Archive for the ‘ バングラデシュ ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

ロイター
世界一住みやすい都市はバンクーバー、大阪12位=調査

 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた世界で最も住みやすい都市ランキングで、カナダのバンクーバーが5年連続で1位になった。
 EIUは世界の140都市を対象に、治安状況や医療サービス、文化、環境、教育などの30項目を基に「住みやすさ」を数値化。バンクーバーは昨年に続き98%をマークし、2007年から続く首位の座を維持した。
 ランキングのトップ10都市のうち、カナダとオーストラリアが計7都市を占めるなど、上位陣の常連に大きな変動はない。このほか、パリが16位、ロンドンが53位、ニューヨークが56位となった。
 アジアの最高位は大阪の12位で、東京は18位。香港が31位、北京が72位となっている。
 昨年に引き続き、ワースト1はジンバブエのハラレ。ベスト10とワースト10のランキングは以下の通り。

<ベスト10>

1.バンクーバー(カナダ)
2.メルボルン(オーストラリア)
3.ウィーン(オーストリア)
4.トロント(カナダ)
5.カルガリー(カナダ)
6.ヘルシンキ(フィンランド)
7.シドニー(オーストラリア)
8.パース(オーストラリア)
9.アデレード(オーストラリア)
10.オークランド(ニュージーランド)

<ワースト10>

1.ハラレ(ジンバブエ)
2.ダッカ(バングラデシュ)
3.ポートモレスビー(パプアニューギニア)
4.ラゴス(ナイジェリア)
5.アルジェ(アルジェリア)
6.カラチ(パキスタン)
7.ドゥアラ(カメルーン)
8.テヘラン(イラン)
9.ダカール(セネガル)
10.コロンボ(スリランカ)

Vancouver still world’s most liveable city: survey | Reuters
Economist Intelligence Unit

AFPBB News
ペダルをこぐだけ、日本メーカーが開発した魔法の「自転車浄水器」

 神奈川県川崎市の中小企業が、自転車をこぐことで水を浄化できる浄水装置をバングラデシュで大量生産する準備を進めている。災害被災地やインフラが整っていない地方の村での活躍が期待される。
 日本ベーシック(Nippon Basic Co.)が開発した自転車搭載型緊急用浄水装置「シクロクリーン(Cycloclean)」の使い方は、簡単だ。川や池、プールなど水のあるところまで自転車をこいでいったら、ホースを垂らし、あとはペダルをこぐだけ。自転車のチェーンが荷台のボックスに収納されているポンプを駆動し、4つのフィルターで浄化しながら水をくみ上げる。1分間に6リットルの飲料水を作り出すことが可能だという。
 パンクしにくいタイヤを使っているので、どこでも安心して使える。
 勝浦雄一(Yuichi Katsuura)代表取締役によると、日本国内では2005年に1台55万円で発売、これまでに200台を販売した。主に地方自治体が納品先だが、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、ミャンマー、フィリピンからも発注があるという。
 特にバングラデシュでは需要が拡大していることから、同社は前年バングラデシュの自転車メーカーと提携し、販売価格を抑えることも視野に現地生産を開始した。今年4月にも年間100~200台の生産体制が整うという。
 バングラデシュでは経済発展に伴い、リキシャ(人力車)の運転手が大量に職を失うと予想されるなか、勝浦社長は、この自転車を使った水ビジネスが雇用の創出にもつながると自負している。

災害用浄水器 日本ベーシック株式会社
災害用浄水器シクロクリーン 日本ベーシック

東京・最も人口の多い都市圏、1位は東京

レコードチャイナ
最も人口の多い都市圏、東京が3670万人で1位―米国メディア

2010年9月、ザ・ボストン・グローブ紙が「世界で最も成長の速い都市」に関する調査を行い、バングラデシュの首都・ダッカが世界で最も成長の速い都市として選ばれたと、米リベラル系インターネット新聞ハフィントン・ポストが伝えた。
この調査では、同時に人口に関しても調査が行われ、日本の東京が人口3670万人で「世界で最も人口の多い都市圏」として選ばれた。2025年には3710万人に達すると予測されている。2位はインドのデリー2220万人で、2025年には2860万人にまで増加すると予測。3位はブラジルのサンパウロ2030万人。中国からは上海が7位にランクインした。人口は1660万人。
記事では人口の急増は世界各国の都市化を加速させており、収入格差・失業率上昇・エネルギー不足・環境汚染など多くの危険性をもたらしていると指摘され、専門家が各国に人口増加の抑制を呼びかけているという。

<人口の多い都市トップ10>
1.東京(日本):人口3670万人
2.デリー(インド):人口2220万人
3.サンパウロ(ブラジル):人口2030万人
4.ムンバイ(インド):人口2000万人
5.メキシコシティー(メキシコ):人口1950万人
6.ニューヨーク(アメリカ):人口1940万人
7.上海(中国):人口1660万人
8.コルカタ(インド):人口1560万人。
9.ダッカ(バングラデシュ):人口1460万人
10.カラチ(パキスタン):人口1310万人
※編集部注:これは国連が今年発表した世界の都市圏人口に基づくもので、東京の人口が3670万人となっているのは、東京都の人口ではなく首都圏の人口を指している。

The Boston Globe Online – Boston.com
Breaking News and Opinion on The Huffington Post
Dhaka: The World’s Fastest Growing Megacity | The Huffington Post
Dhaka Bangladesh | Megacity | Urbanization
The World’s Largest Megacities (PHOTOS) | The Huffington Post

