Archive for the ‘ デンマーク ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

AFPBB News
屋根でスキーができる未来型ゴミ処理場、デンマーク

 デンマーク・コペンハーゲン(Copenhagen)市はこのほど、老朽化したゴミ処理場の代替施設として、スキー場を併設した斬新なゴミ処理発電施設を建設する案を採用した。2016年の完成を予定している。
 コペンハーゲン郊外の工業地帯に建設されるこの新施設は、ゴミ処理とエネルギー生産の両分野で模範例となることを掲げており、同市の新たな名所になると期待されている。予算総額は35億クローネ(約530億円)で、デンマーク史上最大の環境プロジェクトだ。
 ゴミ処理や環境対応能力などで最新の技術を採り入れ、単なる建て替えではなく、未来型のゴミ処理施設のビジョンを描き出すことを目指した。
 採用された建築デザインはデンマークの建築家ビャルケ・インゲルス(Bjarke Ingels)氏のBIG、realities:united、AKT、Topotek 1、Man Made Landによるもので、屋根部分が初心者から上級者まで楽しめる広さ3万1000平方メートルのスキー用スロープとなる。建物の有効利用とともに、ゴミ処理施設と市の関係性を再定義する試みとなっている。

Waste-to-Energy Plant, Bjarke Ingels Group, world architecture news, architecture jobs
BIG | Bjarke Ingels Group
AMF | Amagerforbrændingen

YOMIURI ONLINE
独・デンマーク間の海峡、日本人が横断に成功

 ドイツとデンマークを隔てるフェーマルンベルト海峡(25キロ)の単独横断遠泳に、東京都足立区のJA職員、黒川保隆さん(40)が成功し、20日に帰国した。
 現地主催者によると、同海峡の単独横断遠泳は1939年以降、8人が成功しているが、日本人は初めてという。
 フェーマルンベルト海峡は、ドイツのフェーマルン島とデンマークのロラン島の間にあり、北海とバルト海を結んでいる。日本付近ではサハリン北部とほぼ同じ高緯度で、黒川さんによると、海水温は真冬の伊豆の海より低いという。
 黒川さんは、今月16日午前8時にドイツ側からスタート。ボートに乗った審判3人と知人が付き添った。前半は風もなく、水面も穏やかで快調に飛ばした。だが、低い海水温に徐々に体温を奪われ、終盤はほとんど足が動かなくなったが、必死に腕を動かし、同日夕、デンマーク側に到着。記録は6時間24分だった。
 黒川さんは3歳で水泳を始め、高校時代は茨城県の海岸でおぼれる人を救助したこともあった。就職後、32歳で参加した東京・新島での遠泳大会以降、国内各地の遠泳大会に参加。海外では、ボスポラス海峡(トルコ)の横断遠泳にも成功している。
 今回は、海水温の低いフェーマルンベルト海峡横断に備え、昨年11月から週3、4日プールに通うなど準備を進め、浮力を増すために、体重も7キロ増やしたという。
 20日に成田空港に帰国した黒川さんは「とても寒く、生きて帰れて良かった。限界を何回も超えた気がする。支えてくれた方々に感謝したい」と話した。