Archive for the ‘ カナダ ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

CNN.co.jp
ハクトウワシの地上への「墜落」多発、餌不足で飛べず

 カナダ西部にあるブリティッシュコロンビア州の鳥類保護団体などは25日、大型の猛禽(もうきん)類であるハクトウワシが餌不足で飢えて飛ぶことが出来ず、地上に墜落する事例が相次いでいると報告した。
 同州の地元メディアによると、地上に落ちて手当てを受けたのはこれまで20羽で、過去最大の数。一部は空から直接落下し、最近では屋根から滑り落ちた例もあった。
 ハクトウワシは毎年、冬季を乗り切る体力をつけるため晩秋に川を下ってくるサケを餌にしているが、サケの量が昨年は少なかったことが今回の異変につながったと考えられている。
 カナダ放送協会(CBC)によると、生物学者は飢えたハクトウワシ数千羽がカモメなどの鳥と争うようにしてごみ捨て場に現れ、廃物やネズミを口にして中毒症状を起こすこともあると指摘した。飢えで死んだハクトウワシもいるという。
 ただ、3月初旬にはニシンが近くの海峡などに押し寄せるため、ハクトウワシが体力を回復させることが期待出来るともしている。
ハクトウワシは米国の国鳥に指定されている。

Starving eagles fall from sky in Canada – This Just In – CNN.com Blogs

ロイター
世界一住みやすい都市はバンクーバー、大阪12位=調査

 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた世界で最も住みやすい都市ランキングで、カナダのバンクーバーが5年連続で1位になった。
 EIUは世界の140都市を対象に、治安状況や医療サービス、文化、環境、教育などの30項目を基に「住みやすさ」を数値化。バンクーバーは昨年に続き98%をマークし、2007年から続く首位の座を維持した。
 ランキングのトップ10都市のうち、カナダとオーストラリアが計7都市を占めるなど、上位陣の常連に大きな変動はない。このほか、パリが16位、ロンドンが53位、ニューヨークが56位となった。
 アジアの最高位は大阪の12位で、東京は18位。香港が31位、北京が72位となっている。
 昨年に引き続き、ワースト1はジンバブエのハラレ。ベスト10とワースト10のランキングは以下の通り。

<ベスト10>

1.バンクーバー(カナダ)
2.メルボルン(オーストラリア)
3.ウィーン(オーストリア)
4.トロント(カナダ)
5.カルガリー(カナダ)
6.ヘルシンキ(フィンランド)
7.シドニー(オーストラリア)
8.パース(オーストラリア)
9.アデレード(オーストラリア)
10.オークランド(ニュージーランド)

<ワースト10>

1.ハラレ(ジンバブエ)
2.ダッカ(バングラデシュ)
3.ポートモレスビー(パプアニューギニア)
4.ラゴス(ナイジェリア)
5.アルジェ(アルジェリア)
6.カラチ(パキスタン)
7.ドゥアラ(カメルーン)
8.テヘラン(イラン)
9.ダカール(セネガル)
10.コロンボ(スリランカ)

Vancouver still world’s most liveable city: survey | Reuters
Economist Intelligence Unit

47News
豪雨や洪水、温暖化で増加 実際のデータで裏付け

 人間の活動によって大気中に排出された温室効果ガスが、豪雨や洪水が起きる危険性を高めたとする研究結果を、カナダや英国、日本の国立環境研究所などのチームが実際の気象データを用いた解析でまとめ、17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 地球温暖化で豪雨が増えるとの指摘は従来もあったが、実際のデータに基づいて関係を裏付けた研究は初めてという。温暖化が進むと、これまでの予測以上に豪雨が増えるとの分析も提示。発展途上国を中心に増加している豪雨被害を最小限に抑えるため、国際的な温暖化対策の一層の強化が求められそうだ。
 カナダのチームは、1951~99年の世界6千カ所の降雨データを解析。北半球の陸地の3分の2の地域で豪雨が増えたのは、温室効果ガスの増加が主な原因とみられると結論付けた。またコンピューターを用いた従来の温暖化予測の手法は、温室効果ガスの増加によって豪雨被害が増える危険性を過小評価している恐れがあると指摘した。
 一方、英国や国立環境研究所のチームは、英国で2000年秋に洪水被害を引き起こした記録的豪雨を分析。局所的な異常気象を再現できる高性能の計算モデルを使って実験したところ、温室効果ガスの増加が洪水のリスクを20%以上増大させた可能性が高いとの結論をまとめた。

Increased flood risk linked to global warming : Nature News
Wikipedia : 温室効果ガス

47News
エア・カナダ羽田線を無期限延期 需要低迷を受け

 エア・カナダは4日、3月5日に予定していた羽田空港とカナダ・バンクーバーを結ぶ路線の就航を、期限を決めずに延期することを明らかにした。当初はことし1月下旬から1日1往復で開設予定だったが、いったん3月に延期。その後、単価の高いビジネス客を含めて需要が予想を下回ったことなどから、無期限で延期することにした。
 羽田は昨年10月に4本目の滑走路が供用開始になり、国際線が拡大。東京都心部から近いためビジネス需要の多い路線の利用率は堅調な一方、観光客が中心の長距離路線を軌道に乗せるのは難しいようだ。
 エア・カナダは、羽田発着が深夜時間帯となるため、国内やアジアの路線との接続が劣るなどとして「便利な発着枠を確保できれば就航を検討する」と説明。予約していた客を、成田空港―バンクーバー線などへ振り替える作業を進めている。
 一方、羽田―バンクーバー線を使ったツアーを設定していた大手旅行会社は「販売中止に追い込まれ、予約していた顧客への対応に追われた」と困惑している。

Air Canada: Flights, Airline Tickets / Vols, Billets d’avion
羽田-バンクーバー線、就航見合わせのお知らせ – Air Canada