CNN.co.jp
さよならディスカバリー、最後の飛行を終え帰還

 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「ディスカバリー」が最後の飛行を終え、現地時間の9日正午ごろ、フロリダ州のケネディ宇宙センターに無事帰還した。
 NASAテレビは「歴史的な旅が終わった」と伝え、「幾度となく道を切り開いてきたこの宇宙船へ、『さようなら、ディスカバリー』」と語りかけた。
 ディスカバリーは1984年8月30日に初めて打ち上げられ、これまで39回のフライトで合計365日間宇宙に滞在、軌道上を2億3800万キロあまり周回した。
 最後の飛行では国際宇宙ステーション(ISS)へのモジュール取り付けなど13日間のミッションを完了し、7日にISSを離脱していた。
30年近くに及んだNASAのスペースシャトル計画は年内の終了が決まっている。

‘Farewell, Discovery’ as shuttle ends its final mission – CNN.com
Wikipedia : スペースシャトル
NASA – Space Shuttle

・Discovery’s last dance