Archive for the ‘ オーストリア ’ Category

日本経済新聞
海外からの支援91カ国・地域に 外務省

 外務省は14日午前、東日本巨大地震への海外からの支援申し出が午前6時現在で91カ国・地域と6国際機関になったと発表した。各国の救助隊は同日中にオーストラリア隊(75人)、ニュージーランド隊(45人)、台湾隊(28人)と韓国からの追加隊(102人)が日本に到着する。

外務省
外務省: 諸外国等からの支援申し入れについて(東北地方太平洋沖地震)(平成23年3月14日15時00分現在)

 3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し,14日(月曜日)15時00分現在,以下91の国・地域及び9つの国際機関から支援の申し入れがありました(50音順)。

(アジア)
インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,   中国,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ベトナム,マレーシア,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN,
(大洋州)
オーストラリア,ニュージーランド,
(北米)
米国,カナダ,
(中南米)
アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,コロンビア,スリナム,チリ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,
(欧州)
アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,イタリア,ウクライナ,   英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キルギス,グルジア,コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU,
(中東)
アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,トルコ,ヨルダン,
(アフリカ)
ジブチ,チュニジア,南アフリカ,モロッコ,
(国際機関)(アルファベット順)
赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信連合(ITU),国連人道問題調整部(OCHA),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP)

赤十字国際委員会
国際移住機関
国際電気通信連合
国際連合人道問題調整事務所
国際連合難民高等弁務官事務所
国際連合教育科学文化機関
国際連合児童基金
世界銀行
国際連合世界食糧計画
東南アジア諸国連合
欧州連合

ロイター
世界一住みやすい都市はバンクーバー、大阪12位=調査

 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた世界で最も住みやすい都市ランキングで、カナダのバンクーバーが5年連続で1位になった。
 EIUは世界の140都市を対象に、治安状況や医療サービス、文化、環境、教育などの30項目を基に「住みやすさ」を数値化。バンクーバーは昨年に続き98%をマークし、2007年から続く首位の座を維持した。
 ランキングのトップ10都市のうち、カナダとオーストラリアが計7都市を占めるなど、上位陣の常連に大きな変動はない。このほか、パリが16位、ロンドンが53位、ニューヨークが56位となった。
 アジアの最高位は大阪の12位で、東京は18位。香港が31位、北京が72位となっている。
 昨年に引き続き、ワースト1はジンバブエのハラレ。ベスト10とワースト10のランキングは以下の通り。

<ベスト10>

1.バンクーバー(カナダ)
2.メルボルン(オーストラリア)
3.ウィーン(オーストリア)
4.トロント(カナダ)
5.カルガリー(カナダ)
6.ヘルシンキ(フィンランド)
7.シドニー(オーストラリア)
8.パース(オーストラリア)
9.アデレード(オーストラリア)
10.オークランド(ニュージーランド)

<ワースト10>

1.ハラレ(ジンバブエ)
2.ダッカ(バングラデシュ)
3.ポートモレスビー(パプアニューギニア)
4.ラゴス(ナイジェリア)
5.アルジェ(アルジェリア)
6.カラチ(パキスタン)
7.ドゥアラ(カメルーン)
8.テヘラン(イラン)
9.ダカール(セネガル)
10.コロンボ(スリランカ)

Vancouver still world’s most liveable city: survey | Reuters
Economist Intelligence Unit

欧州に異例の寒波、交通網に混乱

AFPBB News
欧州に異例の寒波、交通網に混乱

 異例の寒波に見舞われている欧州では1日、大雪の影響でロンドンのガトウィック空港(Gatwick Airport)やスコットランドのエディンバラ空港(Edinburgh Airport)が閉鎖されるなど、各地で交通機関がまひした。
 同じく閉鎖されたスイスのジュネーブ国際空港(Geneva International Airport)では、乗客約100人が空港ターミナル内で一夜を明かした。ドイツのフランクフルト国際空港(Frankfurt International Airport)では153便が欠航した。
 ロンドン(London)とパリ(Paris)、ブリュッセル(Brussels)を結ぶユーロスター(Eurostar)は、最大で90分の遅れが生じ、一部が運休した。2日は便の半数を運休する予定という。
 英国の気象予報士によると、1日は、同国観測史上最も寒い12月1日となった。寒波は今後数日間続く見通しだという。

