Archive for the ‘ カンボジア ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

47News
アンコール遺跡に教育施設 上智大調査団主催で起工式

 カンボジア北西部シエムレアプのアンコール遺跡群の一つである仏教寺院バンテアイ・クデイ遺跡内に、「アンコール文化遺産教育センター」が建設されることになり、上智大アンコール遺跡国際調査団の石沢良昭団長(同大学長)の主催で2日、起工式が行われた。
 日本の草の根文化無償資金協力による約600万円の事業。センターでは、観光客のアンコール遺跡群への理解を深めるため、歴史や見どころなどを紹介するパネル展示のほか、地元小学校と協力して子どもたちを含めた地域住民への文化遺産教育を行い、長期的に遺跡群の保護につなげていく。
 同調査団が2001年に274体の仏像を発見した同寺院内の現場近くに、高床式草ぶきの木造施設を建設する。完成は今年9月の予定。

Wikipedia : アンコール遺跡
Banteay Kdei バンテアイ・クデイ | アンコール遺跡群フォトギャラリー
上智大アンコール遺跡国際調査団
務省: 草の根文化無償資金協力

満足度高い海外観光スポット、1位はウルル

トラベルビジョンニュース
満足度高い海外観光スポット、1位はウルル-トリップアドバイザー集計

 トリップアドバイザーがこのほど発表した「行ってよかった海外観光スポットランキング2010」で、1位はオーストラリアのウルル(エアーズロック)となった。これは、2009年1月以降に10件以上の日本語の口コミが投稿された観光スポット1000件以上を対象に、実際にその場所を訪れた旅行者の満足度を、口コミの評価を元に集計したもの。ウルルは投稿された口コミの9割以上が最高の5ツ星を選択し、残りの1割弱も4ツ星を選んだ。

 2位以下では、2位がハワイのラニカイビーチ、3位が米国オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド。スペインのアルハンブラ宮殿やカンボジアのアンコール・ワット、バチカン美術館なども入った。30位までは下記を参照のこと。

▽トリップアドバイザー、「行ってよかった海外観光スポットランキング2010」
1 ウルル(エアーズロック)/オーストラリア
2 ラニカイビーチ/ハワイ
3 ウォルト ディズニー ワールド/アメリカ
4 アルハンブラ宮殿/スペイン
5 アンコール ワット/カンボジア
6 バチカン美術館/イタリア
7 イパオ ビーチ/グアム
8 アブシンベル/エジプト
9 ダイアモンドヘッド/ハワイ
10 マチュピチュ/ペルー
11 エジプト古代博物館/エジプト
12 モンサンミッシェル/フランス
13 グランド・キャニオン/アメリカ
14 タージ・マハル/インド
15 大聖堂 (ドゥオーモ) /イタリア
16 ナンタ専用劇場/韓国
17 青の洞窟/イタリア
18 オランジュリー美術館/フランス
19 ベラージオの噴水/アメリカ
20 ポンペイ遺跡/イタリア
21 万里の長城/中国
22 マウナ・ケア山/ハワイ
23 カイルアビーチパーク/ハワイ
24 最後の晩餐/イタリア
25 ワット・プラ・マハタート/タイ
26 ノイシュバンシュタイン城/ドイツ
27 ピサの斜塔/イタリア
28 ルーヴル美術館/フランス
29 サグラダファミリア教会/スペイン
30 サン・マルコ広場/イタリア

口コミで選ぶ海外観光スポットランキング[トリップアドバイザー]

アンコール遺跡群・受難の石仏発見

asahi.com
受難語る地中の石仏 上智大のアンコール遺跡調査団

 【シエムレアプ(カンボジア)=藤谷健】世界文化遺産でもあるカンボジア・アンコール遺跡群のバンテアイ・クデイ寺院で発掘調査を続ける上智大学アンコール遺跡国際調査団(団長・石澤良昭学長)が、19、20日にかけて13世紀ごろの石仏6体を土の中から発掘した。廃仏(反仏)運動が盛んだったこの時期に仏像を崇拝する人によって安置された可能性があり、当時の宗教観を探る貴重な発見とみられる。
 発掘されたのは、水神ナーガ(蛇)の上にブッダが座ったバイヨン様式と呼ばれる仏像の一部。寺院の周りをめぐる堀の北側の岸で、6体が並んで見つかった。いずれも寺院の祠堂(しどう)に向いていた。
 調査団は9年前、同寺院で200体以上の破壊された仏像を発掘。今回の仏像も同じ頃のもので、切断された仏像の一部とみられる。
 調査団の田畑幸嗣・上智短期大学講師(東南アジア考古学)は「アンコール遺跡群で仏像が並んで見つかること自体が、これまでなかったと思う。同じ場所から、建物を建てる際に地鎮のために埋める水晶も見つかった。まだ仮説の域を出ないが、敬虔(けいけん)な仏教徒が宗教的な意図を持って置いたのではないか」と話している。

産経ニュース
上智大がアンコール遺跡群で、石仏6体発掘

 カンボジア北西部シエムレアプのアンコール遺跡群のひとつである、仏教寺院バンテアイ・クデイの発掘調査をしている上智大アンコール遺跡国際調査団(団長、石沢良昭学長)は21日までに、胴体部分などが切断された石仏6体を発掘した。12世紀末から13世紀初めごろのものとみられる。
 石仏6体は寺院の周りにある堀の護岸に沿って並んで埋められており、いずれも寺院の方に顔面を向けていた。このため「仏教が弾圧されていた当時、信仰を変えなかった住民が、意図的に埋めたのではないか」(三輪悟・上智大アジア人材養成研究センター現地所長)とみられている。
 同寺院は12世紀末にジャヤバルマン7世が建立。アンコール王朝ではそれまでヒンズー教が浸透していたが、ジャヤバルマン7世は大乗仏教を信仰した。

Wikipedia : アンコール遺跡
上智大学アンコール遺跡国際調査団
Wikipedia : ヒンドゥー教
Wikipedia : 大乗仏教