邸の池泉回遊式庭園。周囲の山々を借景に48石を配した池などがあり、京都の桂離宮と同じ特色を持つ。平成12年、国の名勝に指定された。
 足軽ら従者が使った「拾九間(じゅうきゅうけん)長屋」の建物内部は土、日曜、祝日に公開されている。

名勝『楽山園』
国指定文化財名勝『楽山園』整備状況
Wikipedia : 織田信雄
Wikipedia : 回遊式庭園