日本経済新聞
気象庁、気温・雨の平年値10年ぶり更新 桜早咲きに 全国的により暖かく

 気象庁は30日、暑さや寒さ、降水量の多さなどの判断基準となる「平年値」を、1971~2000年の30年の平均から、81~10年の平均値に切り替えると発表した。更新は10年ぶりで、5月18日以降の天気予報などに適用する。新平年値は地球温暖化や都市化の影響で全国的に気温上昇や桜の早咲き傾向が目立つ。
 年平均気温の新しい平年値は▽札幌8.9度▽仙台12.4度▽新潟13.9度▽東京16.3度▽名古屋15.8度▽大阪16.9度▽広島16.3度▽高松16.3度▽福岡17.0度――で、現行より0.2~0.5度上昇する。
 桜の開花日は東京が3月26日と現平年値より2日、京都は同28日で3日早まる。
 年間降雪量は、青森で現行の86%の669センチ、山形は87%の426センチなど、日本海側を中心に10%以上減る所がある。那覇で最高気温30度以上の「真夏日」が10.7日増え96.0日に、宇都宮は最低気温が氷点下の「冬日」が10.5日減って79.7日になる。
 平年値は世界共通基準。世界気象機関(WMO)の前身・国際気象機関が1935年に、平年値を「1901~30年の平均」と定め、西暦年の末尾が「1」となる年に更新するよう勧告、日本もこれに従っている。

平年値の更新について―平年値(統計期間1981~2010年)を作成しました― | 気象庁 | 平成23年報道発表資料