asahi.com
サッカー南米選手権、「欧州組中心」で参加へ 日本代表

 日本サッカー協会は12日、日本代表を南米選手権(7月、アルゼンチン)に「欧州組中心」という条件付きで派遣する方針を固め、Jリーグも要請を受け入れた。日本協会の原博実技術委員長は「Jリーグの事情にある程度考慮して選ぶ」と述べた。
 原委員長は、この日に行われたJ1実行委員会で、Jリーグからは主力でない若手を選ぶと説明。日本代表に見合うチーム編成にするために、欧州組が14、15人必要になるという認識を示した。
 ただ欧州組の招集には課題がある。南米選手権は招待試合のため、日本協会に選手の拘束権がないためだ。15日までに欧州組の招集リストを作成し、主催者の南米連盟から特例の拘束権を欧州クラブに働きかけてもらうという。
 日本は一度は出場辞退の意向を伝えたが、主催者側から「日本の復興を手助けしたい」「どんな形でもいいから出て欲しい」と再考を促されていた。

CA2011.com – The Official Website of the Copa América 2011