日本経済新聞
「こうのとり」役目終え離脱 30日大気圏突入へ

 国際宇宙ステーションに宇宙飛行士の生活物資や実験装置などを運んだ無人補給機「HTV(愛称こうのとり)」2号機が日本時間の29日未明、ステーションから離脱した。30日午後にも大気圏に突入し、ほぼ燃え尽きる。
 こうのとりは1月22日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、28日にステーションに結合した。宇宙航空研究開発機構によると、使用済みの実験用品や飛行士の排せつ物など約2.4トンのごみを詰め込まれた。
 アームでこうのとりをつかんでステーションから切り離し、今月29日午前0時46分に放出した。エンジンを噴射して徐々に高度を下げ、30日午後0時すぎ、南太平洋上空の高度約120キロで、大気圏に突入する予定。

JAXA|宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)
JAXA|こうのとり2号機/H-IIBロケット2号機特設サイト