昨年に世界中で猛威を奮った新型インフルエンザは世界的大流行の終結宣言がWHOから出されたばかりだが、異なる種の細菌を行き来できるNDM-1という遺伝子を持った「スーパー細菌」の感染者の確認が増えているようだ。この細菌は抗生物質への耐性が著しく高く感染による致死率が高いとのこと。

AFPBB News
薬剤耐性示す細菌の遺伝子、南アジアから世界に拡散の恐れ

【8月11日 AFP】インドを中心とする南アジアで、形成外科手術や美容整形術を受けた人が薬剤耐性の高い細菌に感染する例が増えており、専門家は注意を呼びかけている。
 英カーディフ大学(Cardiff University)のティモシー・ウォルシュ(Timothy Walsh)氏は2009年、2種類の細菌、すなわち肺炎桿菌(クレブシエラ菌)と大腸菌の中に、異なる種の細菌を行き来できるNDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase-1)という遺伝子を初めて特定した。保菌者はインドの病院で手術を受けたスウェーデン人だった。
 NDM-1をもつ細菌は、多剤耐性菌による症状の救急治療の現場で「最後の手段」とされているカルバペネム系抗生物質にさえ耐性を示すため強く懸念されている。
 11日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載されたカーディフ大学とインド・マドラス大学(Madras University)による研究でNDM-1の感染例が報告された。
 インドで疑わしい症状を示した入院患者を調査したところ、同国南部のチェンナイ(Chennai)で44人(検査した患者の1.5%)、北部のハリヤナ(Haryana)で26人(同8%)の感染者が見つかった。さらにバングラデシュとパキスタンに加え、英国でも37人が感染していることが分かった。英国の感染者の一部は最近、インドあるいはパキスタンで美容整形手術を受けていた。
 論文で研究チームは「英国人以外にもインドで整形手術を受ける欧米人は多いため、NDM-1は世界中に広がる恐れがある。航空機による移動が増えた今では、遺伝子は簡単に国境を越える」と警鐘を鳴らしている。
 専門家は、インドで医療処置を受けた人は、自国で治療を受ける際に多剤耐性菌に感染していないか検査を受けるべきだと忠告している。

AFPBB News
薬剤耐性菌の感染で初の死亡確認、ベルギー人男性

【8月15日 AFP】パキスタンを旅行していたベルギー人男性が、南アジア起源の薬剤耐性菌に感染し、帰国後に死亡していたことが明らかになった。ブリュッセル(Brussels)でこの男性を治療していた医師が13日、同国のメディアに明らかにした。この細菌による死者が明らかになったのは初めて。
 これよると、男性は旅行中に交通事故で脚に大けがを負い、現地で入院して治療を受けた後、ベルギーに帰国していた。帰国時にはすでに感染していたという。コリスチンという強力な抗生物質を投与したが効果がなく、6月に死亡した。
 ベルギーでは、この男性とは別に故国のモンテネグロを旅行中に事故に遭い、モンテネグロで入院した後に感染していることが分かった男性も確認されている。この男性は帰国後にベルギーで治療を受け、7月に回復した。
 ルーヴェン大学(University of Leuven)の細菌学者、Youri Glupczynski氏はAFPに対し、「この細菌の発生の中心はインドとパキスタンだとみられるが、接触と旅行によって広い地域に広がっているようだ」と語った。
 この細菌は、NDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase-1)という酵素遺伝子を持ち、多剤耐性菌による症状の救急治療の現場で「最後の手段」とされているカルバペネム系抗生物質にさえ耐性を示すことから、世界的な感染拡大が懸念されている。

時事ドットコム
強力な多剤耐性菌が拡散=インド・パキスタンから-初の死者、監視訴え・国際チーム

 抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ多剤耐性菌がインドやパキスタンで広がり、両国に旅行して感染する例が増えていると、インド・マドラス大や英健康保護庁(HPA)などの国際研究チームが16日までに英医学誌ランセット電子版に発表した。
 AFP通信によると、パキスタンで交通事故に遭い、入院した際にこの耐性菌に感染したベルギー人男性が帰国後の6月に死亡。最初の死者と報じられた。インドなどで治療を受けた際に感染した人は英国やオーストラリアでも見つかった。
 この遺伝子は「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1(NDM-1)」と呼ばれる酵素を作る働きがあり、大腸菌や肺炎桿(かん)菌などさまざまな細菌に広がっている。研究チームは、NDM-1遺伝子を持つ細菌が世界各地に拡散する可能性が高く、各国当局が協力して監視する必要があると指摘している。
 研究チームによると、この遺伝子は細菌が染色体とは別に持つ小さな環状DNA「プラスミド」にあるため、細菌から細菌へ移りやすい。多剤耐性菌によく使われる「カルバペネム系抗生物質」が効かないことが、懸念を高める要因となっている。

現時点で最後の切り札である「カルバペネム系抗生物質」も効き目が無いという「スーパー細菌」。一刻も早い治療方法の発見や治療薬の開発が望まれる。

Ministry lacks data on Hospital Acquired Infections – India – The Times of India
Deadly, Antibiotic-Resistant NDM-1 Enzyme Found in Germany, Bild Reports – Bloomberg
Invasion of the superbugs: As we run out of weapons to fight them, what you can do to protect yourself | Mail Online
Wikipedia(en) : New Delhi metallo-beta-lactamase
WIkipedia : カルバペネム系抗生物質
Wikipedia : β-ラクタム系抗生物質
カルバペネム系抗生物質(経口・注射)適応症(PDF)

・Super Bug
YouTube Preview Image

・NDM-1 Superbug
YouTube Preview Image