Archive for the ‘ ドイツ ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

47News
「舞姫」のモデルを発見か ドイツ在住の六草さん

 森鴎外の小説「舞姫」に登場する悲恋の踊り子エリスのモデルが、ベルリンに住んでいた20~21歳の女性であることを示す証拠を、ベルリン在住のライター六草いちかさんが9日までに見つけた。エリスのモデルには諸説あり、論争に一石を投じそうだ。
 女性は1866年生まれの「エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト」。教会に残された記録や、「舞姫」の内容と女性の経歴に一致点が多いことなどから判断したという。
 エリスのモデルとされる女性の名前が「エリーゼ・ヴィーゲルト」であることは、ドイツから鴎外を追って来日した際の乗船者名簿などから明らかになっていた。
 六草さんは「舞姫」の舞台となった街を絞り込み、そこに当時住んでいた「ヴィーゲルト」姓を教会の資料などで調べたところ、この女性の家族以外には見つからなかった。さらに、女性の生まれた街が「舞姫」に出てくる地名と酷似していることや、女性の名前が「エリーゼ」であることを確認した。
 エリスのモデルをめぐっては「下宿の娘」「15歳の少女」「31歳の人妻」などさまざまな説があるが、この女性の職業は「帽子製作」で、鴎外の実妹による回想記の内容とも一致するという。

Wikipedia : 舞姫

CNN.co.jp
伝統衣装の人気復活、若者の必須アイテムに ドイツ

 ドイツでバイエルン地方の伝統衣装「レーダーホーゼン」「ディアンドル」の人気が復活している。
 レーダーホーゼンは男性用の革の半ズボン、ディアンドルは女性がコルセットを付けてはくギャザースカート。ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を最後にすたれたと思われていたが、南部のミュンヘンでは流行に敏感な若者の必須アイテムになった。
 特に毎年恒例のビールの祭典「オクトーバーフェスト」では人気が高く、パーティーや結婚披露宴などでも注目度が上昇。ファッション誌「ヴォーグ」のドイツ語版はバイエルン衣装の特集を組み、毎年8月になると市内各所にオクトーバーフェストの衣装を売る店がオープンするという。
 2500ユーロの高級ディアンドルを手掛けるデザイナー、ロラ・パルティンガーさんによると、11年前に開業した当初の年間販売枚数は20着程度だった。それが今では年間1000着が売れ、ウェディング用にも20~30着を販売しているという。50~60ユーロの手ごろな値段で買えるディアンドルもあり、中古販売も盛んだ。
 ミュンヘン市内に2店舗を構える伝統衣料品店によると、過去10年でレーダーホーゼンの売上げは2倍になり、ディアンドルは500%増えた。
 別の衣料品店のバイヤーは、動きの速い世界の中で伝統品の恒久性が再認識されていると分析。「20年前は伝統衣装で外出する若い男女は皆無だったが、今ではティーンや学生、あらゆる年齢層の人が着用している」と話している。

Tradition makes a comeback for fashion-conscious Bavarians – CNN.com
Wikipedia : ディアンドル
Wikipedia : レーダーホーゼン

CNN.co.jp
2万7千個の破片になった古代彫刻、9年がかりで再生に成功

 第2次世界大戦中の空襲で粉々になった古代彫像の破片2万7000個をパズルのように組み合わせて再生する作業が9年がかりで完了し、ドイツ・ベルリンのペルガモン博物館で特別展が開かれている。
 古代彫像は現在のシリアにある遺跡テル・ハラフから出土した。遺跡を発見・発掘したドイツの考古学者マックス・フォン・オッペンハイムが持ち帰り、1930年に博物館を開館して展示していたが、第2次世界大戦中の43年に英軍の空襲を受け、彫像は粉々に砕け散った。
 オッペンハイムはトラック9台分の破片をつなぎ合わせて再生してほしいとペルガモン博物館に頼み込み、破片はその後50年の間、同博物館の地下に眠っていた。しかし東西ドイツ統一後の90年代に入って破片を調べたところ、少なくとも一部は再生できそうだとの希望が浮上。破片をつなぎ合わせる作業が2001年にスタートした。
 作業ではすべての破片を集めて1カ所に並べ、担当者の目と感と忍耐力だけを頼りに、巨大な3Dジグソーパズルのように組み合わせていったという。
完成した彫像を展示する特別展は、最初の3日間だけで1万人の入場者を集めた。期間は8月14日まで。
 テル・ハラフの宮殿の遺跡からは、紀元前にアラム人が作った神々の像や聖なる動物、空想上の生物の像などが出土している。出土品はシリアのアレッポにある博物館とオッペンハイムとの間で分けられていた。

How a 27,000-piece jigsaw puzzle was solved – CNN.com
Staatliche Museen zu Berlin – Museums

・Completing a giant jigsaw puzzle

47News
ベルリン国際映画祭が開幕 16作品が「金熊賞」競う

 世界三大映画祭の一つ、第61回ベルリン国際映画祭が10日、米アカデミー賞で10部門の候補に名を連ねた米映画「トゥルー・グリット」の上映を皮切りに開幕した。20日までに計約400作品を上映する。
 最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門には計16作品が出品されたが、日本映画は入らなかった。主要な賞の授賞式は19日に行われる。
 日本からは、特色ある映画を集めたパノラマ部門に深川栄洋監督、堀北真希さん主演の「白夜行」などが出品。戦前戦後に活躍した渋谷実監督の「現代人」などの作品も特別上映される。
 また、イランの反政府運動に関わったとして禁錮6年の判決を受けた同国の著名な映画監督ジャファル・パナヒ氏の作品を特別に上映し、今年の映画祭の審査員に名を連ねながら、パナヒ氏が出国できないことに抗議。「イランの検閲と表現の自由の制限」をテーマにした討論会も開催する。

| Berlinale |