まだまだ行きたい美術館や博物館があったが今日は月曜日なので殆どが休館日。なので昼頃まで宿でごろごろした後、まずは東駅へ行って翌日の列車の手配して地下鉄2号線でデアーク・フェレンツ・テール駅(Deák Ferenc tér)まで行き、近くにある聖イシュトヴァーン大聖堂(Szent István Bazilika)へ。イシュトヴァーンとはハンガリー初代国王の名前で、ここの祭壇に祀られているのはキリストではなくイシュトヴァーン像。別室の宝物館にはイシュトヴァーンの右手のミイラが安置されていた。ドーム付近まで上がることが出来て街を一望できる。ここを出て昨日にも行った王宮の丘へ徒歩で移動。丘にあるマーチャーシュ教会(Mátyás-templom)へ。本来なら美しい石の尖塔やモザイク屋根が見えるはずだったが、残念ながら改修工事の足場に覆われていてモザイク屋根の一部しか見えなかった。内部もごく一部が工事中だったがさほど影響無く見ることができた。教会を出てしばらく木陰のベンチでのんびりと過ごして宿に戻った。

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂

マーチャーシュ教会

マーチャーシュ教会