Archive for the ‘ チリ ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

チリでマグニチュード6の地震

CNN.co.jp
チリでマグニチュード6の地震

 チリで27日午後、マグニチュード(M)6の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。
27日の地震は1年前の地震で大きな被害が出た沿岸部のコンセプシオンから約37キロ南部を震源とし、震源の深さは約10キロ。
現在のところ、人的被害は報告されていない。

6.0-magnitude quake strikes Chile – CNN.com
Magnitude 5.8 – BIO-BIO, CHILE

AFPBB News
チリで2度の強い地震、前年の大地震被災地で

 前年のチリ大地震の被災地となったチリ中部で11日、2度の強い地震が相次いで発生し、パニック状態になった住民らが避難した。
 チリ緊急災害対策庁(ONEMI)と米地質調査所(US Geological Survey、USGS)によると、1回目の地震は現地時間11日午後4時5分(日本時間12日午前5時5分)に発生し、地震の大きさを示すマグニチュード(M)は6.8、震源はチリのコンセプシオン(Concepcion)沖約70キロ。2回目の地震はM6.3で同午後6時39分(日本時間12日午前9時39分)に発生、震源はコンセプシオンの南西55キロだった。
 現在のところ地震の被害や犠牲者の報告はないが、メディアによると、1回目の地震はチリ中部の広い地域で揺れが感じられ、沿岸部では住民らが避難したという。
 コンセプシオンは、2010年2月27日に発生したM8.8の大地震と津波で大規模な被害を受けている。

ONEMI – MINISTERIO DEL INTERIOR
Welcome to the USGS – U.S. Geological Survey
Wikipedia : チリ地震 (2010年)

時事ドットコム
チリで再び大地震の恐れ=科学者チームが発表

 米、英、イタリアなどの科学者チームは30日発行の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス最新号で、昨年2月に大地震と津波に見舞われたチリの太平洋岸で新たな地震が発生するリスクが高まっている可能性があると警告した。
 これら科学者は、昨年の大地震は英国の自然学者チャールズ・ダーウィンが体験した1835年のチリ大地震以降たまっていた応力を一部解放しただけだったと分析、「応力はたまり続けており、近い将来チリの太平洋岸で再び大地震が発生する確率が高まっている可能性がある」と結論付けた。大地震とはマグニチュード7~8の規模で、8以上だと巨大地震となる。
 科学者チームを率いたイタリア国立地質・火山研究所のステファーノ・ロリート氏はロイター通信に対し、「新たな地震がいつ発生するのは正確に予測するのは不可能」と述べた。科学者たちは、津波や通信衛星などの情報を分析し、サンティアゴ南部のコンセプシオン周辺の沿岸にある「ダーウィン・ギャップ」と呼ばれる区域のリスクを判断した。

2010年の地震以降のチリ地震危険度 (Nature Geoscience): NPG Nature Asia-Pacific
Darwin Gap quake will shake Chile again – environment – 30 January 2011 – New Scientist

47News
チリ中部でM7・1の地震 津波恐れなしと海軍

 米地質調査所(USGS)によると、チリ中部沿岸で2日午後5時20分(日本時間3日午前5時20分)ごろ、マグニチュード(M)7・1の地震があった。チリの国家非常事態庁などによると、震源地に近いテムコなどで強い揺れが観測され、沿岸部のティルアで停電も発生したが、大きな被害は伝えられていない。
 チリ海軍当局によると、津波の恐れはなく、太平洋津波警報センター(米ハワイ)も津波警報を出していない。
 震源地はテムコの北西70キロ、震源の深さは16・9キロ。テムコは首都サンティアゴから南西約600キロ。
 チリ中部では昨年2月にM8・8の大地震があり、津波も発生。中部コンセプシオンなどで大きな被害があり、全国で500人以上が死亡した。

Strong earthquake strikes central Chile – CNN.com
Welcome to the USGS – U.S. Geological Survey
Magnitude 7.1 – ARAUCANIA, CHILE

・Earthquake hits in Central Chile [correct-worlds-info.blogspot.com]
YouTube Preview Image