プラハ本駅06:29発のECでドイツ・ベルリン(Berlin)へ。定刻どおり11:30にベルリン中央駅(Berlin Hauptbahnhof)に到着。この駅では東西に走る列車は地上階、南北に走る列車は地下階に分けられており、非常に斬新なデザインで美しい (2006年完成らしい)。中央駅でSバーンに乗り換えて宿に近いツォー駅(Zoologischer Garten)へ移動。チェックインを済ませて徒歩でバウハウス展示館(Bauhaus-Archiv)へ。ところが10月頃まで改修工事のために閉館中 (ショップだけ開いていた)とのことで、ティーアガルテン(Tiergarten)の中心にある戦勝記念塔・ジーゲスゾイレ(Siegessäule) へ。塔の先端、黄金の女神・ヴィクトリア像のすぐ下にある展望台まで上り街を眺めた。塔から下りて近くのカフェでしばらく休憩。カフェを出ると急に雲行き が怪しくなってきて、塔から東にあるブランデンブルク門(Brandenburger Tor)へと続く「6月17日通り(Str.des17.Juni)」を歩き始めたところで雨が降り出した。傘を持っておらず街路樹の陰を歩いて行ったが結構濡れた。何とかブランデンブルク門まで行きそこで雨宿り。小雨になったところで更に先にある博物館島まで行こうと思ったが、また雨が降り出してこれ以上濡れるとまずいので(カメラとか)門から南側へホロコースト記念碑(Holocaust-Denkmal Berlin)を通ってポツダム広場(Potsdamer Platz)へ向かった。ここだと雨が強くなってもすぐに地下鉄駅があるので宿に引き返すことが出来る。この広場の一角 にベルリンの壁跡が並べてあった。まだ天気が微妙だったのですぐ隣にある複合施設・ソニーセンター(Sony Center)でブラブラして天候の様子を見ることに。デザインが素晴らしい建物に囲まれた広場は4千平方メートルとのことでかなり広い。広場を覆ってい る番傘を広げたような形のガラス屋根は「フジヤマ」と呼ばれているらしい(センターの設計はHelmut Jahn)。ところで街を歩いていると斬新というか未来的というか、なかなか素晴らしいデザインの建物がけっこう目に付く。こういうのを見てるだけでも楽 しい。しばらくして少し晴れ間が見えたので少し離れたところにある、ベルリンの壁の博物館のチェックポイント・チャリー・ハウス(Haus am Checkpoint Charlie)へ。ここを出たらもう19時半だったのでポツダム広場まで戻り地下鉄で宿に戻った。

ベルリン中央駅

バウハウス展示館

ジーゲスゾイレ

ジーゲスゾイレ・塔からの眺め

ブランデンブルク門

ホロコースト記念碑

ベルリンの壁跡

ソニーセンター

チェックポイント・チャリー・ハウス