産経ニュース
東京・上野のパンダ、日本名決まる オス「リーリー」 メス「シンシン」

 東京・上野動物園が中国から借り受けるジャイアントパンダのつがい2頭の日本名が9日、決まった。オスが「リーリー」(力力)、メスが「シンシン」(真真)。都などが名前を公募していた中から審査の末に選ばれた。今月22日の午前中に記念式典が開催され、午後1時から一般公開される。
 パンダの中国名はオスが「比力(ビーリー)」、メスが「仙女(シィエンニュ)」。都が中国野生動物保護協会に年間95万ドル(約7800万円)を支払い、10年間借り受ける。2頭は先月21日、上野動物園に到着。さまざまな検査のほか、約9千万円かけて改修したパンダ舎に慣れるための飼育が行われていた。
 都は、2頭の来日にあわせて日本名を公募したところ、4万438件の応募があった。選定委員会で応募数の多かった名前100点を対象に選考を実施。オス・メス各4点の名前を最終候補として審査し、「リーリー」(応募数は359件)、「シンシン」(同127件)に決まった。
 決定理由は、「リーリー」が活発で力持ちのイメージ、シンシンは「純真」「天真」などの優しいイメージだった。都では、「リーリー」と「シンシン」に応募した人の中から「命名者」(オス・メス各3名)を抽選で選出して、ホームページで公表するという。

 応募の多かった上位3件の名前は、オスでは、タンタン(803件)、ユウユウ(741件)、パンパン(675件)。メスでは、メイメイ(890件)、ルンルン(880件)、サクラ(817件)だった。

上野動物園のパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
||| 上野動物園公式サイト – 東京ズーネット |||
ジャイアントパンダ、式典と一般公開は3月22日、名前は「リーリー」と「シンシン」に決定!