YOMIURI ONLINE
欧州で寒波、主要6空港閉鎖…9人凍死

 欧州各国は1日、この冬一番の寒波に見舞われ、大雪で英国などの主要空港が閉鎖され、少なくとも9人が凍死した。
 気象当局は、厳しい寒さは数日間続くとしている。
 AP通信によると、ロンドンのガトウィックやスイスのジュネーブなど英、仏、スイスで6か所の空港が閉鎖された。
 またロンドンとパリなどを結ぶ高速鉄道「ユーロスター」も一部の列車を運休。ドイツでは11月30日、路面の凍結などによる交通事故が約2000件発生した。
 ポーランドでは気温が氷点下20度近くまで下がり、1日までにホームレスの男性8人が凍死。オーストリアでも、凍結した路面で転倒し意識を失った男性がそのまま凍え死んだ。

Cold wave in Europe :: emg.rs:: World news
Severe Winter Storm Causes Havoc Across Europe | World | Epoch Times
Cold wave hits air traffic in Europe – The Economic Times

9時半過ぎに宿を出て路面電車を乗り継いで郵便局へ立ち寄ってから近くにあるモーツアルト・ハウス(Mozarthaus Vienna)へ。彼は何度も引越しをしたそうだが、現存する建物はここだけだそうだ(この家でオペラ「フィガロの結婚」を作曲)。ここを出たのが12時前だったので急いでホーアーマルクト広場へアンカー時計(Ankeruhr)を見るために向かった。正午には歴史的有名人の12体の人形が音楽とともに姿を見せるのだが、わざわざ見に行くほどでも無かったような感じ。時計から近いシュテファン大聖堂(Stephansdom)へ。一部外観の改修工事を行っていたが内部は支障無く見れた。 ここの塔には登れるようだが行かず。寺院を出てペーター教会(Peterskirche)の前を通ってユーゲン・トシュティールのひとつエンゲル薬局 (Engel Apotheke)を見てホーフブルク(王宮 /Hofburg)へ。旧王宮側にあるシシィ・ミュージアム(Sisi Museum)、皇帝の部屋(Kaiserappartements)、宮廷銀食器展示室(Silberkammer)を観たあと新王宮側の古楽器博物館 (Sammerung alter Musikinstrumente)、中世武器博物館(Hofjagd und Ruestkammer)、パピルス博物館(Papyrusmuseum)と周って王宮を出た。昨日に行った美術史博物館の前を通り抜け、ミュージアム・ クォーター・ウイーン(Museums Quartier Wien)へ。ここにあるレオポルト・ミュージアム(Leopold Museum)、美術ホール(Kunst Halle)、近代美術館(Museum Moderner Kunst Stiftung Ludwig Wien)と連続で周り、ミュージアム・クォーターを出たのが19時過ぎ。かなり歩き回ったので疲れた。ここから地下鉄を乗り継いで南駅 へ行き、翌日の列車手配をして路面電車で宿に戻った。

モーツアルト・ハウス

アンカー時計

シュテファン大聖堂

エンゲル薬局

ホーフブルク

ミュージアム・クォーター・ウイーン

レオポルト・ミュージアム

美術ホール

近代美術館

昨夜からずっと体調が悪い。10時半過ぎに外出したものの、歩くのも少々つらい感じ。それでも頑張ってゆっくりと30分近くかかって応用美術博物館 (Österreichisches Museum fuer angewandte Kunst)へ。普通なら1時間余りで観て周れる規模だったが館内にあるベンチで休みながら結局3時間もかかってしまった。ここを出て近くの 公園の木陰でしばらく休憩。このまま宿へ戻ろうかと思ったが、その気力すら無かった。公園から少し歩いたところでとりあえず昼食を取り、店で1時間ほど休んで少し回復したのでゆっくり歩いてオペラ座(Wiener Staatsoper)の前を通り造形美術アカデミー絵画館(Gemäldegalerien der Akademie der bildenden Künste)へ。名前のとおりここはオーストリアを代表する芸術家育成機関で、過去にはアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)も2度受験したそうだ。ここを出た時点ですでに16時半を過ぎていた。周辺には美術館・博物館がたくさんあるが最後にユーゲント・シュティールのひとつである分離派会館(Secession)の前を通り美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)へ向かった。この博物館の建物は大きくて凄いが、マリア・テレジア広場を挟んで向かいにある自然史博物館(Naturhistorisches Museum)の建物はこれと瓜二つ。この博物館があるウイーン歴史地区は世界遺産に登録されている。博物館ではゆっくり観てまわり結局閉館の18時まで居た。ここを出て路面電車を乗り継いで宿に戻り、1時間ほどして昨日に行ったシェーンブルン宮殿へ。ホールで20:30からクラシックコンサートを鑑賞し22時過ぎに終了、 宿に戻った。

応用美術博物館

オペラ座

造形美術アカデミー絵画館

分離派会館

美術史博物館

シェーンブルン宮殿にて