産経ニュース
横越バイパスが暫定供用開始 新潟

 新潟市が建設している新潟大外環状線「横越バイパス」(江南区)のうち、大阿賀橋~新潟港横越線(通称・赤道)間の約1・6キロが23日午後1時から、暫定的に供用を開始した。
 横越バイパスは平成16年度に事業着手。大阿賀橋から国道49号横雲バイパスにつなげる全長約3・2キロ。新潟東港と同市西蒲区を結ぶ新潟大外環状線(新潟中央環状道路)の一部となり、地域間ネットワークの強化が期待されている。今回は4車線、両側歩道の計画に対し、2車線、片側歩道で暫定開通した。
 残る新潟港横越線~国道49号横雲バイパス間は用地買収のための測量を行っており、平成20年代後半の完成を目指す。

新潟市 – 東部地域土木事務所 – 道路開通情報(主要地方道新潟大外環状線 横越バイパス)